似ている?フレンチブルドッグとパグの違いは?歴史は?

フレンチブルドッグとパグはどちらも鼻ぺちゃで愛嬌たっぷりな小型犬ですが、似ているのでよく区別がつきません。

この記事では、フレンチブルドッグとパグの共通点と違いについてまとめました。

 

フレンチブルドッグとパグは似ている?

フレブル パグ2

共通点

  • 飼い主に従順な性格
  • 凹凸の少ない顔
  • 短くてつぶれたマズル
  • いびき

フレンチブルドッグとパグはどちらもブルドッグ系の顔で、凹凸が少なくマズルが短くてつぶれています。

クリっとした目やいびきをかくことでも共通しており、人間臭さを感じるポイントですね。

性格面はどちらも従順な性格をしており無駄吠えも少ないです。

 

フレンチブルドッグとパグはどこが違う?

フレブル パグ1

相違点

  • 体型

パグはフレンチブルドッグに比べて顔のシワが少なといわれています。しかし判断が付きづらくて個体差もあるので、わかりやすい見た目の違いを4つ紹介します。

 

フレンチブルドッグの耳は「コウモリ耳」とよばれる立ち耳ですが、パグの耳には垂れ耳が折り重なっている「ローズイアー」と耳が前に垂れている「ボタンイアー」の2種類があります。

 

体型

どちらもがっちりとした骨格をしていますが、フレンチブルドッグの方が筋肉質で体重が8kg以上に成長します。パグは大きな子でも8kg以上成長しません。

また、フレンチブルドッグの方が重心が低いので、歩き方でもわかりやすいですよ。

 

フレンチブルドッグは肉を引き裂くほどの鋭い歯をしていますが、パグは愛玩犬の期間が長く歯は鋭くありませんよ。

 

しっぽ

フレンチブルドッグのしっぽは低い位置についていて、生まれつきしっぽがない子や「スクリューテール」とよばれる豚ようなしっぽの子がいます。

一方パグのしっぽは高い位置に付いていてクリンと巻きあげていますよ。

また、パグには後頭部からしっぽにかけて「トレース」とよばれる黒い線があり、見分けるポイントのひとつです。

 

フレンチブルドッグの歴史は?

フレブル 歴史

フレンチブルドッグの起源には多くの説がありますが、1800年代中頃にイギリスの小型ブルドッグがレース職人と共にフランスに渡り、そこでパグやテリアなどと交配されて誕生したとされています。

初めのうちはパリでネズミ捕りとして活躍していましたが、愛らしい外見からペット犬として人々に愛されはじめます。

日本にフレンチブルドッグが来たのは大正時代で、昭和初期にはたくさんのフレンチブルドッグが飼育されていました。

 

パグの歴史は?

パグ 歴史

パグの歴史は古く2400年前からペットとして飼われていたといわれています。

ペキニーズと類似している点や、チベットでパグの祖先犬とされる犬が飼育された歴史から、中国王室で飼育されていた小型犬が起源とされていますよ。

17世紀にオランダの「東インド会社」によってヨーロッパへ伝えられ、フランス・イギリス・ドイツなどヨーロッパ各国に広まります。

ナポレオンの妻「ジョセフィーヌ」やロシアの「エカテリーナ2世王妃」、イギリスの「ウィリアム3世」もパグの愛好家でしたよ。

ヨーロッパで1900年頃に一度人気が衰えて絶滅寸前まで数が減りましたがアメリカで再び人気が出始め、現在に至ります。

 

ブサイクだけど、それがいい!

shutterstock_279275555

フレンチブルドッグもパグも互いに違う犬種ですので相違点はあります。鼻ぺちゃでブサカワイイ小型犬として今でも人気ですよね。

これから犬を飼おうと考えている方は、パグやフレンチブルドッグのような短頭種も是非検討してみてください。