パグの目の病気まとめ!眼球突出に注意?

パグは目の病気にかかりやすい犬種と知られています。愛犬として飼う上で、かかりやすい病気については知っておきたいですよね。

この記事ではパグがかかりやすい「眼球突出」など目の病気についてまとめました。

 

パグは目の病気にかかりやすい?

パグ まとめ

ペットとして飼われる犬は好奇心旺盛な性格をしていますね。

いろいろなところに鼻を突っ込んだり顔を当てたりしますが、特にパグは鼻がぺちゃんこな「短頭種」なので目に異物が入りやすい犬種です。

目の病気の原因には「遺伝」と「ケガ」がありますが、パグは「ケガ」を理由に目の病気にかかりやすいとされています。

 

パグのかかりやすい目の病気は?

パグ

かかりやすい目の病気

  • 角膜炎
  • 白内障
  • 緑内障

パグがかかりやすい目の病気は「角膜炎」「白内障」「緑内障」です。この記事ではパグがこの病気を発症する原因を紹介しています。

症状や治療法、予防法はこちらの記事にまとめてありますので、参考にしてくださいね。

 

角膜炎

角膜炎は砂やほこり、まつげが目に入って、角膜が傷つくことで発症します。特にパグは目が大きいので発症するリスクは高いといえますよ。

また自分で目をこすったりシャンプーが誤って目に入ったりすることでも角膜は傷がつきます。

涙が少なくて角膜が乾きやすいことや、食事バランスが偏って「ビタミン」が不足することも角膜炎を発症する原因になりますよ。

 

白内障

白内障は老犬のパグによくみられ、年をとるにしがって症状が進行する病気です。

糖尿病に伴って発症する事が多く、親からの遺伝が影響で、2歳以下で発症してしまう「若年性白内障」もあります。

 

緑内障

生まれつき眼の構造に異変を持つ「原発性緑内障」と、白内障やぶどう膜炎が原因で発症する「続発性緑内障」の2種類があります。

パグの場合は続発性緑内障を発症するケースが多く、中高齢であれば原発性緑内障もみられるようです。

 

パグの目の病気、眼球突出に注意?

パグ

「角膜炎」「白内障」「緑内障」以外に、「眼球突出」はパグがかかりやすい目の病気の代表例です。ここでは原因と症状、治療法をまとめました。

 

原因

パグの場合、後頭部に強い衝撃を受けると起こりやすいです。他の犬とのケンカや交通事故、飼い主の暴力などで頭を強く打つと発症します。

 

症状

眼球がまぶたから外側に飛び出してしまう症状で、まぶたに覆われていた眼球が外気にさらされるので細菌の感染が起こりやすくなります。

ひどい場合だと眼球だけでなく、引っ張られるように結膜から組織液が出たり、浮腫があらわれてきたりします。

放置すると失明に至りやすい病気といえますよ。

 

治療法

飼い主さんは慌てずに、濡れたタオルで眼球を守りながら動物病院へ連れて行きます。軽症の場合は眼球を洗浄した後まぶたを引きながら眼球を元に戻せば治ります。

腫れがひどい重症の場合は全身麻酔での手術が必要です。まぶたの切開して眼球を戻して、再びまぶたを縫い合わせることで丁寧に眼球をしまいます。

整復や手術で元どおりの視力になるパグもいる一方で、「斜視」などの後遺症が残ってしまうパグもいます。眼球の損傷がひどくて手術の使用がない場合、「眼球摘出手術」を受けることもありますよ。

 

頭に衝撃を与えない!

パグ

表情ゆたかで大きな目をもつパグには目の病気がつきもののです。

飼い主さんは愛犬の目を傷つけなように、「草むらの散歩コースは避ける」「他の犬とのケンカに巻きこまれないようにする」など、愛犬の目をケアする意識を持ってあげてくださいね。

また、眼球突出は失明の恐れもある危険な症状ですので、普段から頭に大きな刺激を与えないように気をつけてください。

パグの飼い方についてはこちらの記事で詳しくまとめていますのでご参考にしてみてくださいね。

パグについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をチェックしてみてくださいね。