豆柴は柴犬にはならない?大きさは?病気の可能性は?

豆柴はいつから人気なのでしょうか。日本で突如ブームを引き起こした豆柴のはじまりは、テレビ大阪で放送された「和風総本家」のマスコットキャラクターだとされていますよ。

豆柴は成長すると柴犬の大きさまで成長するのでしょうか。また気をつけたい病気はなにか、この記事でまとめました。

 

豆柴はどのくらい大きくなる?柴犬と比較!

豆柴

大きさ

  • 柴犬 40~45cm、10~13kg
  • 豆柴 30~34cm、4~6kg

豆柴の大きさは柴犬と比べて一回り小さいです。柴犬の大きさが体長40~45cm、体重10~13kgに対して、豆柴の大きさは体長30~34cm、体重4.0~6.0kgほどです。

豆柴はチワワと同じくらいの大きさで、抱っこすると腕の中にすっぽりとおさまりますよ。

柴犬も抱きあげることはできますが、少し重たいですよね。

 

豆柴は柴犬の大きさになる?原因は?

豆柴

本来、豆柴が成長して柴犬の大きさになることはありません。

しかし「豆柴だといわれて買ったのに育てていたら普通の柴犬と同じ大きさになった」というトラブルが起こっています。

豆柴が成長してしまったのではなく、販売業者が「未熟な柴犬」を豆柴と偽って販売していることが原因です。

豆柴は多くの公認団体で「柴犬」として登録されており、柴犬との特徴の違いは「大きさ」くらいなので、初心者を騙しやすいのです。

このような豆柴の悪質なブリーダーは、他の犬種よりも多いといえますよ。

悪質なブリーダーに引っかからないためにも、「富士野荘」「摂州宝山荘」「極小豆柴専門犬舎こすず荘」などの信頼できる犬舎や、豆柴を唯一公認している「KCジャパン」の血統から豆柴を引き取るようにしてくださいね。

 

豆柴が大きくなる、病気の可能性は?

豆柴

病気

  • 膝蓋骨脱臼
  • 椎間板ヘルニア
  • 緑内障
  • 拒食症
  • 栄養不足

豆柴に多い病気は柴犬と同様で、「膝蓋骨脱臼」「椎間板ヘルニア」「緑内障」に注意が必要です。それぞれ詳しい病気の症状や治療法は関連記事にまとめました。

 

拒食症、栄養不足は?

豆柴と偽って柴犬を引き取ってしまった場合、病気の症状で見分けることもできます。

豆柴と偽るためには柴犬の発育を無理矢理抑える必要がありますので、「拒食症」や「栄養不足」になりやすいです。

療養食などで栄養が改善されると健康になって、柴犬の適正体重まで成長するのです。

 

購入は信頼できる販路から

豆柴

豆柴は「室内で手頃に飼える柴犬」としておすすめですよ。悪質なブリーダーがいることは事実ですが、中には何十年も健康的な豆柴を誕生させているブリーダーさんもいます。

豆柴を飼いたい方は、ぜひ信頼できるブリーダーからのみの購入を検討してくださいね。