犬の膵炎、原因と症状、治療法まとめ。手術費用や術後、食事は?予防できる?

膵臓(すいぞう)は唾液を出したり血糖値を上下させたりするホルモンを分泌する臓器です。膵炎とは、膵液が逆流し、膵臓を傷つけることによって起こる病気です。

膵液が逆流するのは、腫瘍や異物などで膵管が詰まったときや、激しい嘔吐が続いたときで、人間と同じように、犬も膵炎にかかることがあります。

今回は、膵炎の原因や症状、治療法、手術関連の情報や食事についてまとめました。中年齢のメス犬や肥満体の犬だと発症するリスクが高いので、愛犬にあてはまる場合は、日頃から気をつけてあげてくださいね。

 

犬の膵炎とは?

ミニチュアダックスフンド 犬 素材

犬の膵炎とは、膵臓が自ら作り出した膵液によって消化されることで炎症を起こす病気です。

急性の膵炎は強い腹痛を伴うため、犬が背中を丸めてお腹を抱えるような姿勢をしたり、後ろ足を立てたまま前足と胸を地面につけるような姿勢を取ることがあります。

 

膵臓の働き

膵臓は、胃の背中側にある臓器です。

血糖値を上下させるなどの働きを持つホルモンを分泌する内分泌機能と、消化酵素を分泌する外分泌機能を担っています。

 

犬の膵炎、症状は?

ミニチュアダックスフンド 犬 素材

犬の膵炎には、「急性膵炎」と「慢性膵炎」の2つがあります。

 

急性膵炎

主な症状は、「嘔吐」「下痢」「食欲不振」「激しい腹痛」などですが、重症になると「消化管出血」「黄疸」「発熱」などもみられるようになります。

重篤になると、多機能不全に陥り死に至ることもありますよ。

 

慢性膵炎

急性膵炎は突発的な激しい症状がみられることが特徴的ですが、慢性膵炎は「嘔吐」「下痢」「体重減少」「食欲不振」「脱水症状」などの、他の消化器系疾患とは区別しづらい症状がみられます。

悪化すると低体温や黄疸などの症状が出たり、炎症が起こることによってインシュリンの分泌ができなくなるので糖尿病を発症することもありますよ。

 

犬の膵炎、原因は?

shutterstock_242115454

主な原因は食事で、脂肪が多く含まれている食事は膵炎を引き起こしやすいとされています。高脂質の食べものを食べ続けると肥満になり、膵炎にかかるというパターンが多いようです。

また、体質的に膵炎になりやすい犬種もいます。ミニチュアプードル、ミニチュアシュナウザー、コッカースパニエルやヨークシャテリアなどは発症する可能性が高いといわれています。

抗がん剤や農薬などの薬剤、過去に去勢手術をしたことがあるかも発症に影響するといわれています。

 

犬の膵炎、治療法は?

ゴールデンレトリーバー_子犬_複数

治療法は症状や病院によって異なりますが、一般的には輸液療法を行いながら、嘔吐を抑える薬や鎮痛剤、抗生剤を投与します。

また、膵臓の酵素の活性化を抑えるため、タンパク分解酵素阻害剤の投与をしながら短期間の絶食やチューブによる低脂肪・低たんぱく食の栄養補給も併せて行います。治療は主に入院治療となり、期間は症状にもよりますが1週間前後を目安と考えてください。

 

犬の膵炎、手術費用は?

shutterstock_235820857

腫瘍による急性膵炎であれば手術が必要な場合もあります。手術費用は病院によって異なりますが、10〜15万円ほどの病院が多いようです。手術費用とは別に入院費用として1日6000円〜1万円ほどかかります。

膵炎にかかってからでは遅いですが、病気に備えてペット保険に入っておくと安心ですね。

 

犬の膵炎、術後は?

ビーグル 犬 素材

基本的に手術後は、検査の結果が問題なければすぐに退院できます。

膵炎にかかった犬は、食事を気をつける必要があり一定期間は薬を飲むことになりますよ。獣医の指示に従い、ケアをしてあげましょう。

手術後はいつもとうんちが違うこともあります。普段とは柔らかさや色が異なるうんちが数週間〜1ヶ月ほど続くようであれば、再度獣医に相談をしましょう。

 

犬の膵炎、食事は?

shutterstock_222858547

膵臓に負担をかけないよう、脂肪分の少ない栄養バランスの取れた食生活が基本となります。植物油、バター、動物性の脂など、脂肪分の多い食品の摂取量を最小限に抑えてください。

膵炎は糖尿病を引き起こす可能性もあるので、糖分の摂取量も注意が必要です。カボチャやトウモロコシ、果物、白米以外の炭水化物類を与えすぎないようにしましょう。

オススメの食材は、鶏肉やジャガイモ、低脂肪チーズ、キャベツ、ブロッコリー、適量の白米です。水分を多めにとらせたり、消化されやすいよう室温と同じくらいの温度で出してあげたりすることも重要ですよ。

急性膵炎の場合は獣医と相談し、数週間ほど脂肪分の少ない食事を与えましょう。慢性の場合はずっと脂肪分の少ない食事が必要で、併せてサプリなどでカルシウムも取らせてあげましょうね。

 

おすすめのドッグフードは?

犬心

犬心という国産のドッグフードがおすすめです。

膵炎の原因である「脂質量」が抑えられた低脂肪フードです。糖質の含有も少なく、膵炎の犬が併発しやすい「高脂血症」や「糖尿病」の発症を予防する効果も期待されていますよ。

いつでもキャンセル可能な定期コースでの購入がお買い得です。特別優遇価格のほか、食いつきチェック用の無料サンプルをもらうこともできます。

「膵炎専用」の療養食ともいえます。是非愛犬に試してみてくださいね。

内容量1kg
価格2,600円(税抜)
【お試しサンプル】
内容量
200g
【お試しサンプル】
価格
無料(※)

※.まとめ買い、もしくは定期コースをお申し込みいただいた方限定で、初回限定サンプル(200g)を無料でお試しいただけます。

犬心についてもっと詳しく知りたい方はこちら

 

膵炎になりやすい犬種は?

ミニチュアシュナウザー 

コッカー、ミニチュアシュナウザー、トイプードルなどの犬種は、遺伝的に膵炎を好発しやすい犬種だといわれています。

しかし、膵炎は高脂肪の食事や肥満などによっても発症するため、すべての犬種で注意が必要だといえます。

 

膵炎は予防できる?

犬 素材

膵炎は健康的な食生活で防ぐことのできる病気です。

おやつを与えすぎてしまったり、偏った食生活をさせたりすることで引き起こります。日頃から愛犬の健康状態に気をつけた食事を与えることで予防できるので、いまは健康でも注意をして食事をあげてくださいね。