ペットロス症候群から立ち直れない!手紙を書く?虹の橋とは?

大切なペットを亡くして起こる「ペットロス症候群」は日常生活に大きく影響します。我が子を失ったかのように、心身共に追い詰められる飼い主さんも少なくありません。

この記事ではそんなペットロス症候群の克服法のひとつ「手紙を書く」について、効果や団体「虹の橋」を紹介しています。

 

ペットロス症候群から立ち直れない、手紙は効果的?

素材

ペットロス症候群はペットを亡くした悲しみを和らげることで緩和されますが、「ペットに手紙を書く」はそのひとつの方法です。

手紙を書くと余計にペットのことを思い出してしまい、辛いのではないかと思われる方もいますよね。

ただ、ペットへの感謝や謝罪、思い出などを手紙に書くことで気持ちが整理されてすっきりするという効果があります。一般的にペットがいない現実を受け入れやすくなるといわれています。

 

全員に効果的というわけではない

ペットロス症候群の飼い主さん全員におすすめできる方法ではありませんが、ペットに気持ちを伝え切れなかった方やもう一度ペットと会話がしたい方は是非試してみてください。

現在ペットの葬儀を実施するとともに、手紙を書く飼い主さんが増えてきています。棺の中に好きだったドッグフードやおもちゃと一緒に手紙をいれるのです。

飼い主さんの気持ちが落ち着く例が多いので、手紙を書くことはペットロス症候群の克服に効果的といえます。

 

ペットロス症候群の飼い主さんへ、「虹の橋」とは?

キングチャールズスパニエル

 

「虹の橋」のサービス

  • インターネット ペット墓地
  • 掲示板

虹の橋ではペットロスに悩む飼い主さんのために、心を少しでも癒すサービスを行っているウェブサイトです。

無料で利用できる「インターネット ペット墓地」や、飼い主さんたちが亡きペットへの思いを書いたり気持ちを共有したりできる「掲示板」などのサービスがあります。

「虹の橋」には作者不明の詩があります。ペットロス症候群に陥った飼い主の間で広まっている有名な詩で、読んで気持ちが楽になった飼い主さんもたくさんいますよ。

読んでみた方や虹の橋のサービスに興味がある方は、公式ホームページをチェックしてみてくださいね。

公式ホームページへ

 

飼い主さんの心理状態にあった克服法を

ペットホテル くつろぐ2

ペットロス症候群を克服する方法は数多く存在しますが、飼い主さんの心理状態にあったベストな方法を選択することが大切です。

合わない克服法を手当たり次第に試しても悲しみはさらに募る一方ですよね。

「手紙を書く」という克服法はペットと今の気持ちを共有したいと強く願う飼い主さんにおすすめの方法です。「虹の橋」をはじめとしたサービスも、活用してみることをおすすめします。