アメリカンボブテイルの性格、体重や被毛の特徴、寿命や病気、歴史は?

ワイルドな見た目が特徴的なアメリカンボブテイル。「ボブテイル」という名の通り、短いしっぽをしている大型種です。

この記事ではアメリカンボブテイルの性格や体重、被毛の特徴、寿命、病気、歴史について詳しくご紹介します。

 

アメリカンボブテイルの性格は?

shutterstock_2845596

性格

  • おとなしく社交的
  • 優しい
  • 遊び上手
  • 好奇心旺盛

アメリカンボブテイルはおとなしく社交的な性格をしています。体は大きく凛々しい顔立ちですが、優しい心の持ち主なのです。

遊び上手で好奇心旺盛な子が多いので、猫じゃらしやレーザーポインター、虫などには敏感に反応してくれますよ。

アメリカンボブテイルの性格はまだ確立されていないという意見もあります。今後どのような性格に落ち着くのか楽しみな猫種ですね。

 

アメリカンボブテイルの体重や被毛は?

shutterstock_2845600

体重

  • オス 4~7kg
  • メス 3~5kg

アメリカンボブテイルの体重はオスが4~7kg、メスが3~5kgです。

外見の特徴はなんといっても短いしっぽと大きな体です。短いしっぽは「優性遺伝」で、生まれてくる際に優先される遺伝です。

アメリカンボブテイルと似ている猫種の「ジャパニーズボブテイル」もしっぽが短いですが、劣性遺伝です。遺伝的に猫のしっぽは長いことが普通なので、アメリカンボブテイルの短いしっぽは特徴的ですね。

 

しっぽは個体によって真っ直ぐだったり巻き尾があったりと形が違います。被毛も他の部位に比べて長いです。

被毛の手入れは1日1回のブラッシングが必要ですよ。

 

アメリカンボブテイルの寿命は?気をつけたい病気は?

shutterstock_2088925

寿命

  • 12~15年

気をつけたい病気

  • 膀胱炎
  • 尿路結石
  • 腎不全

アメリカンボブテイルの寿命は12~15年で、比較的長寿な猫種です。気をつけたい病気は猫がかかりやすいとされる「膀胱炎」「尿結石」「腎不全」などの泌尿器系の病気です。

症状として、食欲が落ちて水を大量に飲むようになります。特に高齢のアメリカンボブテイルは注意が必要ですよ。

関連記事に原因や予防法、治療法を詳しくまとめたので、是非参考にしてください。

 

アメリカンボブテイルの歴史は?

shutterstock_178087577

サンダース夫妻が、身長に計画し交配を行ってきたおかげで、遺伝疾患は比較的少ない猫ともいわれています。

原産国はアメリカで、1960年代ごろにアリゾナ州のサンダース夫婦がしっぽの短い縞模様の猫をみつけたことが、アメリカンボブテイルの原点だといわれています。

サンダース夫婦は「ヨディ」と名づけて可愛がったそうで、シャムと交配することでアメリカンボブテイルの子猫が誕生したとされています。

比較的有名な猫種なので以外に思われる方も多いですが、実は国際猫協会に初めて登録されたのが1989年と比較的新しい猫種です。

 

大きな体と心が魅力!

shutterstock_23366302

大型猫メインクーンのように大きく成長する個体もいるほど、アメリカンボブテイルは大型な猫です。ただ、性格はとても落ち着きがあり優しい心の持ち主ですよ。

ゆったりと愛猫と生活を楽しみたいという方におすすめの猫種ですよ。