子犬の病気!ケンネルコフ、低血糖症、寄生虫症の症状と原因、治療法まとめ

産まれてから何歳までが子犬かご存じですか?一般的に、生後1年未満の犬を子犬と呼びますが、人の年齢でいうと17歳です。今回は子犬の時にかかりやすい3つの病気「ケンネルコフ、低血糖症、寄生虫症」について、症状と原因、治療法をまとめました。子犬の時は何かと手がかかりますが、この期間にしっかりとケアすることで健康な成犬に成長しますよ。

 

子犬の病気『ケンネルコフ』症状と原因、治療法は?

IMG_0510

原因と感染経路

ケンネルコフとは、伝染性の呼吸器疾患の総称で、いわゆる風邪のような病気です。原因はウイルス感染で、ウイルスや細菌が病原体となり、単独あるいは混合感染してケンネルコフを引き起こします。感染力が強く、また飛沫感染するため、多頭飼いなどの集団生活をしている場合や散歩中によく感染します。子犬はもともと免疫力が弱く、ペットショップなどからお家に迎え入れるなどの大きな環境変化がストレスとなり発症することがあります。

 

症状

症状は苦しそうに吐くような咳が特徴です。こじらせると鼻水や目やにが出たり、元気がなくなる、食欲が低下します。肺炎を引き起こすこともあるので注意しましょう。

治療法

軽度の場合は自然に治ることもありますが、二次感染を予防するために抗生剤や免疫力を上げる薬、咳止め薬を服用させたり、ネブライザー(薬を霧状にする機械で、鼻や口から霧状の薬剤を吸入する方法)による薬剤吸入を行ったりしましょう。

 

子犬の病気『低血糖症』症状と原因、治療法は?

IMG_0542

原因と感染経路

低血糖症とは、血液中の糖分濃度が極端に低下する病気で、生後3か月頃までに多く発生します。原因は食事量不足で、消化器疾患を患った子犬や長時間食べ物を摂取できない場合、食が細く適切な食事量を摂取できない場合などに発症します。

 

症状

症状は、ぐったりしていて元気がない、けいれん発作、ふらつき、昏睡などの重い症状が現れます。脳は血液中の糖分をエネルギー源としているため、低血糖症になると脳に影響をおよぼすようになるのです。

 

治療法

糖分を摂取することで治療します。意識がしっかりしている場合にはブドウ糖液を口から与えますが、口からの投与が難しい場合には血液中に直接注射をします。また、病気が原因で食事をとることができず、低血糖症を引き起こしている場合には、その病気の治療も併せて行う必要があります。

 

子犬の病気『寄生虫症』症状と原因、治療法は?

IMG_0564

原因と感染経路

寄生虫症の代表的なものに、犬回虫、犬鉤虫(こうちゅう)、瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)、犬鞭虫があります。母犬の胎盤や乳汁を通して産まれる前に感染したり、寄生虫に感染した犬の糞尿を食べたり舐めたりすることで感染することがほとんどです。瓜実条虫に関してはノミを介して感染します。

 

症状

嘔吐や下痢、食欲不振、成長不良が主な症状です。血便になったり、嘔吐物や排せつ物から虫体が出てきたりすることもあります。

 

治療法

治療の前に検便を行い、どの寄生虫に感染しているかを確認します。治療は適切な駆虫薬を投与することです。通常複数回の駆虫が必要で、症状が出なくなっても完全に駆虫できたかどうか必ず検便で確認します。

 

犬の病気は子犬の時ほどしっかりとしたケアが必要

写真 4

子犬の時はまだ免疫力が低く、成犬と比べて病気にかかりやすく、治りにくいです。ワクチンなどの対策を施し、調子が悪くなったらすぐに動物病院に相談するなど、しっかりとケアをしましょう。