猫のサファリ、性格、体重や被毛の特徴は?寿命や病気、歴史は?

サファリはアメリカで最も多い野生の猫「ジョフロイネコ」とイエネコを交配して誕生した猫種です。

日本ではまだまだ認知度の低いサファリですが、希少さと人気の高さから現地では悪質なブリーダーの詐欺行為も発生しています。

この記事では猫のサファリについて、性格、体重や被毛の特徴、寿命、病気、歴史についてまとめました。

 

猫のサファリ、性格は?

素材 疑問

性格

  • 優しい
  • 飼い主に愛情深い
  • 人懐っこい
  • いたずら好き

サファリは優しい性格の猫として知られており、飼い主に対して愛情深く人懐っこいです。活発に動き回るので、しっかり運動させるようにしてくださいね。

いたずら好きで、前足を手のようにつかって遊びますよ。日本では希少でなかなかあ飼うことができない猫種ですが、なつきやすくて飼いやすいといえます。

 

猫のサファリ、体重や被毛の特徴は?

素材

体重

  • 8~11kg

サファリの体重は8~11kgで、細身でスラっとした体型をしています。

外見は「ジョフロイネコ」とほとんど変わりません。被毛カラーはブラックやディープオレンジですが、公式に規定はなく「ジョフロイネコに似ていること」とおおまかに定義されています。

 

サファリは希少種?アメリカで詐欺?

shutterstock_137097875

世界最大の猫血統登録機関TICAでも、サファリの登録数は100匹いません。サファリの希少性は「猫界のロールスロイス」という異名をもつほどです。

繁殖が難しく、染色体が原因で本来であればなかなか生まれない個体なのです。

しかし、「ベンガル猫」に外見が似ていることから、原産地アメリカではベンガル猫をサファリと偽る詐欺行為が起きています。

日本でサファリを飼いたい方は海外から輸入するしかない現状なので、信用があるブリーダーさんをみつけることが大切ですね。詐欺に合わないよう気をつけてください。

 

猫のサファリ、寿命は?気をつけたい病気は?

素材

サファリの寿命や病気は、その希少性から未だ信頼できる情報が完成していません。現時点で世界に70頭しか飼われていないとされています。

トラやライオンの寿命は15~20年なので、サファリもそのくらいであると予想はできますね。

病気についても不明ですが、肥満には注意が必要です。高タンパク高カロリーな食事管理は健康によいですが、運動が足りていないとすぐ肥満になてしまいます。

また、短毛種ですので1週間に1回程度ブラッシングをしてあげてくださいね。

 

猫のサファリ、歴史は?

shutterstock_108800555

1970年代初めに、猫の伝染病として知られている猫白血病の研究のためだけに、ワシントン州の大学で誕生したといわれています。

南アメリカでもっとも多く生息している野生の猫「ジョフロイネコ」の外観と、飼い主に愛情深い態度で接してくれるイエネコの性格を持ち合わせた猫種です。

また、ジョフロイネコ以外にも、オシキャットやベンガル、エジプシャンマウといった猫も、交配に使われていたといわれています。見た目はベンガル猫に似ています。

 

希少すぎる猫界のロールスロイス

shutterstock_394470097

サファリはその希少さゆえに、世界中の猫マニアがやみつきになっている猫種です。

まだまだ解明されていないことも多い猫種ですし、アメリカに行ったとしても会えるかわかりません。もし会えた日には運命かもしれませんよ。