柴犬ってどんな犬?性格や特徴、しつけ方、飼い方の注意点について

柴犬の歴史は古く、山岳地帯で猟犬として活躍していた犬種です。

縄文時代から日本人のパートナーだったという説もあります。日本の気候、住環境になじみやすく、飼いやすいのが長所のひとつですね。また、柴犬は国の天然記念物に指定されていますよ。

この記事では柴犬の性格や、珍しいとされる黒色や白色の柴犬の特徴、飼い方やしつけ、体調チェックの方法をまとめました。

 

柴犬の性格は?

柴犬

柴犬の性格に見れらる6つの特徴

  • 愛嬌がある
  • リーダーに従順で誠実
  • 自信満々で恐れ知らず
  • 攻撃的で警戒心が強い
  • 聡明でしつけやすい
  • 活発で運動好き

柴犬は日本犬の中では体高が低く小柄な犬とされていますが、その小さな体には大胆で力強い独立心を秘めています。

古くから日本列島各地で猟犬として人間と生活をともにしてきたことから、主従関係に忠実な性格ですよ。信頼できる飼い主にだけ愛嬌をみせてくれる一面も持ち合わせます。

 

愛嬌がある

飼い主が大好きで愛嬌があります。

他人には心を開かない傾向のある柴犬ですが、しつけを通じて強い信頼関係を築くことができた飼い主をはじめ、好きな人が近づいてくると尻尾をふって、大きく喜びを表現してくれます。

 

リーダーに従順で誠実

しつけや家庭生活を通じ、信頼関係を認識した柴犬は、飼い主に対して従順、かつ、誠実に接します。名前を呼んだときには素直に寄ってきてくれますよ。

 

自信満々で恐れ知らず

オオカミの血を受け継いでいることもあり、自信満々で恐れ知らずな性格が特徴です。

その特徴が頑固で神経質な面にも繋がり、人間の赤ちゃんや、小さなお子さまとは一緒に暮らしづらいという声もあります。

 

攻撃的で警戒心が強い

柴犬は、自分よりあとに家族になった人間の子供を後輩であると捉えやすい性格の持ち主です。

攻撃的で警戒心が強い面もあるので番犬向きです。かみついたり威嚇したりすることがあるので、特に注意が必要です。

 

聡明でしつけやすい

聡明な性格から、しつけや訓練に対する学習能力が高い犬種といわれています。

他の犬よりもトイレの場所を覚えやすく、一度しつけたことをいつまでも忘れないので、飼いやすい犬種ということができますね。

 

活発で運動好き

運動が大好きなので、こまめに散歩に連れて行いき、充分な運動をさせてあげないとストレスをためやすい性格の犬種です。

運動量が少ないと気性が荒くなる場合もあるので、普段から充分な運動の機会を与えてあげることがポイントです。

 

オスとメスで性格に差はある?

オスヤンチャ、好奇心旺盛
メス穏やか、落ち着いている

オスはメスに比べてヤンチャで好奇心旺盛な傾向にあります。活発な子も多いので、たくさん散歩したり遊んだりするなど、一緒に過ごす時間を確保してあげることが大切です。

メスは、オスに比べて穏やかで落ち着いた性格をしています。縄張り意識や警戒心が強いので、番犬向きともいえますね。

ただ、警戒心から「無駄吠え」をすることもあるので、幼犬の頃からしっかりとしつけをしておくことが大切です。

 

柴犬の性格に合わせた、正しい接し方は?

柴犬

苦手なこと

  • しつこいスキンシップ
  • 知らない人や犬と関わること

幼いころからの経験や育ってきた環境にも左右されますが、柴犬は基本的に過剰なスキンシップを苦手としています。

飼い主さんのことはもちろん大好きですが、ベタベタするというよりは足元に寄り添う程度、他の犬ともお尻のにおいをかぎ合う程度のライトな接触を好みます。

また環境変化に敏感で神経質な一面もあるので、知らない人や犬と関わるようなことがあれば警戒したり、吠えたりする犬もいます。

好奇心から知らない人に近づいていくものの、触ろうと手を出したり急に立ち上がったり、声をかけたりすると反射的に噛みついてしまう場合もあります。

根気よくトレーニングしたり環境を調整したりすることで矯正することもできますが、まずは柴犬がどんな性質を持ち合わせているのかを理解し、そのうえで接してあげるのが大切ですね。

 

柴犬との接し方①「いつも通り」のルーティーンを意識する

「散歩の後は玄関の外で足を拭く」「ご飯の前はお手やお座りを行う」など、毎日の行動はなるべく同じ時間・やり方で行ってあげると安心します。変えるときはいきなりではなく、徐々に行うことを意識してください。

苦手意識を覚えやすい爪切りや被毛のカットなども、慌ててパニックにならないようにできればいつも同じやり方で行ってあげるといいですね。

 

柴犬との接し方②新しい餌やおもちゃは時間をかけて与える

新しい餌やおやつ、おもちゃなどは何度もにおいをかいで確認しないと受け入れない場合が多くあります。

無理やり押し付けるのではなく、自然と柴犬の方から寄ってくるようになるまでじっくりと慣らせてあげてください。

 

柴犬との接し方③飼い主さんのほめ言葉や笑顔を理解している

上述の通り、過度なスキンシップを苦手とする柴犬もいるため、ほめる際はわしゃわしゃとなで回すことはほどほどに、言葉や笑顔、大好きなおやつやおもちゃなどを与えると良いですよ。

柴犬は飼い主さんの声のトーンや笑顔を理解できるといわれています。家族の中でひとつのほめ言葉を決めておき、その言葉を合図におやつやおもちゃを出すようにするとなお良いかもしれません。

 

柴犬の平均体重・体の特徴は?

犬 柴犬 素材

柴犬の体重・体高

平均体重オス:9~11kg
メス:7~9kg
平均体高オス:39.5cm
メス:36.5cm
それぞれ上下各1.5cmまで

個体差はありますが、柴犬の平均体重は8~10kg前後です。オスが9~11kg、メスが7~9kgほどなので、メスのほうが小さめです。

柴犬の平均体高は、オスが39.5cm、メスが36.5cmほどです。体長は、体高よりやや長めです。

 

体の特徴

顔つきと風貌によって、「キツネ顔(縄文柴)」と「タヌキ顔(新柴犬)」に分けることができます。

引き締まった体型に面長でキツネに似た顔つきをしているのが「キツネ顔」、しっかりした骨格と筋肉質な体型に頬が張り、丸っこいタヌキのような顔つきをしているのが「タヌキ顔」です。

ほっぺ

柴犬のほっぺを伸ばしている画像を見たことがある方も多いのではないでしょうか。

首周りの皮下脂肪が多いためか、無理に力を入れなくてもビヨーンと伸ばすことができます。されるがままにほっぺを伸ばされている柴犬を見ていると、とても癒やされますね。

小さく厚みのある三角形の耳がしっかり前向きに付いているのも、特徴の1つです。

子犬の頃は垂れ耳ですが、だいたい生後5ヶ月頃から成犬のようにピンと立ち始めます。個体差があるので、生まれてすぐだったり7ヶ月頃だったりすることもありますが必ず立つので心配はいりませんよ。

もし7ヶ月を過ぎても立たない場合は、純粋の柴犬ではない可能性も考えられるので獣医さんなどに確認してみてください。

おしり・しっぽ

柴犬のしっぽは大きく分けて、「巻尾」と「差尾」の2つがあります。

巻尾はクルンと巻いたしっぽのことで、差尾はしっぽが持ち上がっているものの巻いてはおらず先端が前方に傾斜しているものをいいます。

巻尾には「右巻・左巻」「右二重巻・左二重巻」「半巻」「車巻」、差尾には「太刀尾・草薙尾」「柳尾・牛蒡尾」「茶筅尾・株尾」「無尾」など様々なバリエーションがありますよ。

 

柴犬の毛色の種類は?

犬 柴犬 素材

柴犬の被毛カラー

  • 胡麻

近年、見かけることの増えてきたカラーですが、割合としては柴犬全体の1割ほどです。

全身を覆う墨色や鉄錆色の毛色と、目の上にある「四つ目」「麻呂眉」といわれる白いまだら模様が特徴的です。

赤毛と同じように子犬時や老犬時には模様がぼんやりしていることが多いですが、成長とともに綺麗な模様に変化します。

 

生まれた時から全体が白い柴犬を指します。

幼犬時は白一色ですが、成長とともに耳の先や体全体に茶色い毛が混ざることもあります。人気があるカラーですが、スタンダードとしては認められていません。

 

胡麻

赤・黒・白が程よく混ざったカラーのことですが、柴犬全体の数%ほどしかいません。

黒毛が多いものを「黒胡麻」、赤毛の割合が多いものを「赤胡麻」と呼びますが、意図的に個体数を増やすことは難しいため滅多にお目にかかれません。

 

赤色は、柴犬の8割を占めるカラーです。

顔全体が白っぽくなっている子もいれば、鼻筋から額にかけて赤色の毛が生えている子もいます。また、個体によって色の濃さも様々なので、同じ赤毛でも様々な表情を見せてくれますよ。

 

柴犬のしつけ・お留守番させるポイントは?

柴犬

しつけポイント①短期集中型で少しずつ行う

柴犬は集中力が高い犬種といわれますが、その持続時間は10分程度と短めです。そのため長い時間をかけてダラダラとしつけするのは好ましくなく、短時間で少しずつ繰り返しながらしつけを行っていくのがベターです。

1回で覚えさせようとはせず、短く時間を区切って根気よく行うことが大切です。

 

しつけポイント②犬が安心して集中できる環境で

柴犬は周囲の環境変化に敏感なので、屋外や人通りの多い場所では気が散ってしまい、うまくしつけに集中することができない場合が多くあります。

より効率的にしつけを行うために、なるべくいつも同じ場所・同じ時間帯でトレーニングをするのがおすすめです。

 

しつけポイント③叱るタイミング

犬がよくない行動をしたときは、その最中または直後に叱るようにします。「No」「ダメ」など短くわかりやすい単語で、低く強い声で伝えることが大切です。

叱り方があいまいだと、犬にとっては構ってもらえてると勘違いし、その行動を繰り返し行うようになってしまう場合があります。行動の良い悪いはきちんと線引きし、メリハリのある態度で接してあげてください。

 

お留守番について

柴犬は、周囲との関わりよりも自分の自由な時間を好む傾向にあるため、お留守番の得意な犬種です。

室内でも室外でも長時間の飼い主不在に慣れやすいです。留守番させる際には、「留守番をさせる前に長めに散歩をする」「一緒に遊んでしっかり運動させて満足させる」などを注意して接してください。

柴犬にお留守番をしつけるポイント・注意点について

柴犬の「吠え」「拾い食い」「噛む」などのしつけ方法について

 

柴犬の飼い方・注意点は?

柴犬

 

飼い方のポイント

  • 飼い方の基本
  • 散歩グッズ
  • 多頭飼い
  • 飼育場所
  • 餌・ドッグフード
  • 抜け毛対策

飼い方の基本

柴犬は小型犬で、バランスの良い体系をしています。骨密度が高いことが特徴で、見た目以上に体重がある傾向にあります。

ただ体重の変化が大きい場合は、肥満である可能性が高いです。食事バランスを整えて、健康管理することが長生きの秘訣になりますよ。

柴犬の飼い方や飼育グッズについて

 

柴犬におすすめの散歩グッズ

活発で運動好きな柴犬にぴったりの散歩グッズを紹介します。多くの運動量を必要とする柴犬にとって、散歩はとても重要ですので、各グッズ別に記事を用意しました。気になる方はぜひご覧くださいね。

 

多頭飼いについて

柴犬は忍耐強い小型犬で、多頭飼いにも適用できる犬種と言われています。ただ、柴犬はもともと狩猟犬でオオカミに近い犬種です。上下関係や縄張り意識が強い傾向にありますよ。

多頭飼いをする場合は、「飼い主がリーダーであることをしつける」「先住犬を優先する」などの注意が必要です。

柴犬の多頭飼いのポイントや注意点について

 

飼育場所について

柴犬は古くから室外犬として飼われることが多かったですが、最近は室内飼いも増えてきました。柴犬は自立心が強い犬種ですが、日常生活の中ではスキンシップに慣れさせることが大切です。

室内で飼い主とのスキンシップがストレスになると、噛みつきなど事故の原因になりますよ。また、室内のトイレトレーニングも大切です。室外でしかトイレができないと、我慢から病気の原因になりやすいことがその理由です。

 

餌について

柴犬は運動量が多く、小型犬の中でも筋肉量の多い犬種です。そのため、タンパク質の摂取が重要で、タンパク質が不足すると元気がなくなったり、毛艶に影響が出たりします。

柴犬に与える餌の成分表を確認することをおすすめしますよ。また、しつけのご褒美におやつを与えることがすくなくないのも柴犬の特徴です。与えすぎから肥満を引き起こさないように、餌の種類にも気をかけてあげてくださいね。

柴犬におすすめのドッグフードについて

柴犬におすすめのおやつについて

 

抜け毛対策について

柴犬は被毛が短く、二層構造になっているダブルコートの犬種です。そのため、春と秋の換毛期には大量の被毛が抜けます。

抜け毛防止や被毛環境を整えるためにも、ブラッシングは欠かせないお手入れのひとつです。

ラバーブラシやスリッカーブラシを使ってアンダーコートを取り除いてからコームで整えます。コームに大量のアンダーコートが絡むようであればもう一度ラバーブラシなどを使ってブラッシングします。

柴犬のブラッシングやトリミングなど、お手入れの詳しい方法について

柴犬の抜け毛対策について

 

柴犬の寿命や気をつけたい病気は?

柴犬は皮膚疾患の多い犬種です。マラセチアをはじめとした真菌や内分泌疾患によるものもあれば、食物アレルギーや接触アレルギー、原因不明のアトピーにいたるまで、その原因も実に多様です。

ブラッシングをこまめに行い、生活環境を清潔に保つことが対策につながります。

平均寿命は15才程度で犬の中でも寿命は長い方です。健康を保つためには散歩などでしっかり運動させ、適量の餌をあげることがポイントです。

柴犬の気をつけたい病気や対策、平均寿命について

 

柴犬の体調チェック、ポイントは?

shutterstock_390289534

体調をチェックするポイント

  • 口の中
  • 皮膚
  • 筋肉の質
  • 肉球
  • 肛門

柴犬の健康状態は、体のさまざまな部分をチェックすることで把握できます。

愛犬に異変がないか定期的に確認することで、病気の早期発見や対策をすることができますよ。愛犬の健康的な生活のために、欠かさず取り組みたいですね。

柴犬の健康について詳しくはこちら

 

柴犬の子犬の販売価格や選び方は?

shutterstock_259914824

柴犬の値段

  • 5〜20万円

柴犬の価格は5〜20万円ほどが相場ですが、季節で変動します。柴犬の受胎率が要因で、11~2月頃に安くなり、3~5月頃に高くなる傾向にあります。

被毛カラーによっても値段が変わってきますので、被毛カラーごとに相場を把握しておくことをおすすめしますよ。

子犬の値段は成犬に比べて高く、30万円を超えることもありえます。

柴犬の子犬の値段について

柴犬の販売価格や餌代などのお金について

 

柴犬のブリーダーさんをお探しの方へ

柴犬

日本最大級のブリーダーサイト「ブリーダーワン」には、日本全国の柴犬のブリーダーさんの情報が詳しくまとまっています。各子犬についての特徴や飼い主さん募集だけでなく、ブリーダーさんの思いや飼い主さんへ向けた引き取る際の注意事項、メッセージが掲載されているため、安心して引き取れると好評のサイトです。

紹介頭数は日々増減します。柴犬は特に人気の犬種なため、ブリーダーワンには日々多くの飼い主さんが訪れていますよ。現在柴犬の飼育を検討されている方はぜひ一度サイトを確認してみてくださいね。

 

柴犬の里親募集とは?

様々な事情で柴犬を飼い続けることが難しくなる飼い主もおり、大切な犬のためにインターネット上の掲示板等を利用して里親募集されています。

また、地域の情報紙内に里親募集の情報が載っていたり、役所や公民館、動物病院などでも里親募集されている場合もあるので、興味のある方はこまめにチェックしてみるとよいでしょう。

ほかに、ペット保護団体から、飼い主の見つからない柴犬を引き取る方法もあります。

柴犬の里親募集についてくわしくはこちら

 

珍しい柴犬!黒柴や白柴の特徴は?

柴犬

柴犬の被毛色の割合

  • 赤毛 80%
  • 黒毛 10%
  • 白毛 10%
  • 胡麻毛 希少

黒柴の特徴

柴犬といえば赤毛のイメージがありますが、黒毛や白毛の柴犬もいます。だいたい、赤毛の柴犬が約80%、黒毛、白毛がそれぞれ約10%の割合です。胡麻毛の柴犬もいますが、とても珍しいです。

黒柴は最近人気が出てきています。希少価値の高さから、赤毛の柴犬よりも値段が高く設定されています。

黒柴の特徴は、「四ツ目」「鉄錆色をした光沢のない被毛」「裏白」です。「四ツ目」とは目の上にある麻呂の様な白い模様のことで、黒い目を攻撃から守るカモフラージュのための模様だという説があります。

墨色や鉄錆色ともいわれる光沢のない燻したような被毛が顔から背中、尻尾まで生えているのも特徴的です。裏白とは顔の下、腹、胸の毛が白いことをいいますが、尻尾まで続く白いラインも素敵ですよね。

 

白柴の特徴

白毛の柴犬も最近、人気が出てきている毛色で全体の1割程度を占めています。白毛の柴犬も数的には稀少なので、黒柴と同じような値段設定です。

被毛が白いので、メラニンが欠乏して起こる突然変異の「アルビノ種」ではないかと心配する人もいますが、白柴犬の白はメラニン欠乏によるものではなく、「交配の結果」ですので安心してくださいね。

白柴の特徴はなんといっても「白い被毛」です。ダブルコートと相まってフワフワにみえるのでより可愛らしいです。白色といっても純白からクリーム色まで種類がたくさんあります。中には耳だけが茶色い白柴犬もいるそうですよ。

近年になって血統書に「白柴」と登録されるようになりましたが、ドッグショーにおいては「ミスカラー」として減点されてしまいます。

 

白柴はどうして誕生する?

赤と赤、黒と黒という組み合わせで繁殖すると、毛色の遺伝子の関係で白い子が生まれることがあります。

大半のブリーダーは濃い毛色の遺伝子が受け継がれるように計画繁殖をしているので、頭数が特に少ないのです。

黒柴同士を交配させると白柴が生まれる確率が増えるといわれていますが、それでも確率は5%程度です。希少価値の高さがわかりますよね。色の違いによる性格や健康状態、寿命に差はないとされています。

 

柴犬の雑種、柴ミックスや豆柴の特徴は?

柴犬

柴ミックス

近年、ミックス犬の人気拡大に伴い、柴犬とチワワ・トイプードル・ポメラニアンのミックスの人気が高まっています。ミックス犬は、掛け合わせた犬種の特徴をあわせ持った外見をしています。

性格も柴犬の性格と掛け合わせた犬種の性格をそれぞれ受け継ぎます。ですので好奇心旺盛で愛嬌があり、飼い主さんに誠実な子が多いですよ。

柴犬の雑種やミックス犬についてはこちら

 

豆柴

豆柴は、小さめの柴犬を交配し繁殖させた個体のことをいいます。大きさ約30cm・体重約4~6kgと、小型の柴犬よりも一回り小さい犬種に分類されます。

柴犬の従順な性格はそのままに、体が小さいので日頃のケアが容易で飼いやすいのが大きな特徴です。豆柴は体の大きさが小さいほど値段が高くなる傾向があります。

豆柴と柴犬の違いについて詳しくはこちら

豆柴の大きさや病気について詳しくはこちら

 

柴犬におすすめのドッグフード・浄水器

極 kiwami

柴犬には、「極 kiwami」がおすすめです。

「極 kiwami」には、動物性タンパク質を豊富に含むほか、脂肪燃焼を助けるビタミンB1・B2などを多く含むアヒル肉が主原料として使用されているほか、比較的カロリーが高いので、活発な柴犬にピッタリのドッグフードです。

人工添加物や穀物も使用されていないので、安心して愛犬に与えることができますね。

柴犬におすすめの最高級ドッグフードはこちらの記事からも確認できます。

 

浄水器

ピュレスト

日本の水道水は、世界的に見ても安全なレベルを維持しています。

しかし、個人宅やマンション内に張り巡らされている水道管の中には法定耐用年数(40年)を超えているものも多く老朽化により、サビや細菌の混入がないとは言い切れません。また、人および犬などの動物に影響を与えない程度ではあるものの、消毒のための塩素の添加が義務付けられています。

3つのフィルターを備えることで高い浄化能力を実現したウォーターサーバー「ピュレスト」を活用して、水道水をより安全なものにしてみてはいかがでしょうか。

ピュレストは月額2,980円~の定額制・使い放題なので、ペットだけでなく飼い主さんの健康や美容にも役立てることができますよ。

 

柴犬は人気だからこそ、飼う際には正しい知識を身につけてくださいね

お手をする柴犬
柴犬は日本で人気が高く、最近は海外でも飼われることが増えてきています。ブリーダーの数も多いので、飼う前に最低限の知識を身につけ、本当に良い柴犬を見分けられるように準備をしておくと安心ですよ。

最近は体格の小ささを売りにした「豆柴」も販売されていますが、体格の小さな柴犬は健康面に問題があることもあります。

小柄な柴犬が気に入った場合は、しっかりと健康面の管理が行き届いているかを注意深く確認してくださいね。