シベリアンハスキーは「バカ犬」?しつけの問題?本当は賢い?

シベリアンハスキーは「バカ犬」といわれることがありますが、実はとても賢い犬種とご存知でしたか。

今回の記事ではシベリアンハスキーはなぜ「バカ犬」とよばれるようになったのかと正しいしつけの仕方の観点からシベリアンハスキーについてまとめました。

 

シベリアンハスキーは「バカ犬」?その由来は?

シベリアンハスキー _吠える_犬

「バカ犬」とよばれた理由

  • 無駄吠え
  • 脱走癖

シベリアンハスキーは佐々木倫子さんの漫画「動物のお医者さん」や映画「南極物語」で1980~1990年に大ヒットして、「ハスキーブーム」が訪れました。

漫画やテレビの中のシベリアンハスキーは温厚で人懐っこい性格をしていたので、多くの人がシベリアンハスキーを飼いやすいと想像していました。

バブル景気も味方して飼育者が急激に増えました。しかし、シベリアンハスキーの本能である「無駄吠え」「脱走癖」などの理由で、飼いきれない飼い主さんが増え、保健所を埋め尽くすほどのシベリアンハスキーが捨てられたといいます。

それ以来、シベリアンハスキーは飼育には向かない「バカ犬」だとよばれるようになります。

 

シベリアンハスキーは「バカ犬」ではない!しつけの問題

シベリアンハスキー_人間_子供_犬

シベリアンハスキーは元々ペット用に生まれた犬種ではないので、飼育に向かない本能はあります。例えばハスキーブームの当時は、室内飼いが浸透しておらず、外で犬を鎖に繋げて犬小屋で飼うことが当たり前でした。

飼い主に甘えたがりで従順な性格のシベリアンハスキーは飼い主家族の姿がずっとみえないと不安になります。仲間をよぶ本能から無駄吠えをしてしまうのです。

また、集団生活をしていた頃の本能から、飼い主が自分の合わないと感じると新しい集団を探すために放浪する習性があります。脱走癖の理由はこれですね。

どちらもシベリアンハスキーの生まれながらの習性なので、ペットとして飼う以上、きちんとしつけをしてあげるのが飼い主さんの努めです。

ハスキーブームに便乗して軽い気持ちでシベリアンハスキーを飼い始めた人たちがあまりにも多かったため、「バカ犬」というイメージがついてしまったのです。

大きな体格で頑固な一面をもつシベリアンハスキーのしつけでは、きちんと主従関係を明確にすることが重要です。初心者がしつけるのはなかなか大変な犬種なのです。

当時問題とされた「無駄吠え」「脱走癖」などの行動は、飼い主さんのしつけ不足により起こった悲劇ともいえるのです。

 

シベリアンハスキーは賢い?歴史は?

シベリアン 賢い
逆に、きちんとしつけをされたシベリアンハスキーは友好的でほとんど吠えません。

昔はソリ犬として活躍していたように、状況判断力の優れた犬種なのです。頑固な一面があり、飼い主を一度「リーダーではない」と認識してしまうと命令を一切聞かなくなるほどです。

賢いがゆえに、元々自分で考えて行動するタイプといえますね。第二次世界大戦中にアメリカ軍の捜索・救助犬としてシベリアンハスキーが活躍した歴史もあります。

 

しつけ次第でどんな犬でも「バカ犬」に?

シベリアン まとめ

どんなに賢い犬種でも、飼い主のしつけなしには社会性を身につけることはできません。シベリアンハスキーは元々雪国でソリを引く犬だったので、ペット用に改良された犬種を飼うよりもしつけのハードルは高いです。

それでも「動物のお医者さん」や「南極物語」のように、シベリアンハスキーと生活を送りたいという方は、ぜひ飼ってみてくださいね。