天然記念物!秋田犬の保存会は存在する?展覧会はいつ開催される?

秋田犬は日本犬の中で唯一大型犬に分類されています。天然記念物にも指定されているので、専門の保存会や展覧会が存在します。

この記事では、秋田犬の飼育数や保存会、展覧会の開催日の内容や開催日についてまとめました。

 

天然記念物の秋田犬、飼育数は?

素材

JKC登録数

  • 450頭

保存会登録数

  • 2102頭

日本犬6種はすべて国の天然記念物に指定されていますが、秋田犬は唯一大型犬に分類される珍しい犬種です。国内には「保存会」も存在しますよ。

2015年時点でのJKC(ジャパンケンネルクラブ)の秋田犬登録犬数は「450頭」です。

また秋田犬保存会における犬籍登録数は2008年現在で「2102頭」ですが、「4万6225頭」いたピーク時の5%ほどまで急減しています。

これは近年の洋犬・小型犬ブームを背景に、秋田犬の愛好者が減っていることが原因として挙げられます。

また、都心部では散歩時間を確保することが難しいことや、室内飼育の難しさが秋田犬を飼育する上でのネックポイントになっているようです。

 

秋田犬に保存会はあるの?

秋田犬

 

法人名

  • 公益社団法人 秋田犬保存会

秋田犬には「公益社団法人 秋田犬保存会」という保存会が存在します。天然記念物である秋田犬の保護や繁殖などを目的とした公益法人で、1927年5月に当時の秋田県北秋田郡の大館町長「泉茂家」さんによって設立されました。

東北北海道、関東、東海、北陸、関西、中国四国、九州の6か所にある総支部と48ある国内支部、米国ロサンゼルス、台湾、モンゴルにもそれぞれ支部がありますよ。

 

秋田犬の展覧会、いつ開催される?

秋田犬

 

展覧会

  • 年2回(春と秋)

秋田犬の展覧会は「支部展」「総支部展」「本部展」の3種類があります。「総支部展」と「本部展」は年2回春と秋に開催されます。「支部展」も年1~2回開催されていますが、各支部によって時期が異なります。

展覧会では「体高」「骨格」「毛色」など約70の評価項目に基づいて、秋田犬の比較審査が行われます。

様々ある展覧会の中でも、秋田県大館市の桂城公園で開催される「春季本部展」は多くの見どころがありますよ。毎年5月3日に開催されています。

 

展覧会で秋田犬の魅力に触れてみよう!

秋田犬

保存会によって個体の絶滅から守られている秋田犬ですが、個体数はなお減少傾向にあります。飼育環境を選ぶ秋田犬を飼うことは簡単ではありませんが、日本犬ならではの様々な魅力に溢れた犬種です。

この記事を読んで興味を持たれた方は、ぜひ展覧会や秋田犬会館に足を運んでみてくださいね。