ボストンテリアの子犬販売の値段、ブリーダーの見分け方や里親になるには!

黒く大きな瞳とつぶれたような鼻が印象的なボストンテリア。タキシードを着ているような外見に思わず惹きつけられた飼い主さんも多いのではないでしょうか。

この記事では、ボストンテリアの子犬の販売値段、ブリーダー、里親、抜け毛についてまとめました。

 

ボストンテリアの子犬、値段は?

ボストンテリア

値段

  • ペットショップ 10~20万円
  • ブリーダー 30~40万円

ボストンテリアの子犬の価格相場はペットショップで10~20万円、ブリーダーで30~40万円です。子犬の骨格や健康状態などによって値段は変わりますが、大きな変動要因は「親がチャンピオン犬」「柄が綺麗に出ている」です。

ブリーダーからの購入価格が高いのは、ショードック向けに子犬を主に繁殖しているブリーダーが多いからです。ボストンテリアの理想とされる容姿に近いほど値段が高くなりますので、50万円台という値段設定も珍しくありません。

ボストンテリアは毎年2000頭近くJKCに登録される人気犬種なので販路はたくさんみつかりますよ。ただ、悪質な販売元もありますので、「高い値段の犬は良い犬」というのは間違いです。

見た目の可愛さや価格だけで判断するのではなく健康な子犬を選べるように、親や兄弟を見せてくれる、こちらの質問に対して真摯に答えてくれる販売者から購入するようにしてくださいね。

ボストンテリアの販売価格・おすすめドッグフード・餌代などお金まとめ

 

ボストンテリア、良いブリーダーの見極め方は?

ボストンテリア

子犬の幸せのために愛情を持って丁寧に繁殖させている良質なブリーダーもいれば、残念ながら利益目的で大量繁殖を行っている悪質なブリーダーも存在します。

ここでは、良いブリーダーを見極めるために具体的にどの部分に注目するべきかを紹介しています。

犬の悪質ブリーダーの見分け方!必ずしたい5つの質問

 

犬舎の環境が整っているか

犬舎の清潔度は、ブリーダーの子犬に対する気持ち・愛情です。

餌の食べ残しが放置されていない、糞尿はきちんと処理されている、掃除は隅々まで行き届いている状態であれば、良いブリーダーであると判断できます。

もし整備の行き届いていなかった場合または犬舎を見せてくれなかった場合は、繁殖して売りさばく目的で子犬を繁殖している悪質なブリーダーである可能性が高いですよ。

購入したいと考えている子犬以外の犬舎も注意深く見てみることをおすすめします。

 

両親を見せてくれるか

健康な子犬は、健康な親犬から産まれます。自信を持って両親を見せてくれるか、親犬の血統や年齢、疾患などの情報を教えてくれるかなども良質なブリーダーを見分けるポイントです。

犬は2歳以上で性的に成熟し、遺伝性の疾患の有無を確認することができます。良識的なブリーダーであれば2歳に満たない犬を繁殖させることはありません。

産後のホルモンバランスの乱れなどから親犬の毛艶が低下したり、別の犬舎に移されたりすることもしばしばあります。これを理由に親犬を見せられないというブリーダーも多いので、親犬を見せてくれないところは必ずしも悪いブリーダーとはいえません。

しかしその場合でも親犬の情報を詳しく教えてくれるのであれば、良いブリーダーである可能性が高いですよ。

 

子犬の体型に偏りがないか

購入を考えている子犬のほかに、犬舎で飼育されている子犬の体型に偏りがないか確認します。

極端に偏りが見られたら、子犬1頭1頭まで管理の手が回っていないという可能性があります。無計画な繁殖や、人手が足りていないなどの現状があるのかもしれません。

子犬を管理しきれずにブリーダー崩壊を起こしたり、衛生管理の不備による感染症が広がったりなどの危険性が考えられるので、子犬の健康状態は犬舎の経営状態を推測する重要な指標です。

 

アフターケアなどが充実しているか

悪質なブリーダーは「売れて利益が出たら、それでおしまい」と考えている場合が多いので、アフターケアが充実していないことがほとんどです。

子犬を購入後もしつけなどの相談に乗ってくれるか、生体保証はあるかなどをきちんと確認しておくことがポイントです。販売契約書や保証書の内容もしっかりと目を通しておいてくださいね。

 

ボストンテリア、里親として迎え入れる方法は?

ボストンテリア

基本的な流れ

  • 保護団体、動物愛護センターなどに相談する
  • 実際に犬に会いに行く
  • 里親希望申込書の提出
  • 譲渡講習会、家庭訪問
  • 里親お試し期間
  • 犬の引き取り

ボストンテリアを飼うにあたって、ペットショップやブリーダーで購入する以外にも里親として譲り受ける方法があります。

ペットショップやブリーダーと大きく異なるのは、「犬を安価、もしくは無料で購入できる」点です。飼育グッズや医療費などは飼い主さん側が負担する必要がありますが、個体の初期費用が安価なのでその分だけ安く済みます。

保護団体によって異なる部分は多少ありますが、里親として迎え入れるにあたっての基本的な流れは上の通りです。本当に犬を飼育できる環境であるかをしっかりと確認したうえで譲渡する団体がほとんどですよ。

 

ボストンテリアの性格や特徴は?

ボストンテリア

基本情報

  • 体高:38~43cm
  • 体重:5~12kg
  • 平均寿命:13~15年

ボストンテリアは人懐っこく、紳士的な性格をしています。

繊細で感受性が高く、飼い主さんの気分や声色から何を考えているのか分析しようとする慎重な一面も持ち合わせています。

無駄吠えも少ないため、小型犬の中では比較的飼いやすい犬種ですよ。

一方で甘えん坊で寂しがり屋な面もあるので、長時間のお留守番などは苦手です。慎重さと縄張り意識の高さから、知らない人や他の犬に対して警戒心を持ち、時には攻撃的になってしまうことがあります。

ボストンテリアの性格や特徴は?散歩の頻度・寿命や体重・しつけのしやすさは?

 

ボストンテリア、気をつけたい病気は?

ボストンテリア

気をつけたい病気

  • 白内障
  • 膝蓋骨脱臼
  • 皮膚病

ボストンテリアが気をつけたい病気は「白内障」「膝蓋骨脱臼」「皮膚病」です。

白内障

ボストンテリアは目が出っ張っているため、遊んでいる時などのふとした拍子に目が傷つきやすい犬種です。白内障目に入った傷が原因で発症することもあるので、注意が必要です。徐々に視力が低下し、最悪の場合失明してしまいます。

「ふらふらと歩く」「頻繁にぶつかる」など、歩き方に変化が見られたらすぐに診察を受けてくださいね。

 

膝蓋骨脱臼

ボストンテリアは親からの遺伝子異常で「膝蓋骨脱臼」を起こしやすい犬種です。手術で治療は可能ですが、ボストンテリアのような短頭種は全身麻酔での死亡リスクが高いです。

「肥満」「床で滑る」「高い場所からのジャンプ」などで発症するケースもあるので、気をつけてあげてくださいね。

 

皮膚病

ボストンテリアは皮膚の病気にかかりやすい犬種です。特に「アカラス症」と「肥満細胞腫」に気をつける必要があります。

 

アカラス症

アカラス症は、イヌニキビダニという寄生虫によって発症する皮膚の病気です。脱毛やフケ、赤みや黒ずみが主な症状で、進行すると皮膚がただれたり、出血したりすることがあります。

幼犬期の発症であれば自然治癒できますが、成犬での発症は「糖尿病」を併発していることが多く、寄生虫の完全な駆除も難しいです。症状が軽くなっても治療をやめずに根気よく続けることが大切です。

 

肥満細胞腫

肥満細胞腫は体中の肥満細胞ががんになってしまった代表的な病気です。イボのようなものだったり脂肪の塊のようだったり、皮膚炎のように赤くなったりと、見た目から判断することは難しいです。

体の中でヒスタミンが大量に出る影響から、「吐き気」「下痢」「食欲不振」などの症状がみられます。予防は困難ですが早期発見・治療がカギなので、普段から小まめにスキンシップをとって小さな異常も見逃さないことが大切です。

 

ボストンテリア、抜け毛は多い?

ボストンテリア

ボストンテリアは短毛種で、抜け毛が多いです。短毛種は毛周期という毛が生え変わる周期が早いのが理由です。病気による抜け毛ではないので、予防法もありません。

毎日散歩の後に汚れを取ることも兼ねて、獣毛ブラシで10分ほど毛を逆なでるようにブラッシングをしてあげてください。また、月に1~2度シャンプーをすると部屋に舞う被毛を減らすことが出来ますよ。

ボストンテリアは抜け毛が多い?原因・手入れの頻度・おすすめグッズまとめ

 

憎めない魅力たっぷりの犬

ボストンテリア

ボストンテリアは虚弱だったり神経質な一面もないので、飼いやすいコンパニオンの見本のような犬種です。まるで人間みたいに臭いおならをしたり、いびきをかくなど憎めない魅力もたくさんありますよ。

明るく元気いっぱい遊ぶ一面と飼い主の喜怒哀楽に反応し空気を読むような繊細な一面も併せ持つ頭の良い犬なので、愛犬と外で思いっきり遊びたいと思っている方にも、室内で濃密な時間を過ごしたと思っている方にもおすすめです。

 

ボストンテリアのブリーダーさんをお探しの方へ

ボストンテリア 

日本最大級のブリーダーサイト「ブリーダーワン」には、日本全国のボストンテリアのブリーダーさんの情報が詳しくまとまっています。子犬のボストンテリアの飼い主さんを募集するだけでなく、各ブリーダーさんの思いや引き取る飼い主さんへのメッセージを掲載しているため、飼い主さんからも安心して引き取れると好評のサイトです

紹介頭数は日々増減します。ボストンテリアは特に人気の犬種なため、ブリーダーワンには日々多くの飼い主さんが訪れていますよ。現在ボストンテリアの飼育を検討されている方はぜひ一度サイトを確認してみてくださいね。