誤飲!愛犬がタバコを食べた、中毒症状や影響、対処法まとめ

犬を飼っている家庭では、愛犬が飲み込めそうな小さいものを放置しておくことは厳禁です。実際に愛犬が飲み込んでしまって、手術が必要になったケースもたくさんあります。

そんな誤飲事故の10%を「タバコ」が占めます。タバコには有害な成分が詰まっているので、愛犬の誤飲事故は絶対に避けなければなりませんよね。この記事では愛犬がタバコを食べてしまった時の症状や体への影響をまとめました。

 

タバコは愛犬にとってどれほど危険?

タバコ

危険度が高い事故(☆の数は危険度)

  • 副流煙(☆☆)
  • 吸い殻の誤飲(☆☆☆)
  • 火を消した水の誤飲(☆☆☆☆☆)

タバコには有害成分であるニコチンが多く含まれていますよね。普通に煙を吸った場合でも0.5~2mg程度のニコチンが体内に吸収されます。

タバコの副流煙にはさらに多くのニコチンが含まれています。部屋でタバコを吸う人は煙が部屋中に充満していることから、その部屋に入った愛犬の体にも少なからずニコチンは吸収されてしまうのです。

一般的に、犬は1~2mgのニコチンで中毒症状を起こし、8mg以上では死に至るといわれています。タバコを吸う飼い主さんの部屋に愛犬をいれることは、副流煙に2mg以上のニコチンが含まれると仮定するといつ中毒症状を起こしてもおかしくない行為なのです。

タバコの誤飲はタバコ一本分のニコチンを一気に体内に入れてしまうことになるので、副流煙よりもさらに危険な状態といえます。

 

愛犬のタバコの誤飲、火を消した「水」も危険?

もしも愛犬がタバコの吸殻を誤飲してしまった場合、飲み込んでから30分以内に対処をしないと危険な状態に陥ってしまいます。

吸い殻だけでなく、タバコを消した「水」を愛犬が飲んでしまうことも非常に危険です。ニコチンは水に溶けやすい性質を持つため、吸収スピードが吸い殻を飲み込んだ時の約2倍にはねあがるのです。

水を飲み込んでしまった場合、約15分ほどで危険な状態に達してしまうので、対応が難しいのが現状です。タバコの吸殻はもちろん、タバコを消した「水」の放置は絶対にしないように気をつけてくださいね。

 

愛犬がタバコを食べた、症状は?

犬_かゆい_病気

症状

  • 下痢や嘔吐
  • 唾液が大量に出る
  • 幻覚症状
  • 血尿や血便

愛犬がタバコを食べてしまうと様々な症状が現れます。飲み込んでから時間が経つごとに症状が重くなりますよ。

 

初期症状

犬 考える

タバコの吸殻が胃に到達すると、「異物」を体が感知して吐き出そうとするしぐさがみられます。「下痢」や「嘔吐」を繰り返すことが多いですよ。

またニコチンの影響で唾液が大量に出たり、震えたりする子も多いです。

 

末期症状

素材

幻覚症状が起こり、何もない場所をしきりに吠えることがあります。吸い殻が胃を通り、完全に腸まで到達すると「血尿」や「血便」といった症状も多く報告されています。呼吸困難になる可能性もあり、苦しそうにうずくまるとの報告もあります。

とにかく早急な対応で症状を発見次第、獣医師さんの元に駆けつけてくださいね。

 

タバコを誤飲しても、症状が出ないこともある?

ボクサー犬

運良く無症状で済むこともありまよ。タバコが胃に入った段階で「嘔吐」によって吐き出した場合は軽症もしくは無症状で済むことが多いです。

症状の判断の目安は「誤飲後4時間以内」になにも症状が出ないことです。飼い主さんとしては気になるはずですので、症状の有無にかかわらず一度病院に向かうことをおすすめしますよ。

 

愛犬がタバコを食べた、してはいけない対処法は?

タバコ

してはいけない応急処置

  • 液体を飲ませる

タバコを早く吐き出せようと水や牛乳をのませることは逆効果です。上の項でまとめたように、ニコチンは液体に溶けると体内への吸収速度が約2倍に上昇してしまいます。

水を飲ませると愛犬の体を「よりニコチンが吸収されやすい状態」にしてしまうので、逆効果といえます。

 

愛犬がタバコを食べた時の正しい対処法は?

素材

正しい対処法

  • すぐに動物病院へいって獣医さんに任せる
  • 関連記事の方法で自力で吸い殻を吐き出させる

小腸に到達する前に吐き出させることが一番有効かつ正しい対処法です。ニコチンを含め、食べ物や薬など口から体に入れたものはすべて「小腸」で多く吸収されるからです。

ただ、タバコの吸殻を愛犬に吐き出させるにはコツがいります。素人の方が無理に吐き出させようとするのは危険も伴いますので、すぐに動物病院まで連れて行き専門の獣医さんにお任せするのがおすすめです。

緊急を要した状況で、動物病院に連れて行く暇もない方や、下の関連記事に異物の吐き出させ方を詳しくまとめているので参考にしてみてください。

 

愛犬がタバコを食べた、死に至ることも?

犬 眠い

死に至りやすい本数

  • 子犬 1本以下
  • 小型犬 2本
  • 中型犬 4本
  • 大型犬 8本

飲み込んだタバコを吐き出すことができずに長時間放置してしまうと死に至る可能性もあります。タバコであればどれも有害ですが、「セブンスター」をはじめニコチン量の多いタバコは特に危険ですよ。

死に至る基準は子犬なら1本、成犬であれば小型犬は2本、中型犬は4本、大型犬は8本といわれていますが、1本でも飲み込んだ時点で危ないですよね。

 

散歩中も要注意!

犬 眠い

タバコを飲み込んでしまった場合、吸い殻が小腸まで届く前に吐き出させなければなりません。30分以内に「水に飲ませる以外」の対処法を取るか、動物病院へ連れて行ってください。

飼い主さんがタバコを吸うこと自体というより、吸い殻や灰皿を愛犬の手が届く場所に放置しないことが一番です。

また、タバコの誤飲は散歩中に多く報告されていますので、リードをしっかりともって変なものを飲み込まないように飼い主さんが気をつけてあげてくださいね。