ハムスターの値段は?人気おすすめ6種の性格・特徴・価格まとめ!

かわいいハムスターを飼いたいと思っても、種類が多くて自分にあったハムスターがわからないという人もいるのではないでしょうか。

ハムスターの種類は20を超えていて、性格や値段などさまざまです。

今回は6種類のハムスターの価格、種類ごとの性格や値段、特徴をまとめました。

どのハムスターを飼うかを悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。

ハムスターとは?

ハムスター

ハムスターは、げっ歯目キヌゲネズミ亜種に属する全24種の総称です。

「げっ歯類」はネズミの仲間のことで、現在哺乳類で最も繁栄しているグループです。

ハムスターの犬歯は退化しており、切歯と呼ばれる前歯2本が一生伸び続けます。歯はとても丈夫なので、硬い木の実も割ることもできますよ。

ハムスターの体の特徴に関する詳細はこちらです。

ハムスターは夜行性の動物なので、天敵から身を守るために日中は地中の巣穴で眠り、暗くなってから活動します。

優れた嗅覚と聴覚を使って餌を探し、ほお袋にたくさん詰めた餌を巣に持ち帰ってから食べます。

縄張りの確認や餌を探すために1晩で3㎞前後も移動することもありますよ。

寿命は、体の大きいゴールデンハムスターが3~4年、ドワーフハムスター(体の小さいハムスターの総称)が2~3年ほどです。

ハムスターがかかりやすい病気はこちらで紹介しています。

 

ハムスターの値段は?

キンクマハムスター

ハムスターの値段相場

  • 1000円~3000円

犬や猫などのペットは10~30万円程の価格になることも珍しくありませんが、ハムスターは1万円以下で購入することができます。

平均的な販売価格は、一匹およそ1000円~3000円程度です。

種類や毛並で多少の変動はありますが、通常は1万円を超えることは稀です。

子どもでもお小遣いを貯めて買える程度の価格なのも、ハムスターがペットとして人気の秘密ですね。

 

珍しいハムスターは高額?

ハムスター_少年
ハムスターも他のペットと同じで、生後間もない個体の方が高くなる傾向があり、希少な品種ほど高値で取引されます。

希少なハムスターには、左右で目の色が違う「オッドアイ」や、通常の体色よりも薄い「アルビノ」などがあります。

これらはマニアや愛好家の間で高価で取引されている希少な品種なのです。繁殖には偶然の要素も多く含むので、入手困難で値段も高騰します。レア品種は相場価格の数倍になることもあるので、1万円を超えることもありますよ。

 

たくさん遊びたい方にオススメ!ゴールデンハムスター

ゴールデンハムスター

ゴールデンハムスターの値段

  • 1000円~2000円

シリアが原産といわれているゴールデンハムスターは「いっぱい触りたい!」「一緒に遊びたい!」という方におすすめです。ゴールデンハムスターは日本での知名度が高く、飼育の歴史も長い品種です。人になつきやすく温和な性格のため、たくさんかまってあげると喜びますよ。

ただ、縄張り意識が強いため多頭飼いには適していません。他の品種であれば多頭飼いができることもありますが、ゴールデンハムスターはケンカや共食いで同居しているハムスターを殺してしまうこともあるのです。多頭飼いをする場合でも1匹ずつ別々のケージにいれてあげてください。

流通量は多いので一匹1000円未満〜2000円程で購入できます。平均寿命は2〜3年ほどです。ハムスターの中では大きく、手のひらに1匹乗るくらいです。見るだけではなく、触れ合って遊びたい方に向いている品種です。

 

おっとりした性格!キンクマハムスター

IMG_3474

キンクマハムスターの値段

  • 800円~2000円

キンクマハムスターはゴールデンハムスターをベースに改良された品種です。大きめのカラダで存在感があり、おっとりとした性格が人気です。

ゴールデンハムスターに比べて長めの被毛をもち、カラーは全体的にクリーム色でかわいらしい外見をしています。平均寿命はゴールデンと同じく2~3年ですよ。平均的な販売価格は800円~2000円程度です。

 

毛色のバリエーション豊富!ジャンガリアンハムスター

ジャンガリアン_回し車

ジャンガリアンハムスターの値段

  • 1000円程度

シベリア生まれのジャンガリアンハムスターはゴールデンと並んで知名度が高く、初心者にもおすすめのハムスターです。

性格は個体差があり、人になつく・なつかない、噛む・噛まないなど飼育環境で異なります。触らせてもらえるペットショップで触れ合ってみてから購入するのがおすすめです。

パールドワーフ、サファイアブルー、プティングなど毛色のバリエーションが豊富で、飼い主好みの外見の個体が選べることも人気の秘密です。 大きさは、手のひらに2匹乗るくらいです。ジャンガリアンハムスターも多頭飼いには不向きです。平均寿命は2~2年半程で、比較的流通量が多く、一匹1000円ほどで購入できます。

 

野性的で獰猛!キャンベルハムスター

キャンベルハムスターの値段

  • 2000円~4000円

キャンベルハムスターは、外見がジャンガリアンハムスターに似ている品種です。ジャンガリアンに比べて一回り程度大きいのが特徴で、毛色のバリエーションも豊富です。

キャンベルハムスターはしぐさなどを観察するには面白い品種なので、好んでキャンベルを飼うファンも多い品種ですが、野性的でどう猛な性格なので、初心者にはおすすめできません。平均寿命は1年半~3年です。平均的な販売価格は2000円〜4000円程度です。

 

見て楽しみたい方へ!ロボロフスキーハムスター

shutterstock_181362146

ロボロフスキーハムスターの値段

  • 2000円程度

「しぐさや見て癒されたい!」という方には、ロシアからやってきたロボロフスキーハムスターがピッタリです。警戒心が強く臆病なので、手乗りなどのスキンシップは苦手です。

ただ、臆病だからこそ噛みつかないというメリットがあります。サイズは小さく、手のひらに3匹ほど乗ってしまいます。ハムスターの中でも小型で、観賞用ハムスターに適しています。値段は、一匹2000円くらいで購入できますよ。

 

珍しい種類が欲しい方!チャイニーズハムスター

shutterstock_71987410

チャイニーズハムスターの値段

  • 3000円〜4000円

「珍しい種類が欲しい!」という方なら、あまり流通していないレアなチャイニーズハムスターがおすすめです。中国生まれのチャイニーズハムスターは、他のハムスターのようなモフモフ感やずんぐり感はなく、シャープでスレンダーな体型や長く伸びたしっぽ、ねずみのような外見が珍しい種類です。

臆病なので噛みつくことはなく、飼育は簡単ですよ。大きさもジャンガリアンハムスター程度で平均的なサイズです。ただ、珍しい種類なので値段は少し高く、一匹3000円〜4000円程です。
 

 

ハムスターを飼うための準備とは?

ハムスター

ハムスターを飼うための準備

  • 飼育ケージ
  • 巣箱
  • 巣材・床材
  • 給水器
  • 回し車
  • 名前
  • 多頭飼い

飼育ケージ

飼育ケージはストレスを与えないためにも、可能な限り大きいサイズを選ぶようにしてください。

「ハムスター用の飼育ケージ」「水槽」「衣装ケース」など様々なものが販売されています。ハムスターの飼育ケージの詳細はこちらですよ。

 

巣箱

「巣箱」は、木製とプラスチック製があります。

木製は湿気がこもらないので快適に過ごせますが、カビが生えるなど掃除が大変です。プラスチック製は湿気はこもりますが、掃除は楽です。

 

巣材・床材

「巣材」は巣箱の中に敷くもので、「ハムスター用の布団」「わら」「牧草」などがあります。細かく切った「キッチンペーパー」や「新聞紙」でも代用は利きますよ。

「床材」はケージの床に敷くもので、「木のチップ」「紙」「わら」「牧草」などがあります。ハムスターの巣材・床材の選び方はこちらですよ。

 

給水器

給水器は「取付型給水器」「吊り下げ型給水器」「金属ボール入り給水器」「お皿」など様々なタイプが販売されています。

ハムスターはあまり多くの水を飲みませんが、新鮮な水を飲める環境を用意しておかないと結石になる可能性が高まるので必ず用意してくださいね。

 

回し車

回し車は運動不足の解消にも最適です。

転倒や落下事故を防ぐ為にも、ハムスターのサイズに合ったものを選んであげてくださいね。

 

名前

ハムスターは聴覚がとても優れています。

「餌を与える時に呼びかける」を繰り返していると、名前を理解して反応してくれるようになりますよ。

名前は飼い主さんからの初めてのプレゼントにもなるので、愛情を込めて名前を付けてあげてくださいね。ハムスターの名前の考え方や決め方に関する記事はこちらですよ。

 

多頭飼い

ハムスターは多頭飼いも可能ですが、縄張り意識が強いので単独飼育が基本です。

オスとメスの組み合わせであっても、ケンカや殺し合いに発展してしまうこともありますよ。

多頭飼いを考えているのであれば、ケージを分けたり、多頭飼いに向く品種を選ぶ必要があることを知っておいてくださいね。ハムスターの多頭飼いするときの注意点はこちらですよ。

 

ハムスターの選び方は?

ハムスター

ショップの選び方

ハムスターの扱われ方や食事内容をチェックすると、良い販売店かどうかを見極めることができます。

オスとメスを分けてケージに入れているか、種類別にショーケースを分けているかを確認するようにしてください。

食事については、ペレットを与えているかをチェックします。ヒマワリの種やミックスフードばかり与えているようなお店は、ハムスターの健康を蔑ろにしているといえますよ。ハムスターの購入時に販売店で気をつけたいことはこちらです。

 

ハムスターの選び方

健康なハムスターを選ぶためには、毛並みが良いか、目がしっかり開いているかをチェックします。

ハムスターは体調が悪くなると毛づくろいをしなくなるので、毛並みがボサボサだったり艶が無い場合は健康を害している可能性が高いですよ。

また、目ヤニなどによって目がしっかり開いていない場合も体調不良だったり病気を抱えていることが多いです。健康なハムスターの選び方はこちらですよ。

 

ハムスターの飼い方は?

ハムスター

飼い方のポイント

  • 慣らし方
  • トイレ
  • 暑さ・寒さ対策
  • 冬眠
  • 世話
  • 掃除
  • 臭い

ハムスターの慣らし方

ハムスターの飼育を始めたら、「最初はそっとしておく」「匂いを覚えてもらう」ことが大切です。

家に迎え入れた初めの3日間で新しい環境に慣れてもらい、4~5日経ってから飼い主さんの匂いを覚えてもらいます。

信頼関係を築くことができれば、飼い主さんの手から餌を食べるようにもなりますよ。ハムスターになついてもらう方法はこちらですよ。

 

ハムスターのトイレ

ハムスターの習性を利用することで、トイレをしつけることが可能です。

ハムスターにトイレを覚えてもらえれば掃除が楽になるだけでなく、ハムスター自身がケージで快適に過ごせることにも繋がりますよ。

オシッコをした床材を少しトイレに混ぜておく方法がおすすめです。トイレ以外の場所で粗相をしてしまった場合は、オシッコを含む床材をすぐに捨ててください。トイレ以外をいつでも清潔な状態にしておくことで、トイレの場所を覚えやすくなりますよ。ハムスターにトイレをしつける方法はこちらですよ。

 

ハムスターの餌

ハムスター専用ペレット(固形の粒状の餌)を主食として与え、副食として葉物野菜を与えます。

ハムスターの餌というと「ヒマワリの種」のイメージが強いですが、カロリーが高いのでおやつ程度にしてくださいね。ハムスターに食べさせてはいけない餌はこちらですよ。

 

ハムスターの暑さ・寒さ対策

ハムスターは暑さにも寒さにも弱い動物です。

夏場は、エアコンや扇風機の風が直接当たらないように気をつけながら室温を20~28℃に保ってください。

冬場は、暖房やペット用ヒーターを併用しながら室温を15度以上に保つようにします。寒すぎると内臓に負担がかかる「疑似冬眠」をしてしまうので、気をつけてくださいね。ハムスターの暑さ・寒さ対策の方法はこちらですよ。

 

ハムスターの冬眠

10℃を下回る気温になると、ハムスターは疑似冬眠に入ります。疑似冬眠は命を落とすこともある危険な状態なので、事前に防ぐ必要があります。

上記の寒さ対策を参考に、ハムスターにとって適切な室温になるように管理してあげてくださいね。

もしハムスターが疑似冬眠に入ってしまった場合、早急に対応する必要があります。30~1時間が生死の境目です。硬直して動かないハムスターを発見したら、「タオルでくるむ」「室温を20度以上にする」「カイロなどで徐々に温める」などの救命処置を行ってください。ハムスターの冬眠を予防する方法はこちらですよ。

 

ハムスターの世話

飼い主さんの存在を理解してもらうためにも、ハムスターの身の回りを整えてあげることは有効的です。

ハムスターは夜行性なので、世話は行動し始める夕方以降に行います。以下の項目で、そうじや餌の準備など毎日のお世話の流れを紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。

また、ハムスターが健康であるかをチェックすることも飼い主さんの大事な役目です。うんちやおしっこの量、餌や水の減り具合などを確認して、普段と比べて大きな変化がないか確認します。

目ヤニ・歯の欠け・呼吸の異常・毛並み・爪の伸び具合など見た目の変化もチェックするとなお良いですよ。ハムスターにお世話することはこちらに記載していますよ。

 

ハムスターの掃除

「オシッコで汚れた砂や床材、巣材の交換」「回し車の洗浄」「ウンチの片づけ」は毎日行います。

毎週ごとに「ケージと設置しているグッズの洗浄」「ウンチの除去」を行い、「床材を全交換」は月に1回を目安に行ってくださいね。

 

ハムスターの臭い

ハムスターは体が小さく糞も少ないので、犬や猫などと比べると臭いの少ないペットです。

ハムスターの臭いの原因は、尿や食べ残しなどです。排泄物で汚れた床材を毎日交換するようにすれば、臭いはほとんど気にならなくなりますよ。トイレを覚えさせると、掃除が比較的楽になりますね。

キャベツやニンジンなど生野菜を与えた後は食べ残しを回収し、腐ってしまうのを避ければ臭いを防止できます。ハムスターの臭い対策グッズはこちらですよ。

 

ハムスターの行動の意味は?

ハムスター
飼育下においてハムスターは様々な行動をしますが、それぞれの行動には意味がありますよ。

代表的な行動を紹介します。

 

毛づくろい

眠りから覚めた時や餌を食べた後などリラックスをしている時に多くみられる行動です。

毛並みを綺麗にして、自分の臭いを体中に付けていますよ。

 

ひっくり返ってキーキー鳴く

怒っていたり・嫌がっている時にみられます。敵を攻撃する手段を持たないハムスターの抵抗でもあり、敵に対して攻撃をする警告でもありますよ。

 

前足をあげて首をすくめる

びっくりした時にとる行動です。大きな音がした時や急に体に触ったりした時に見られますよ。

 

仰向けになって寝る

ハムスターの弱点であるお腹を見せて眠るのは、飼い主さんを信頼しており安心している証拠です。夏場などの気温が高い時にも、お腹を出して眠っていることがありますよ。

 

ハムスターが噛む

人の手を噛む時は、餌と間違えていたり動物性たんぱく質が不足している時などがほとんどです。ケージを噛む時は「空腹」や「部屋が暑すぎる」「ケージから出たい」などの欲求が多いですね。ハムスターが噛む理由としつける方法はこちらですよ。

 

ハムスターの鳴き声

ハムスターは滅多に鳴かない動物なので、鳴いている場合は必ず意味があります。嬉しい時には「キュキュキュッ」、怒っていたり威嚇している場合には「ジージー」と鳴いたりしますよ。ハムスターの鳴き声とその気持ちはこちらのページに記載していますよ。

 

ハムスターのストレス

ハムスターはストレスを感じると、「ウンチやオシッコを漏らす」「顔を洗う」「頬袋に入れた餌を取り出す」などの行動をとることもあります。

これらの行動をとっている時は強いストレスを感じていることもあるので、早急にストレスの原因を取り除いてあげてください。ハムスターのストレスの原因と解決法はこちらですよ。

 

ハムスターはどんな病気になる?

ハムスター

かかりやすい病気

  • 肥満
  • アレルギー性皮膚炎
  • 結膜炎
  • 下痢

野生のハムスターは敵に弱っているところを見せまいと体調が悪くても隠そうとします。この行為はペットとして飼われていても同じなので、飼い主さんが早期発見をしてあげることが大切ですよ。ハムスターの健康をチェックする方法はこちらですよ。

罹りやすい病気としては、食べ過ぎによる「肥満」、床材や餌の種類による「アレルギー性皮膚炎」、伸びすぎた爪で引っかくことで起きる「結膜炎」、ストレスや細菌感染による「下痢」などが挙げられます。ハムスターの肥満の原因はこちらですよ。

症状からハムスターの病気をチェックする方法はこちらですよ。

 

ペットショップにハムスターを見に行こう

今回は6種類のハムスターをご紹介しましたが、ハムスターの種類はたくさんあります。流通量が多い動物なので、おおくのペットショップで販売されていますよ。

気になる方は一度見にいってみるのがおすすめです。