アヒルは飼える?飼い方や寿命、販売場所や値段は?餌は?

アヒルは近年CMの影響を受け、ペットとしての注目度も高まっている動物です。今回の記事では、アヒルの飼育に必要なグッズ、寿命の目安、販売場所や値段といった飼い方のコツをご紹介します。

 

アヒルって飼えるの?ペットとしての魅力は?

アヒル_4羽
アヒルは環境を整えればペットとして飼育をすることができます。真っ白いふわふわの羽毛に、大きなおしりをフリフリさせて歩く姿がとても可愛らしく、飼い主を癒してくれるペットです。

アヒルはとても人懐っこく、喜怒哀楽もはっきりしています。感情が行動に現れる点も飼っていて楽しいポイントです。犬など他のペットとも比較的仲良くできる動物だといわれていますよ。

日本ではペットとしてアヒルを飼っている方は多くないので、ユニークな動物を飼いたい場合は特におすすめですよ。

 

アヒルの飼い方が知りたい!飼育に必要な環境と注意点は?

アヒル_散歩
アヒルは水鳥なので、水浴びをしては毛づくろいを繰り返します。そのためアヒルの飼育には、「水場」「日光浴ができる環境」が必須です。基本的な飼育環境は、庭に小屋を用意し、小屋の中に水場を作ってあげます。とくに池がある家はアヒルにとっては最高の環境なので、毎日水浴びをさせてあげてください。

室内飼いをする場合は、ゲージにわらを敷き、こまめにわらを取り替えて衛生管理をします。アヒルはキレイ好きですが、フンは水状でしつけはできないため、室内飼育の場合は多少なり臭いを我慢することが必要です。室内で飼う場合でも水浴びは必要なので、ベランダにたらいや小さな浴槽を準備して水浴びをさせた後、日光浴をさせてあげてくださいね。

 

アヒルの寿命はどれくらい?長生きのコツは?

アヒル_なつく
一般的にアヒルの寿命は10~20年といわれていますが、ペットとして飼育する場合は病気やストレスによって寿命が短くなってしまう傾向があります。飼う環境や与える餌によって、寿命は大きく変わってきますので、ストレスの少ない快適な環境を整えてあげてくださいね。

 

アヒルはどこで販売されているの?値段は?

アヒルは牧場やふれあいパークで購入することができます。値段は一羽につき500~1,000円程度です。また、場合によってはペットショップで販売されていることもあり、一羽につき2,000~4,000円程度の値段で購入することができますよ。

 

アヒルの餌は何をあげればいい?

アヒル_芝生
アヒルは雑食なので何でも食べてしまいますが、基本のフードは水鳥用ペレットや鶏のエサです。ペレットに加えて「キャベツ」「キュウリ」「水菜」「トマト」などの野菜を刻んで一緒に与えてあげてください。「米ぬか」「ハトムギ」「キビ」といった雑穀を飼料に混ぜることでさらに栄養バランスのよい食事になりますよ。

また、「ミミズ」「ドジョウ」「ダンゴムシ」なども好んで食べます。庭でアヒルを飼う場合、ミミズを庭の土から掘り起こして与える飼い主もいますよ。アヒルも慣れてくると、「ミミズを掘って!」と催促しに来たり、「ミミズ」という言葉を覚えて、「ミミズ」と話しかけると駆け寄って来て嬉しそうにミミズを食べてくれることもあるようです。

 

アヒルは日々の変化が楽しいペット

アヒル
アヒルは日々の喜怒哀楽が激しい上、発情期にはオスは攻撃的になり、メスは甘えん坊になるといった性格の変化があります。さらに、メスは成鳥になるとニワトリよりも一回り大きい卵を産みます。この卵は加熱すれば食べることもできる(!)ので、メスを飼育している飼い主の場合、一つの楽しみとして卵を食べる方もいるようです。

まだまだペットとしての歴史は浅く、謎も多いアヒルですが、好きな飼い主にはしっかりとなついて甘えてくるかわいらしい動物です。飼育環境を整えて飼うことができれば、犬や猫とは違うユニークな魅力に魅了されるかもしれませんね。