カラーポイントショートヘアーの性格、体重や被毛の特徴、寿命や病気、歴史は?

豊富な被毛パターンを持つ猫種、カラーポイントショートヘア。あまり聞きなれない種類の猫かも知れませんが、美しい姿の猫として原産国のアメリカでは有名です。

今回は、カラーポイントショートヘアの性格、体重や被毛の特徴、寿命、病気、歴史についてまとめました。

 

カラーポイントショートヘアの性格は?

shutterstock_194123180

 

性格

  • 知能が高い
  • 人懐っこい
  • 遊び好き
  • デリケートで感情的

カラーポイントショートヘアは知能が高いといわれています。シャム猫の性格を受け継いでおり、人懐っこくて遊び好きです。飼い主さんやその家族が一緒に遊んであげると喜んでくれますよ。

デリケートで感情的な一面を持ち中には神経質な子もいますが、全般的に社交的な子が多いといえます。

 

カラーポイントショートヘアの体重や被毛の特徴は?

shutterstock_210743245

体重

  • オス 3~4kg
  • メス 2~3kg

特徴

  • 長い顔、大きな耳
  • 前足よりも後ろ足が長い
  • 被毛カラーが多彩
  • 鳴き声が高く、種類は100種以上

カラーポイントショートヘアの体重はオスが3~4kg、メスが2~3kgです。シャム猫の性格だけでなく外見の特徴も引き継いでおり、スレンダーで柔軟な体を持ちます。筋肉質で運動神経も抜群ですよ。

長い顔と大きな耳も特徴的ですね。前足よりも後ろ足のほうが若干長いです。

被毛はシングルコートで、名前の由来でもある豊富なカラーが印象的ですね。毛色はシャム猫と「唯一」違う特徴といわれていまよ。

数多くのカラーが存在しますがその分少しややこしく、「シナモンポイント」や「フォーンポイント」は「ポイントのあるオリエントショートヘア」に分類されているようです。

鳴き声の大きさもシャム猫譲りです。声は高く、種類は100パターンもあるといわれていますよ。飼い主さんは毎日さまざまな鳴き声を楽しむことができますね。

 

カラーポイントショートヘアの寿命は?気をつけたい病気は?

shutterstock_125588876

 

寿命

  • 13~15年

気をつけたい病気

  • 腎不全
  • 尿結石
  • 膀胱炎

カラーポイントショートヘアの寿命は13~15年で、猫に多くみられる泌尿器系の疾患(腎不全、尿結石、膀胱炎)に注意が必要です。

また、神経質な性格の個体はストレスでさまざまな病気を引き起こすこともあります。泌尿器系の病気についてとストレスについてはそれぞれ関連記事にまとめてあります。

 

カラーポイントショートヘアの歴史は?

shutterstock_90889118

カラーポイントショートヘアの歴史は古く、1940年ごろから繁殖計画が進められてきています。

シャム猫とアメリカンショートヘアとを交配することで誕生したといわれていますが、血統的には、「オリエンタルショートヘア」に似ているようです。

シャムの一般的な4色(シール、ブルー、チョコ、ライラック)以外のポイント色を持つ猫を誕生させる目的で繁殖が行われた結果、基本の4色をはるかに上回る16色の毛色をもつ猫が生まれます。今日のカラーポイントショートヘアの原型となったといわれています。

 

カラーポイントショートヘアにおすすめなキャットフードは?

アカナ キャット パシフィカ

カラーポイントショートヘアには「アカナ」がおすすめです。

アカナには、泌尿器系のケアに効果がある「クランベリー」ストレス軽減に効果がある「カモミール」などがバランスよく配合されています。

主原料には、動物性タンパク質を豊富に含む「新鮮骨なしニシン」を使用しているので、運動好きで筋肉質な体つきをしているカラーポイントショートヘアには最適ですよ。

カラーポイントショートヘアにおすすめな最高級キャットフードはこちらの記事からも確認できます。

 

豊富な被毛カラーバリエーション

shutterstock_138854855

 

賢くて上品なカラーポイントショートヘアは室内飼いに最適な猫種ですし、なんといっても豊富なカラーバリエーションには目を奪われますね。

他の猫種では遺伝的に欠陥がある毛色も、安心して飼うことができるかもしれませんね。