ポメラニアンの歯磨きは?対策法まとめ

家庭犬といて日本で大人気のポメラニアンですが、飼育する上で注意すべきポイントがいくつかあります。この記事ではポメラニアンが骨と歯が弱いとされる理由と、飼い主さんが心がけたいポイント、おすすめの歯磨きグッズ、しつけ法についてまとめました。

 

ポメラニアンの飼育上の注意点. 歯が弱い

ポメラニアン

犬の口はアルカリ性なので、人間の酸性の口よりも虫歯にはなりにくいといわれています。しかしポメラニアンは歯が隙間なくびっしりと生えており、口内細菌の塊である「歯垢」がたまりやすい犬種です。

「歯垢」は放置しておくと硬化して「歯石」という塊になります。「歯石」は素人には除去しにくいのが特徴です。

 

歯石は病気につながる?

歯石にはバクテリアが増殖し、「歯肉炎」や「歯周病」の原因になります。また、細菌が体内に入り込むと「下痢」や「腹痛」も起こります。最悪の場合は歯石を取り除くだけではなく、抜歯が必要になる可能性があります。

 

ポメラニアンの歯の病気、対策は?歯磨き?

ポメラニアン

歯垢を溜めないことがポイント

ポメラニアンの歯の病気を対策するには、「歯石」を作らないことがポイントです。「歯垢」は溜まってから48時間で「歯石」になりますので、毎日歯磨きをしてあげて、「歯垢」を溜めさせないことが大切です。

 

歯磨きの方法

歯磨きの仕方については関連記事に詳しく紹介しています。犬用歯ブラシやガーゼを使うのがおすすめです。

はじめは歯磨きを嫌がるポメラニアンもいますので、デンタル効果のあるえ犬用のガムを噛ませることからはじめてみてください。

また、歯磨きをなれさせるためには、口元に触れることに慣れてもらう必要がありますね。

日頃から少しずつ口元を触ってみたり唇をめくってみたりしてしつけてあげます。口元を触っても吠えなければご褒美でほめてあげます。幼犬の頃から慣れさせておくことがベストですね。

 

ポメラニアンは歯のケアが大切!

ポメラニアン

ポメラニアンは歯が密集して生えている犬種なので、歯のケアは大切ですよ。

歯磨きのしつけは慣れない頃は噛まれたり逃げられたりするかもしれませんが、愛犬の長生きのために根気よくしつけてあげてくださいね。