人気の豆柴、柴犬との違いを比較!大きさや体重は?寿命は?

最近、人気が急上昇中の豆柴をご存知ですか。小さくて愛らしい犬種ですが、柴犬とは何が違うのでしょうか。

この記事では豆柴と柴犬との違い、豆柴の大きさや体重、寿命についてまとめました。

 

豆柴と柴犬の違いは?

豆柴

 

豆柴と柴犬の違い

  • 大きさ
  • 性格
  • 歴史

豆柴と柴犬は大きさが違います。容姿はほとんど同じですが、豆柴のほうが柴犬よりも飼い主に甘えやすい性格をしています。

柴犬は縄文時代から人間と共に生活をしていた歴史を持つ日本犬ですが、豆柴は柴犬の亜種です。第2次世界大戦後、1955年頃に誕生したとされています。

JKCや日本犬保存会などの主要犬種登録団体は未登録の豆柴ですが、「日本社会福祉愛犬協会」に2008年公認されています。

 

豆柴の大きさや体重は?

豆柴

大きさ

  • 体高 30~34㎝
  • 体重 4~6kg

豆柴は体高が30~34㎝で体重が4~6㎏ほどです。世界最小犬種の「チワワ」と同じくらいの大きさですよ。柴犬と比べると体重は半分以下です。

中には体重が3kgを切る豆柴もいますが、柴犬の子犬を絶食させて豆柴と偽る業者もいるので、あまり小さすぎる豆柴には注意が必要です。

 

豆柴の毛色は?

豆柴

豆柴のカラーは大きく分けて赤・黒・胡麻・白の4種類です。赤・黒・胡麻のカラーには「裏白」といって、顔の下や腹、胸の毛が白であるのが理想とされていますよ。

赤色が最も生まれてくる数が多く、ポピュラーな毛色と言えます。

 

豆柴の歴史は?

柴犬

「豆柴」は非公認の呼び名で、正確な犬種は「柴犬」です。スタンダードな柴犬より一回り小さなサイズが豆柴と呼ばれます。

豆柴は成犬になっても小さいとは限りません。飼育を考えている方は、犬種は柴犬であることを念頭に置いておくことをおすすめします。

柴犬は日本犬のルーツといわれています。日本では縄文時代から、猟犬が人と共に暮らしていました。縄文犬は45cm程度の中型犬でしたよ。その後、徐々に小型化していき、縄文中期では40cm程になります。

柴犬は戦時中に個体数を減らしてしまいました。しかし、戦後は保存活動に力を入れた結果、現在の繁栄に至っていますよ。豆柴は、1955年(昭和30年)に京都で交配・繁殖された柴犬の血統だといわれています。

 

豆柴の寿命は?選ぶポイントは?

柴犬

寿命

  • 11年

選ぶポイント

  • 価格で判断しない
  • 柴犬として血統書がある
  • 親犬を観察する

豆柴の平均寿命は11年です、柴犬の寿命(12~15年)と比べると短いですが、しっかりと健康管理を行えば15年以上生きる子もいます。

豆柴を選ぶ際には性格のいい子を選ぶとしつけがしやすいですよ。目がぱっちりとしていて被毛が抜け落ちていない子もおすすめです。

他の健康な豆柴を選ぶポイントは「価格で判断しない」「柴犬として血統書がある」「親犬を観察する」です。

 

価格で判断しない

豆柴の価格は体の小ささや被毛で決まりますが、体が小さすぎると健康的ではない場合もあります。

さらに先ほど紹介したように柴犬の子犬を絶食させた子かもしれないので、価格が高いからといって健康的な豆柴とは限りませんよ。

 

柴犬として血統書がある

豆柴はほとんどの登録団体で公認されていないので、血統書は柴犬として登録されています。豆柴を選ぶときには柴犬としての血統書が存在するか確認してください。

豆柴の悪徳ブリーダーについて詳しくはこちらの記事です。

 

親犬を観察する

両親の大きさや体格などをみると豆柴がどのくらい成長するか予想することができます。さらに、親犬が遺伝子疾患をもつ場合、この豆柴にも発症するケースがありますよ。

豆柴の購入方法であるペットショップ、ブリーダー、里親制度と選び方について詳しくはこちらの記事です。

 

豆柴の相場価格は?

豆柴

豆柴はジャパンケンネルクラブ非公認の犬なので、ペットショップで見る機会はほとんどありません。あくまで、小柄な柴犬であり、血統書にも犬種は「柴犬」と表記されています。ペットショップの場合は、30万円〜60万円で取引されることが多いですよ。

豆柴はブリーダーさんから買うのが一般的です。ブリーダーさんや毛色によって値段に差がありますが、25万円〜50万円になることが多いです。

 

豆柴の飼い方は?

豆柴

豆柴の性格は柴犬と同じです。小型化の際に少し甘えん坊なところが残っていますが、愛嬌があり、従順、誠実、警戒心が強い、聡明、活発な性格です。

飼い主さんと親密な関係になることができますよ。

豆柴は学習能力が高く、しつけやすいです。一方で警戒心や自立心が強いため、ポイントを抑えたしつけ方を行う必要がありますよ。

豆柴は小型犬にしては運動量が多く、散歩の時間もしっかりとってあげる事が大切です。1日2回、各30分以上の散歩を行ってくださいね。

 

豆柴の気をつけたい病気は?

豆柴

豆柴に多い病気は柴犬と同様で、「膝蓋骨脱臼」「椎間板ヘルニア」「緑内障」に注意が必要です。

もし豆柴ではなく小柄な柴犬だった場合には、「拒食症」「栄養不足」になっている場合もあります。豆柴と偽って小柄な柴犬を取引している悪質な業者もいますので、注意してくださいね。

 

犬好きなら一度は飼いたい犬種!?

豆柴

柴犬の素朴な見た目に小型犬の可愛らしさが合わさった豆柴は、犬好きの方なら一度は飼育を考える犬種ではないでしょうか。

まだ公認犬種ではありませんし悪質業者も存在しますが、これから公認する団体が増えれば更に人気が高まるといえます。

豆柴の人気毛色ランキングについて詳しくはこちらの記事です。

 

豆柴におすすめのドッグフードは?

極 kiwami

豆柴には、「極 kiwami」がおすすめです。

「極 kiwami」には、動物性タンパク質を豊富に含むほか、脂肪燃焼を助けるビタミンB1・B2などを多く含むアヒル肉が使用されているほか、皮膚や被毛の美しさを保つ「サーモンオイル」「亜麻に油」が含まれています。

人工添加物や穀物も使用されていないので、安心して愛犬に与えることができますね。

豆柴におすすめな最高級ドッグフードはこちらの記事からも確認できます。

 

豆柴のブリーダーさんをお探しの方へ

豆柴

日本最大級のブリーダーサイト「ブリーダーワン」には、日本全国の豆柴のブリーダーさんの情報が詳しくまとまっています。子犬の豆柴の飼い主さんを募集するだけでなく、各ブリーダーさんの思いや引き取る飼い主さんへのメッセージを掲載しているため、飼い主さんからも安心して引き取れると好評のサイトです

紹介頭数は日々増減します。豆柴は特に人気の犬種なため、ブリーダーワンには日々多くの飼い主さんが訪れていますよ。現在豆柴の飼育を検討されている方はぜひ一度サイトを確認してみてくださいね。