ミックス犬「ポメヨン」とは?性格、大きさや寿命の特徴、販売場所、値段まとめ

ポメヨンはポメラニアンとパピヨンのミックス犬で、「パピポメ」ともよばれます。長くてふわふわな被毛と翁耳が魅力的で可愛いらしいですよ。

ミックス犬の中でも人気が高い犬種です。この記事ではポメヨンについて、性格や大きさ、寿命、特徴、販売場所、値段をまとめました。

 

ポメヨンってどんな犬?性格は?

ポメヨン

 

性格

  • 明るい
  • 賢い
  • 遊び好き
  • 飼い主に甘えたがり

パピヨン譲りの大きな耳をもち、ポメラニアンのようなふわふわの飾り毛があるポメヨンは、天真爛漫で明るい性格をしています。

親犬のパピヨンは、賢さランキングで300犬種中8位にランクインするほど頭のいい犬種として知られています。ポメヨンも遺伝的に賢い子が多く、しつけをきちんと聞いてくれますよ。

被毛の美しさから穏やかでゆったりとしているイメージを持たれがちですが、走り回って遊ぶことが大好きですよ。ポメラニアンのように飼い主さんに甘えたがりな一面もあります。

 

ポメヨンの大きさや寿命の特徴は?

素材

大きさ

  • 体高 23~27cm
  • 体重 3~4kg

体重

  • 12~15年

ミックス犬はどちらの親犬の遺伝子を強く引き継ぐかによって大きさが変わるので個体差はあります。

ただ、ポメヨンの場合、ポメラニアンもパピヨンも小型犬なので、さほど大きさの個体差はないとされています。

ポメヨンの平均的な大きさは体高が23~27cm、体重が3~4kgで、小型犬に分類されます。

寿命は12~15年です。飼育環境やフードに大きく依存しますので、長く健康で生きるかどうかは飼い主さん次第ともいえます。

 

ポメヨンにおすすめのドッグフードは?

モグワンドッグフード

ポメヨンにおすすめのドッグフードは「モグワンドッグフード」です。

モグワンは犬にとって必要な栄養素がたくさん含まれているため、全年齢の愛犬に食べさせてあげることができますよ。

健康がフードに大きく影響されてしまうポメヨンにはピッタリのドッグフードですね。

グルコサミンやコンドロイチンが含まれているので、小型犬が発症しやすい「膝蓋骨脱臼」を予防することもできます。

粒が小さいので、飲み込む力が弱い子犬やシニア犬にもおすすめですよ。

 

pepy限定!全額返金保証を実施中!

この記事からモグワンを購入し、満足頂けなかった方を対象に「全額返金キャンペーン」を実施しています。概要は以下のとおりです。

 

返金条件

・返金をご希望の場合は、商品到着後30日以内に、ナビダイヤル「0570-200-012」までご連絡ください。

・商品を送っていただければ、商品代金を全額お返しいたします。

・返送料はお客様ご負担でお願いいたします。

・2袋以上ご注文の際は、未開封のものも含む商品をすべてご返送ください。ただし、使いかけの商品で返品をお受けできるのは1袋のみです。

・2袋以上開封し返品をご希望された場合、2袋以降の商品は代金をお支払いいただくことになりますのでご注意ください。

 

ポメヨンにおすすめな最高級ドッグフードはこちらの記事からも確認できます。

 

ポメヨンはどこで販売しているの?値段は?

素材

 

値段

  • 10~15万円

ミックス犬の販路は主にブリーダーかミックス犬専用店の2つが考えられます。ポメヨンをペットショップでみかけることはほとんどありません。

ブリーダーから購入する際に注意することは、悪質なブリーダーに引っかからないことです。

関連記事に悪質なブリーダーを見分けるポイントを詳しくまとめましたので、購入を検討サれている方は参考にしてください。

販売価格は地域や親の血統などで前後しますが、10~15万円ほどです。

ミックス犬のブリーダーさんをお探しの方へ

犬

日本最大級のブリーダーサイト「ブリーダーワン」には、日本全国のミックス犬のブリーダーさんの情報が詳しくまとまっています。子犬のミックス犬の飼い主さんを募集するだけでなく、各ブリーダーさんの思いや引き取る飼い主さんへのメッセージを掲載しているため、飼い主さんからも安心して引き取れると好評のサイトです

紹介頭数は日々増減します。ミックス犬は特に人気の犬種なため、ブリーダーワンには日々多くの飼い主さんが訪れていますよ。現在ミックス犬の飼育を検討されている方はぜひ一度サイトを確認してみてくださいね。

 

 

 

信頼関係を築きやすい犬種

パピヨン

ポメヨンはゴージャスな被毛と整った外見をしているペット犬であり、明るくて甘え上手な性格をもちます。

初めて犬を飼う方でも信頼関係を築きながらしつけやすいですよ。

ただ、親犬はどちらも骨が細い犬種なので、骨折や脱臼を起こしやすいです。運動好きな犬種ではありますが、過度の運動はさせないようにしてあげてくださいね。