犬の眼の病気まとめ。症状や特徴、原因、治療法、予防法は?

犬には眼の病気がつきものです。涙やけや炎症をはじめ、いつどんな病気にかかるかを完全に予測することはできません。しっかりと飼い主さん自身が事前に知識をもっておくことが大切です。

この記事では犬が発症しやすい10種類の眼の病気の症状や特徴、原因、治療法をそれぞれ紹介します。予防策は最後の文末にまとめています。

犬の眼の病気10選

  • 白内障
  • 緑内障
  • 角膜炎
  •  結膜炎
  • ブドウ膜炎
  • 進行性網膜萎縮
  • ホルネル症候群
  • マイボーム腺腫(ものもらい)
  • チェリーアイ
  • 眼瞼外反症

 

眼の病気1. 白内障

shutterstock_376968346
病名白内障
治療法手術
かかりやすい犬種フレンチブルドッグ、プードル

どんな病気?

白内障は水晶体を構成するタンパク質分子の異常により、水晶体が白く濁ってしまう病気です。緑内障を併発することもあります。

 

症状や特徴

物にぶつかったりジャンプができなくなったりします。徐々に視力障害が進行していきます。眼も白く濁った色に変色します。

 

発症の原因

親からの遺伝(若年性白内障)、老化現象(老年性白内障)、外傷、他の病気との併発が主な原因です。

 

治療法

軽度の場合は点眼薬や内服薬で治療することができます。重度の場合、白く濁った水晶体を手術で取り除かなければなりません。手術の成功率はあまり高くありません。

 

眼の病気2. 緑内障

土佐アイ
病名緑内障
治療法 なし
かかりやすい犬種シーズー、プードル

どんな病気?

緑内障は眼球内の「房水(ぼうすい)」とよばれる液体の眼圧があがることで、眼が飛び出してくる病気です。

 

症状や特徴

激しい痛みを伴うので頭をなでられることを嫌がったり、視野が狭まって物にぶつかったりします。最悪の場合、失明の恐れもあります。

 

発症の原因

ブドウ膜炎など他の病気によって、瞳孔や隅角が詰まり眼圧が上がります。緑内障は他の病気から続発するケースが多いです。また、親からの遺伝も考えられますし、原因不明の発症も確認されています。

 

治療法

完治するための有効な医療法はみつかっていません。眼圧を下げるための点眼や内服薬を処方して様子をみます。

 

眼の病気3. 角膜炎

shutterstock_383463697
病名角膜炎
治療法点眼、自然治癒
かかりやすい犬種チワワ、ヨークシャーテリア

どんな病気?

空気と接している眼球面を「角膜」といい、角膜が炎症を起こした状態を角膜炎といいます。さらに重篤化して、角膜内部まで症状が及ぶと「角膜潰瘍」とよびます。

 

症状や特徴

涙が多く出るため「涙やけ」がひどくなったり、光を異常に眩しがったりします。痛みを伴うので目をこする仕草が多くなり、まばたきの回数も増えます。

 

発症の原因

高地や日差しの強いところにいると発症しやすくなります。また、眼の傷や目やにの放置も原因のひとつです。

 

治療法

眼の周りの被毛をトリミングして、角膜に被毛が触れないようにします。目やには定期的に掃除してあげてください。点眼薬や医療量コンタクトレンズでの治療が主です。免疫が正常であれば自然治癒が望めます。

 

眼の病気4. 結膜炎

shutterstock_121077946
病名結膜炎
治療法点眼、感染症治療
かかりやすい犬種マルチーズ、キャバリア

どんな病気?

結膜炎とは眼球の白目部分に炎症を起こす病気のことです。

 

症状や特徴

白目が充血し、まばたきと涙が多くなります。壁や床に眼をこすりつけることもあります。犬の黒目は大きいため、白目の異常である結膜炎は発見しにくい病気です。

 

発症の原因

片目だけ発症している場合は眼の中にゴミやシャンプーが入ったことが原因です。両目の場合は上記に加えて感染症や他の疾患を発症している可能性があります。

 

治療法

眼の周りの被毛をトリミングして、眼球が傷つかないようにします。感染症の場合は細菌やウイルスに応じた治療が必要です。

 

眼の病気5. ブドウ膜炎

shutterstock_248314612
病名ブドウ膜炎
治療法併発症状の改善
かかりやすい犬種サモエド、ゴールデンレトリバー

どんな病気?

眼球内の「虹彩」や「毛様体」を総じてブドウ膜といい、ブドウ膜の炎症を「ブドウ膜炎」といいます。

 

症状や特徴

眼球の奥が濁り出血もみられます。目やにの量が増え、涙も出やすくなります。

 

発症の原因

感染症や他の眼の疾患と併発するケースがほとんどです。角膜炎、結膜炎と特に併発しやすいので、注意が必要です。

 

治療法

ブドウ膜炎の治療というよりは、感染症、角膜炎、結膜炎を改善する治療を行います。

 

眼の病気6. 進行性網膜萎縮

アイリッシュセッター4
病名進行性網膜萎縮
治療法なし
かかりやすい犬種コーギー、プードル

どんな病気?

角膜炎や結膜炎に比べて発症頻度は低いが、視力低下や失明を引き起こしやすい病気です。網膜が萎縮して薄くなります。

 

症状や特徴

瞳孔が広がり、白内障がみられます。はじめは夜間の視力が低下し、症状が進むと昼間の視力も落ちます。

 

発症の原因

親からの遺伝子異常によってのみ発症します。

 

治療法

現時点では有効な治療法がみつかっていません。急に失明するわけではなく徐々に視力が低下するので、代わりに耳と鼻が発達します。予防策もみつかっていませんので、事前の遺伝子検査が大切です。

 

眼の病気7. ホルネル症候群

ジャーショー3
病名ホルネル症候群
治療法併発した病気の治療、自然治癒
かかりやすい犬種ヨークシャーテリア、ペキニーズ

どんな病気?

別名「ホーナー症候群」ともいいます。交感神経の異常によって発症する病気です。

 

症状や特徴

眼球周りがくぼんで、瞳孔が萎縮し小さくなります。交感神経の異常状態なので、汗が全く出ないこともあるようです。

 

発症の原因

交感神経伝達に関係している「脳幹」や「胸髄」の異常が関係しているといわれていますが、原因は不明確です。他の病気と併発するケースが多いです。

 

治療法

有効な治療法が確立されていませんので、併発した他の病気の治療をします。時間とともに自然治癒する病気なので、何もせず安静に保つ場合もあります。

 

眼の病気8. マイボーム腺腫(ものもらい)

ゴードン3
病名マイボーム腺腫(ものもらい)
治療法抗生剤の投与
かかりやすい犬種チワワ、トイプードル

どんな病気?

まぶたには油脂を分泌する穴があり、「マイボーム腺」といいます。このマイボーム腺に炎症が起こる病気を「マイボーム腺腫」といいます。別名ものもらいです。

 

症状や特徴

まぶたの縁が赤く腫れて、目が開けられなくなったり涙の量が増えたりします。犬は前足や壁などを使ってこするので、眼球に傷ができて「角膜炎」などにもつながりやすいです。

 

発症の原因

細菌感染が主です。免疫力の低い幼犬期や老犬期に起こりやすいです。

 

治療法

細菌に応じた抗生剤があるので、投与することでよくなります。ひっかかないようにエリザベスカラーを装着させることも大切ですよ。

 

眼の病気9. チェリーアイ

イビザンハウンド_2
病名チェリーアイ
治療法ピンセットでの処置、縫合手術
かかりやすい犬種チワワ、ボストンテリア

どんな病気?

犬は眼の内側に「瞬膜」とよばれる角膜の乾燥を防ぐ器官をもちます。瞬膜から瞬膜腺が飛び出して赤く晴れた状態を、さくらんぼのような見た目から「チェリーアイ」といいます。

 

症状や特徴

瞬膜が外気に触れることで、常に痛みを伴います。眼が真っ赤に腫れるので、見た目ですぐに発症を確認できるのが特徴です。

 

発症の原因

ほとんどは親からの遺伝が原因です。免疫力が低くなった老犬期に、細菌やウイルスの感染が原因で発症することもあります。

 

治療法

病院に行き、ピンセットなどで瞬膜をの位置を直してもらうことで症状は和らぎますが、再発しやすいです。完治するには手術による縫合が必要です。

 

眼の病気10. 眼瞼外反症

ラサ1
病名眼瞼外反症
治療法まつげを抜く、併発する病気の治療、手術
かかりやすい犬種セントバーナード、マスティフ

どんな病気?

眼瞼外反症はでまぶたが外側に反転してしまう病気です。

 

症状や特徴

まぶたが常に外気に触れるので、見た目で確認することができます。まぶたが乾燥しやすく、細菌やウイルスの感染も起こりやすいです。

涙の量が増えたり「角膜炎」や「結膜炎」を併発しやすいです。

 

発症の原因

ほとんどは親からの遺伝が原因です。セントバーナードのように顔の皮膚が垂れ下がっている犬種は発症しやすいとされています。

 

治療法

まつ毛を抜いて、まぶたに直接触れることを防ぎます。また、「角膜炎」や「結膜炎」を治療することで良くなるケースもあります。重度の場合は手術が必要です。

 

犬の眼の病気、予防策は?

目の病気の予防は、日頃の「点眼」と「目やに除去」「涙やけ対策」につきます。

点眼は1日1回1滴の習慣で、多くの目の病気の予防ができますよ。内外製薬の犬用目薬「犬チョコ目薬」がおすすめです。目に染みない処方なので、愛犬も嫌がらずに習慣づけることができますよ。興味ある方は下記Amazonリンクからご確認ください。

目やに除去、涙やけ対策については関連記事に詳しくまとめました。

Amazonで商品を確認する

 

重度の場合は病院へ

猫と夕日

いかがでしたか。目の病気はこの記事で紹介した以外にもたくさんありますので、常に愛犬の様子には気を配ってあげてくださいね。

また、ほとんどの眼の病気は進行してしまうと手術が必要です。何か少しでも愛犬に異変を感じたら、すぐに動物病院で診察をうけることをおすすめします。