ネベロングの性格、体重や被毛の特徴は?寿命や病気、歴史は?

ネベロングは、短毛種の貴族といわれるロシアンブルーの長毛種として誕生しました。綺麗な長い被毛が多くの飼い主さんを魅了しています。この記事ではネベロングの性格、体重や被毛の特徴、寿命や病気、歴史についてまとめました。

 

ネベロングの性格は?

ネベロング

性格

  • 陽気で遊び好き
  • 飼い主さんを強く信頼する
  • 神経質でキレイ好き

陽気で遊び好き

ネベロングは陽気で活発に遊びまわることが大好きな性格です。少々人見知りをすることもありますが、飼い主さん家族とも問題なく仲良くすることができる猫種です。

飼い主さんがあまり家におらず留守番の時間が多くなると、スネて無視されることもありますよ。

 

飼い主さんを強く信頼する

犬に近い忠誠心をもち、飼い主家族を強く信頼してくれますよ。穏やかな性格で特に飼い主さんへの愛情が深く、愛くるしい一面をたくさんみせてくれます。

 

神経質でキレイ好き

神経質な一面も持ちあわせており、うるさい場所ではトイレをしなかったり汚い場所では餌を食べなかったりしますよ。キレイ好きな猫種といえますね。

ロシアンブルーのようにおとなしい性格なので、常に清潔で静かに過ごせる環境を設けておかないとストレスを抱えてしまう子が多いです。

 

ネベロングの体重や被毛の特徴は?

ネベロング
オスの体重5.0~6.0kg
メスの体重3.0~4.5kg
毛質長くてシルクのような手触り
毛色ブルー

ネベロングの体重はオスが5.0~6.0kg、メスが3.0~4.5kgでスリムな猫です。ロシアンブルーの被毛を長くしたような見た目をしていますよ。

鳴き声は「ボイスレスキャット」とよばれるロシアンブルー同様、ほとんど気になりません。マンションや集合住宅でも安心して飼育できますよ。

被毛はタブルコートでシルクのような手触りは「やみ付きの触り心地」と飼い主さんたちに評判ですよ。

長くて美しい被毛が完成するのには2年間ほどかかるといわれています。しっぽの毛が少し長いのも特徴的ですね。被毛カラーはブルーのみ認められています。アーモンド形でグリーンの眼をしています。

長毛種のためブラッシングは日に1回程度、コーミングは週に2~3回程度がおすすめです。

 

ネベロングの寿命は?気をつけたい病気は?

ネベロング

寿命

  • 15~18年

気をつけたい病気

  • 泌尿器系疾患

ネベロングの寿命は15~18年です。一般的な猫寿命は13~15年ほどなので、長寿な猫種といえます。最長では21歳まで生きたネベロングもいますよ。長寿のコツは日頃の食事・体調管理ですよ。

かかりやすい病気は過去にネベロングがかかった病気を統計して判断します。1984年に誕生したばかりのネベロングは個体数が少ないため、かかりやすい病気は不明確です。

猫が一般的にかかりやすい「泌尿器系の病気」には注意が必要です。トイレの汚れが気になってトイレを我慢してしまい「膀胱炎」を発症するネベロングもいたようですよ。

 

ネベロングの歴史は?

ネベロング

1984年にコロラド州で「コーラ・コブ」という女性の飼い猫「エルザ」と、アンゴラのような黒い長毛種の猫との間に6匹の子猫が生まれました。

うち1匹だけブルー被毛をもった長毛種が生まれ「ジークフリート」と名付けられます。この子猫がネベロングの祖先といわれています。

1986年にジークフリートとブルンビルドの間にも子猫が誕生し、コーラ・コブはその猫を「ロシアンブルーの長毛種」としてTICAに公認申請を出します。後にAFCAやWCFでも公認が認められ、現在に至ります。

ちなみにネベロングの名前の由来は、中世ドイツの英雄が主人公の伝記「ニーベルンゲン(nibelungenlied)の歌」からきています。

 

美しく優雅な被毛をもつネベロング

ネベロング

ネベロングは被毛が美しいロシアンブルーの被毛を長くした、まさにいいとこどりの猫種といえます。性格も明るくて飼いやすいので、初心者の方でもおすすめですよ。