シーズーは皮膚炎に注意!?治療法は?抜け毛は多い?

シーズーは皮膚炎にかかりやすい犬種です。この記事ではシーズーのかかりやすい皮膚炎の治療法や抜け毛についてまとめています。

 

シーズーは皮膚炎にかかりやすい?

シーズー

シーズーは低温で乾燥している「チベット」で代々育てられてきた犬種で、皮膚は乾燥に耐えられるように進化しています。乾燥しても水分が逃げないようにシーズーの皮膚は皮脂腺から分泌された油分で覆われているのです。

ただ、高温多湿の日本では逆に皮膚がべたついてしまい、真菌が繁殖しやすい皮膚環境になってしまいます。そのため、日本で飼育されているシーズーは「真菌性皮膚炎」になりやすいのです。

 

シーズーの真菌性皮膚炎、症状は?

シーズー

 

症状

  • 赤くなる
  • 黒ずんでゴワゴワする
  • ベタついて独特なにおいがする
  • 黄色いフケがたくさん出る

真菌性皮膚炎は「内股」「耳」「脇」などお腹側に症状が出やすい病気で、皮膚が赤くなったり皮膚が黒ずんでゴワゴワしたりベタついて独特なにおいがしたりします。薄黄色のフケのようなものがたくさん出てしまう子もいますよ。

 

シーズーの皮膚炎、治療は?シャンプー?

シーズー

 

治療法

  • 薬用シャンプー
  • 抗真菌剤の内服

シーズーの真菌性皮膚炎の治療は週2~3回の「シャンプー」と同時に「抗真菌剤の内服」を行うと効果的です。

シャンプーは皮脂をしっかりと洗い流してくれる「脂漏症用シャンプー」か抗真菌剤の入った「薬用シャンプー」おすすめですよ。最低でも1か月程度の治療が必要とされています。

治療が終わった後もシャンプーは定期的に行い、再発防止に努めます。洗いすぎは良くありませんがシーズーは皮膚のべたつきやすいので、気になったタイミングでシャンプーをしてあげてくださいね。

 

保湿系シャンプーは効果がない?

愛犬にベタベタした黄色いフケのようなものがたくさんついていると、「乾燥」を疑って保湿系のシャンプーを使ってしまう飼い主さんが多いです。

保湿をしても皮膚病の解決にはつながりませんで、薬用のシャンプーを選んでくださいね。

 

シーズーは抜け毛が多い?

シーズー

シーズーの被毛は季節に応じて生え変わらずに伸び続けます。なので、暑い時期は短くカットしてあげてください。

特に耳の中の毛は伸び続けると不衛生になり「耳垢」が溜まってしまうので、定期的に耳の毛抜きと洗浄をしてあげてくださいね。

 

皮膚・抜け毛のケアにペット用化粧水AVANCE

アヴァンスAVANCE

皮膚炎や抜け毛が見られるときにおすすめしたいのが、ペット用化粧水「AVANCE(アヴァンス)」です。

アヴァンスは「抗炎症・アンチエイジング」効果を発揮する天然温泉成分の実用化に世界で初めて成功し、アトピー、涙やけ、皮膚炎など愛犬の様々なトラブルから皮膚を守ってくれます。

また「世界毛髪研究会議」にて最優秀賞を受賞した育毛技術を応用、ペットの被毛環境をサポートする効果を持ちます。日々のブラッシングと併用するだけで、まるで生まれたてのようなフワフワで美しい被毛づくりへと導きます。

天然成分のみでつくられた化粧水なので、薬とは違い副作用の心配はありません。目や口の周り、患部などにもお使いいただけます。プロのトリマーさんや獣医さんもおすすめする商品ですよ。

内容量通常サイズ(300ml)
お試しミニボトル(30ml)
価格通常サイズ:4,320円
お試しミニボトル:1,000円

AVANCEについて更に詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめです。

 

皮膚は常に清潔に保つ

シーズー

シーズーは「真菌性皮膚炎」にかかりやすいという特性がある犬種なので、常に被毛を清潔に保つ必要があります。皮膚病を発症した際にも落ちついて薬用シャンプーで対応してあげてくださいね。