愛犬が飼い主の顔をなめる!キスの意味や気持ちは?

愛犬に顔をなめられる経験は、飼い主さんなら誰にでもありますよね。その時の愛犬の気持ちを理解することで、愛犬との距離がさらに縮まりますよ。

この記事では愛犬が飼い主の顔をなめる意味と、そのときの愛犬の気持ちはについてまとめました。

愛犬が飼い主の顔をなめる4つの意味

  • おねだり
  • あいさつ
  • 愛情表現
  • 強迫性障害

 

愛犬が顔をなめる意味1. 「おねだり」

犬 なめる

愛犬が飼い主の顔をなめる、もっとも多い理由がおねだりです。

愛犬が空腹だったり何か欲しいものがあったりするときに、飼い主さんにそれをねだるために口元をなめます。

犬の祖先であるオオカミの習性の名残だといわれていますよ。オオカミの子犬は母犬に食べ物をおねだりする時に口をなめていたそうです。

 

愛犬が顔をなめる意味2. 「あいさつ」

shutterstock_152097917

 

オオカミは仲間同士のあいさつとしても、相手の口元をなめる習性があります。

また、自分より上位の強い相手に対して「敵意がないことを表す」ために相手の口元をなめます。

その本能から、敬意を払う飼い主に対して顔をなめてあいさつするのです。

家に帰ってきた時に、愛犬が顔をなめてきたら挨拶の可能性が高いです。敬意を払われている証拠ですね。

服従を確認するための儀式のようなものともいえます。

 

愛犬が顔をなめる意味3. 「愛情表現」

shutterstock_303748517

 

犬は人間と言葉でコミュニケーションが取れないので、「嬉しい」「大好き」といった気持ちは体で表現していて、カーミングシグナルとよばれます。

飼い主の顔をなめる行動は「甘えたい」「慕っている」などの「愛情表現」を伝えるカーミングシグナルのひとつなのです。

飼い主に親愛を感じてくれている証拠なので、たくさん遊んだりなでたりして、愛犬の愛情表現に応えてあげてくださいね。

 

愛犬が顔をなめる意味4. 「強迫性障害」

shutterstock_201147386

 

過度に顔をなめてくる場合、「強迫性障害」という心の病気を患っている可能性もあります。

止めるように注意してもしつこくペロペロとなめてくる場合は病気を疑う必要もありますよ。

「強迫性障害」は自分がとても弱い存在だと、強い不安や緊張を感じてしまう病気です。飼い主が愛犬の自由行動を許さない、過去に大きなトラウマを感じたことがあると発症することがあります。

愛犬にとって何かストレスが溜まることはないか、現在の飼育環境や接し方を見直してみてください。

動物病院で獣医師さんと相談してみることもおすすめですよ。

 

節度ある接し方でより楽しい生活を

犬 なめる2
愛犬がペロペロと飼い主の顔をなめるのは、ほとんどが「おねだり」や「愛情表現」です。しかし、心の病気が原因のこともあります。

大切なのは、普段から愛犬のカーミングシグナルに敏感になってあげることですね。節度のある接し方ができるようになると、お互いによりよい時間を過ごせますよ。