ドッグフードの与えるタイミングは?一食あたりの量は?

愛犬の健康を支える大切な食事。ドッグフードは特に気を使ってあげたいですよね。この記事ではドッグフードを与えるタイミングや一食あたりの量について年齢別にまとめました。

 

ドッグフードを与えるタイミングは?

タイミング

ドッグフードを与える年齢

  • 生後2ヶ月

ドッグフードを与え始める時期は、乳歯が生え揃う生後2ヶ月からがおすすめです。生後2ヶ月頃までは歯の骨格がまだ丈夫ではないので、ドッグフードを与えるのは適切ではありません。

逆に、生後2ヶ月ごろからは骨格が発達するので、良質な「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」などをドッグフードから豊富に摂取させる必要があります。

 

ドッグフードを与える頻度は?

shutterstock_289645832
幼犬(1~6ヶ月)3~5回
成犬(8ヶ月~6歳)2~3回
老犬(7歳~)2~3回

1日の食事回数は犬の「年齢」によって変える必要があります。幼犬の頃は消化器官が未発達なので、3~5回に小分けにして与えるようにします。

成犬になると消化器官が発達し運動量も増えるので1日2回が目安です。ただ、よく走り回る子だと吐き出してしまうことがあるので、運動量に合わせて3回にするなど調整してあげてくださいね。

老犬になっても回数は成犬と変える必要はありませんが、「餌を残す」「急激に痩る」など体に異常が起きていれば、「1回の量」を減らして1日3~4回に与える頻度を増やしてあげてくださいね。

 

適切な頻度を守る

犬は目の前にある食べ物を「完食するまで食べ続ける」習性があります。1回に与える量が多すぎるとそのまま食べる量も増えてしまうので、肥満を避けるためにもフードは小分けにして与える頻度を増やしてあげます。

また、与える頻度が少なすぎると空腹の時間が長くなるので「低血糖」になる危険性が高まりますよ。年齢に応じて適切な頻度を守ることが愛犬の健康維持には大切なのです。

 

愛犬にドッグフードをあげる、1食あたりの適量は?

計算

計算

  • 体重×50~150kcal

犬が一日に必要なカロリーは体重1kg当たり50~150kcalとされています。

例えば体重が3kgのトイプードルであれば一日あたり150~450kcalが適切です。成犬のトイプードルは一回あたり50~100kcalほどのフードを与えるのが理想といえます。

柴犬であれば体重が10~13kgなので一回の食事あたり200~300kcal、20kg以上の大型犬であれば400kcal以上与えてあげてくださいね。

 

飼い主さんがフードの量を調節しよう!

shutterstock_125189663

愛犬の健康管理は食事から始まります。特にドッグフードは愛犬が一番食べる食事といえますので、飼い主さんは食事の量には気を使ってあげてくださいね。

愛犬の体重から、理想的な量を計算してあげることをおすすめします。