ハムスターの餌、ペレットの価格は?果物や野菜も食べる?NGな食べ物は?

ハムスターはひまわりの種を好んで食べるイメージがありますよね。栄養価とハムスターの好みを考えたときのハムスターの主食であるペレットの量や価格、果物や野菜の与え方、与えてはいけない食べ物についてまとめました。ハムスターの長生きのためにも、日々の餌には気をつけてくださいね。

 

ハムスターの餌について

キンクマハムスター(食事中)
栄養のバランスを考えて、ハムスター専用のエサであるペレットを用意します。基本的に雑食ですが、キャットフードやその他のペットフードで代用するのは控えましょう。

また、ヒマワリの種のイメージが強いハムスターですが、実はヒマワリの種だけで飼うことはできません。 ひまわりの種は脂肪分が多いため、肥満など病気の原因になりやすいことが理由です。あくまでもオヤツとして与え、日々の基本フードはペレットを与えてあげてくださいね。

 

ハムスターに与えてはいけない餌は?

ゴールデン(ぽっちゃり)
雑食であるハムスターにも、与えてはいけない餌があります。気をつけないと与えてしまいそうなものもあるので気を付けてください。

ハムスターに与えてはいけないものは、たまねぎ・長ネギ・チョコレート・アボカド・どんぐり・りんごや桃の種・ニラ・にんにく・たまご・梅・もも・さくらんぼ・ジャガイモなどです。

水分が多いほうれん草・レタス・キュウリなども極力控えてあげてくださいね。本記事の後半に、詳細をまとめていますので、参考にしてみてください。

 

ハムスターの餌、ペレットとは?量や価格は?

キンクマハムスター_食事中

ペレットとは?

ペレットとは、ハムスターの主食で、固い粒状の餌です。ペレットは木の実や種砕いて、固形にしてあります。ハムスターの健康維持に役立つ成分がバランスよく配合されています。ハムスターの餌の基本はペレットを与え、ひまわりの種や野菜、果物などはおやつ、という位置づけで与えるようにしてください。

餌の量や価格は?

ハムスターに与える餌の量は、とくに管理する必要はありません。エサ入れにペレットが尽きないように入れておけば、お腹がすいたときに適量食べてくれますよ。過剰に食べ過ぎて肥満になってしまったら、ストレスか病気が疑われますので、動物病院につれていってあげてください。ペレットの価格は400gで1,000円程度が目安です。

 

ハムスターは果物と野菜も食べる?

ハムスター_少年

ハムスターに与える餌の基本はペレットですが、野菜や果物、種子もハムスターに与えてOKです。ただ、水分量が多い野菜や果物は、下痢につながる恐れがあるので少なめに与えるようにしてください。

種子類はハムスターにとって嗜好品で、喜んで食べます。カロリーが高いのが注意点で、与えすぎると肥満になります。ひまわりの種で週に3~5粒程度を目安に与えてあげると良いですよ。

与えても良い野菜、果物

ニンジン、ブロッコリー、カボチャ、サツマイモ、キャベツ、大根の葉、小松菜、トウモロコシ など

少なめに与える野菜、果物

ほうれん草、レタス、キュウリ、トマト、リンゴ、イチゴ、ブドウ、バナナ など

量に注意して与える種子

ひまわりの種、くるみ、アーモンド など

ドライフルーツは水分量が少ないので、たくさん与えても下痢にはなりません。ただ糖分が多く含まれるので、与えすぎは肥満につながります。その意味では、少なめに与えるようにしてくださいね。

 

ハムスターに食べさせてはいけないもの一覧

キンクマハムスター_ハムスター

与えてはいけない主な食べ物

  • たまねぎ、長ネギ
  • チョコレート
  • アボカド
  • どんぐり

野菜や草類の中には、ハムスターを命の危険にさらすものがあります。飼い主が覚えておいて、ハムスターが口に入れるのを防ぐようにしてください。

たまねぎ、長ネギ

血中の赤血球を破壊するアリルプロピルジスルファイドと呼ばれる成分が含まれます。貧血などを引き起こす原因となります。

チョコレート

カフェインが含まれており、中毒症状が出る可能性があります。

アボカド

中毒症状や、肝機能に悪影響を及ぼす可能性があります。

ドングリ

芽の部分に含まれる、タンニンと呼ばれる物質が肝臓、腎臓に悪影響を及ぼす可能性があります。

他にも、リンゴや桃の種(完熟した実は問題ありません)は中毒症状につながる可能性があります。また、観葉植物の葉は有害なものが多いので、一律して近づけないように注意してください。

ハムスターの餌は、基本的にペレットで、野菜と果物、種子をたまにあげるようにする、と覚えてください。与えても大丈夫か不安なものは、食べさせないようにするのがポイントです。適切な食べ物を与えて、愛するハムスターを長生きさせてあげてくださいね。