サバンナキャットの性格、体重や被毛の特徴は?寿命や病気、歴史は?

ワイルドな猫として有名なサバンナキャットは、飼育許可が必要なサーバルキャットとイエネコの交配種です。日本では珍しい猫種で、飼いたいと思ってもなかなか購入に踏み切れない方も多いはずです。

この記事ではサバンナキャットの性格、体重や被毛の特徴、寿命、病気、歴史についてまとめました。参考までに読んでみてくださいね。

 

サバンナキャットの性格は?

出典:http://tetoan.com

性格

  • 人懐っこい
  • 賢い
  • 社交的
  • 運動・水遊び好き

猛獣の血を引くサバンナキャットですが、実はかなり人懐っこい性格で賢いです。社交的でこどもとも問題なく触れあってくれるので、ペット向きの猫種といえますね。

個体差はありますがドアを開けたり、蛇口をひねって水を出したりといった高度ないたずらも覚えてしまうようです。「寂しさ」や「嫉妬」から繋がる行動だとされているので、しっかり愛情を注ぎながら生活してあげてくださいね。

運動が大好きで、犬のようにハーネスやリードをつけて外に出かけることもできますよ。水遊びも大好きで、飼い主と一緒にシャワーを浴びるサバンナキャットもいるそうです。

 

サバンナキャットの体重や被毛の特徴は?

出典:http://arkpet.ocnk.net

体重

  • オス 7~13kg
  • メス 6~10kg

特徴

  • 体長 50~80㎝
  • 垂直跳び 2.5m
  • 価格相場 100万円以上

サバンナキャットは体長が50~80㎝で体重はオスが7~13kg、メスが6~10kgです。イエネコよりも一回り大きな体型をしています。

とても高いジャンプ力が特徴的で、垂直跳びで約2.5mほどジャンプできますよ。

被毛カラーは「ブラウンスポテッドタビー」や「シルバースポテッドタビー」「ブラックスモーク」「ブラック」などが公認されています。

希少種なので日本国内での繁殖はほとんどゼロで、海外から100~200万円で輸入が可能です。血統や血の濃さにもよってはさらに値段があがり、300万円以上する個体もいます。

 

サバンナキャットの寿命や気をつけたい病気は?

出典:http://news.livedoor.com

寿命

  • 17~20年

気をつけたい病気

  • 泌尿器系疾患

猫本来の野性的な一面をもつサバンナキャットは健康的で寿命が長く17~20年といわれています。サーバルキャットの寿命は30年と言われているので、品種改良されて誕生した猫よりも圧倒的に寿命が長いことがわかります。

病気には強く、ほとんど感染症や親からの遺伝性疾患にかかりません。猫全般的に気をつけるべき泌尿器系の病気には注意が必要です。

運動能力が高いので、高タンパク質で高カロリーな食事を心がけてあげてくださいね。おすすめのキャットフードは関連記事にまとめてあります。

 

サバンナキャットの飼育、国の許可が大変?

shutterstock_125741561

サバンナキャットの血の濃さは「F1」~「F6」で表わされ、数字が小さくなるほど濃く受け継いでいることになります。「F1」~「F3」のサバンナキャットを飼育の際には都道府県知事からの許可が必要です。

「F1」のサバンナキャットはとても希少で一番大きく成長し、日本には数頭しかいないとされています。「F2」~「F6」の体の大きさはバラバラです。

 

サバンナキャットの歴史は?

出典:http://tetoan.com

1986年頃にベンガル猫のブリーダーだった女性が、飼い猫だったメスのシャムと野生の猛獣であるサーバルキャットを交配することで誕生しました。

その後パトリック・ケリー、ジョイス・スルーフといわれる2人のブリーダーが生まれた子猫を研究し、1996年に現在のサバンナキャットの原型が完成しました。

2012年に正式に猫種として認可されたといわれています。サーバルキャットの血を引くという理由で、ニューヨーク、マサチューセッツ、ハワイなどアメリカの一部では危険視されて飼育が禁止されています。

 

猛獣の血を引く、家族思いの優しい猫

出典:http://members2.jcom.

サバンナキャットは凛々しい顔立ちをして怖そうな見た目をしていますが、実は人懐っこくて飼いやすい猫です。ただ、価格相場はかなり高く飼育条件も厳しいので、セレブに愛される猫として地位を確立しつつあります。

購入を検討されている方は、「サバンナキャット 購入」と検索して、海外のサイトをあたってみてくださいね。