ナポリタンマスティフの性格、特徴、体重は?寿命や気をつけたい病気、飼育のポイントは?

ナポリタンマスティフはイタリア原産の闘犬です。「イタリアンマスティフ」ともよばれ、闘犬が禁止されてからは番犬や警察犬として活躍するだけでなく、ショードッグやペットなどとしても注目を集めています。

この記事ではナポリタンマスティフの性格、特徴、体重、寿命、気をつけたい病気、飼育のポイントについてまとめました。

 

ナポリタンマスティフの性格は?

ナポリタンマスティフ

性格

  • 優しくて飼い主さんに忠実
  • 勇敢だが防衛本能は強い
  • 初心者には飼いづらい

優しくて飼い主さんに忠実

ナポリタンマスティフはコワモテな外見をしていますが優しくて飼い主さんに忠実な性格をしていますよ。依存心があまり強くないのでマイペースな一面もありますが、リーダーと認めた飼い主さんのいうことは、忠実に守ろうとしてくれますよ。

小さなこどもがいる家庭でも安心して飼うことができます。マスティフ系の犬種は気が荒いとよくいわれますが、ナポリタンマスティフは比較的温厚な性格といえますよ。

 

勇敢だが防衛本能は強い

元闘犬の名残で、何者にも物怖じしない勇敢さと強い防衛本能を持ち合わせていますが、しつけで怒鳴り散らしたり挑発をしたりしないかぎり襲われることはまずありません。

 

初心者には飼いづらい

飼い主さんの命令がなくとも、自分でものごとを判断して動ける賢さをもっているので、適切な社会化教育を怠ると見知らぬものに対する過剰な警戒心を抱き、攻撃してしまう可能性があります。

大型犬を飼育したことがない方やしつけにあまり自信がない初心者の方にはおすすめできない犬種です。

 

ナポリタンマスティフの特徴は?体重は?

ナポリタンマスティフ
特徴たゆんだ皮膚、デューラップ
出産の特徴1度に多くの子犬を出産
体高60~75cm
体重50~70kg
被毛スムースコート
毛色フォーン、ブラック、グレー、ブラウン など多数

ナポリタンマスティフは体高60~75cm、体重50~70kgで大型犬に分類されます。全身の皮膚がたるんでおり、「デューラップ」とよばれる喉元(のどもと)のたるみが特徴的です。

「デューラップ」は、他の犬に噛みつかれたときの痛みを軽減するために進化を遂げたもので、闘犬の外見的特徴の1つとして有名です。幼犬期の皮膚はそれほどたゆんでいませんが、成長とともに現れるようです。

コワモテな見た目も特徴的ですよね。「イングリッシュブルドッグ」と、すでに絶滅した「イズクウィントリポゾトリ」と共に、「世界の三大恐怖犬種」ともよばれているほどです。

歩き方はゆっくりで、1歩ずつ踏みしめるような姿は「ライオン」や「クマ」によく似ています。

 

出産の特徴

一度に出産する子どもの数が多いのも特徴の1つです。イギリスのナポリタンマスティフが24匹の子どもを出産して、現在ギネス公認の記録に認定されています。

 

被毛の特徴は?

被毛はスムースコートで粗く硬い短毛が密生して生えています。カラーはフォーン、ブラック、グレー、ブラウンなどで、ブラックが飼い主に好まれる傾向がありますよ。

 

ナポリタンマスティフの寿命は?気をつけたい病気は?

ナポ病気

ナポリタンマスティフの寿命

  • 7~9年

気をつけたい病気

  • 股関節形成不全
  • 肥大性心筋症
  • チェリーアイ
  • 胃捻転・胃拡張

ナポリタンマスティフの寿命は7~9年で平均よりも少し短い傾向があります。気をつけたい病気は「股関節形成不全」「肥大性心筋症」「チェリーアイ」「胃捻転・胃拡張」などです。

「股関節形成不全」「チェリーアイ」「胃捻転・胃拡張」に関しては関連記事に原因や症状、治療法、予防法をまとめていますので、気になる方は確認してくださいね。

 

ナポリタンマスティフのしつけ方法は?

ナポリタンマスティフ 子犬

しつけのポイント

  • 「ダメなことはダメ」と根気強く教え続ける
  • ご褒美でおやつを与える

ナポリタンマスティフは飼い主さんに忠実な反面、独立心が強い犬種です。しつけをサボると独立心の強さから、勝手に行動を決めてそれを忠実に守ってしまうので、「人間を襲い続ける」犬にもなりかねません。「飼い主さんのいうことを優先して覚える」ということをまずしつけなければなりませんよ。

「ダメなことはダメ」と根気強く教え続けることが一番の近道です。きちんと守れたらおやつを与えるなど、ご褒美を用意することも効果的です。

あまり強く怒りすぎると凶暴な性格になる危険もあるため、あくまで褒めながら主従関係を構築してあげてください。難航してなかなかしつけを覚えてくれないこともあります。プロのしつけトレーナーに相談することも視野に入れておいてくださいね。

ご褒美用のおやつは与えすぎると逆効果なので、ここぞという時にだけ使用してくださいね。

 

ナポリタンマスティフの飼育のポイントは?散歩やしつけは?

ナポリタンマスティフ

飼育のポイント

  • ボディーチェックと皮膚ケア
  • よだれ

ボディーチェックと皮膚ケア

ナポリタンマスティフのデューラップには、外部からの痛みを緩和できる反面「汚れがたまりやすい」「ケガをしても気が付かない」という弱点があります。加えて、病気にかかっても痛みを我慢する犬種なので、ケガや病気の発見が遅れてしまいがちです。

普段からボディーチェックをして、目立った外傷がないか確認してあげることが大切ですよ。

また、皮膚のシワには汚れがたまりやすく悪臭や皮膚病の原因になります。週に1度のブラッシングに加えて、濡れタオルで拭いてあげることで皮膚をケアしてあげてください。

 

よだれ

よだれが多いことでも有名で、常にタオルや消臭剤などを用意しておく必要があります。よだれを止めることは不可能なので、多少部屋が汚れることは覚悟しなければいけません。口元にタオルをセットして置くとすぐに拭くことができて便利ですよ。

 

ナポリタンマスティフの散歩の頻度は?

ナポリタンマスティフ

散歩の頻度

  • 毎日2回60分程度

ナポリタンマスティフの大きな体を健康的に維持するために、散歩は毎日2回60分程度が必要です。激しい運動は関節を痛めてしまうので、無理に引き運動などをする必要はありませんよ。

 

心強い護衛犬としてぴったり

ナポリタンマスティフ

ナポリタンマスティフは飼い主に忠実な元闘犬として、海外では護衛犬として人気があります。家と主人を護らせたら右に出る犬はいないとまでいわれていますよ。

日本ではあまりみかけない犬種ですが、優しい性格をした番犬をパートナーにお探しの方におすすめできる犬種です。