アルパカのいる牧場や動物園は?那須、八ヶ岳にある?

モコモコの毛におおわれた癒し系のルックスのアルパカ。つけまつ毛のような可愛らしいまつげに、潤ったつぶらな瞳で見つめられると思わずキュンとしてしまいますよね。

この記事では、関東圏でアルパカに会える牧場や動物園5か所をご紹介します。

 

アルパカに会える施設1. 「那須ビッグファーム」(栃木県)

アルパカ_1
施設名那須ビッグファーム
住所栃木県那須郡那須町大字大島1083
営業時間10:00~16:00
休館日木曜日(木曜日が祝祭日の場合は営業)、年末年始
利用料金アルパカとお散歩(500円/10分)、ふれあい広場(300円/10分)

「アルパカ牧場 那須ビッグファーム」は1999年に、日本で初めてアルパカの飼育をはじめた牧場です。敷地は11万平方メートルで約400頭ものアルパカを飼育しています。

アンデス地方の高地に住んでいたアルパカには、那須高原の気候は過ごしやすいようで、これだけの頭数を健康的な状態で飼育している施設は日本唯一です。

 

サービス内容

子どものアルパカと一緒にお散歩や記念撮影ができる「アルパカとお散歩」や、エリア内で自由にアルパカと触れ合ったり餌をあげたりすることができる「ふれあい広場」が人気のサービスです。

また、季節によってアルパカの異なる魅力が楽しめるのもおすすめポイントです。HPに掲載されている年間スケジュールを参考にしてみてくださいね。毛がモフモフのアルパカに会いたければ、毛を刈り取る前の6〜8月がおすすめですよ。

公式サイトへ

 

アルパカに会える施設2. 「那須どうぶつ王国」(栃木県)

アルパカ_5
施設名那須どうぶつ王国
住所栃木県那須郡那須町大島1042-1
営業時間【通常】平日10:00~16:30、土日祝9:00~17:00 【冬季】10:00~16:00
休館日水曜日(春休み・GW・夏休み・祝日は営業)
利用料金王国パスポート大人(中学生以上)2000円、こども(3歳〜小学生)1,000円

東京ドーム10個分の敷地面積を誇る「那須どうぶつ王国」は、栃木県那須郡にあるテーマパーク型の動物園です。園内は大きくふたつのエリアに分かれており、そのうちのひとつ「王国ファームエリア」にアルパカの丘があります。

 

サービス内容

「ふれあいタイム」「エサやり体験」「記念撮影」が楽しめます。ふれあいタイムにはアルパカの柵に入って直接ふれあうことができますよ。

また、アルパカの丘の前にあるレストラン「BOCCA」では、アルパカの形にご飯を盛った「アルパカカレー」を販売し大人気です。お立ち寄りの際にはぜひ食べてみてくださいね。

公式サイトへ

 

アルパカに会える施設3. 「八ヶ岳アルパカ牧場」(長野県)

アルパカ_4
施設名八ヶ岳アルパカ牧場
住所長野県諏訪郡富士見町立沢5613
営業時間10:00~16:00
休館日火曜日、3・4・6・10・11月は木曜日も(8月は無休)
利用料金下記参照

標高1000メートルでアルプスの山々を臨める「八ヶ岳アルパカ牧場」は広大な自然に囲まれた施設です。現在、16頭のアルパカを飼育しています。

 

サービス内容

アルパカとのお散歩やエサやり体験をはじめ、アルパカショー、スタンプラリー、輪投げなどサービスが充実しています。また、移動ふれあい広場という、アルパカをレンタルすることができるサービスもあります。

学校での授業や、街のお祭り、クリスマス、結婚式などイベントにアルパカが出向いてくれます。気になる方は公式サイトにアクセスしてみてくださいね。

料金は「お散歩」が1000円/15分、アルパカショーは無料、ふれあいコーナーは大人300円で小学生以下200円です。

公式サイトへ

 

アルパカに会える施設4. 「マザー牧場」(千葉県)

shutterstock_211839118 (1)
施設名マザー牧場
住所千葉県富津市田倉940−3
営業時間(2-11月)平日9:30~16:30、土日祝9:00~17:00
 営業時間(12-1月)平日10:00~16:00、土日祝9:30~16:00
休館日2016/12/5~9、2017/1/10~13、17~19
利用料金大人(中学生以上)2400円、小人(4歳~小学6年生)1,300円

マザー牧場は東京から車で約70分ほどの、千葉県房総半島にあります。250ヘクタールの広大な敷地には「花と緑と動物、そして人間とのふれあい」をテーマにたくさんお動物たちが飼育されています。

 

サービス内容

「マザーファームツアー」という体験ツアーに参加するとアルパカに会うことができます。トラクタートレインという乗り物で敷地をめぐりながら、ガイドさんが色んな動物の特徴を説明してくれます。

ふれあいタイムに参加すると、アルパカの餌やり体験をすることができます。

公式サイトへ

 

アルパカに会える施設5. 「東武動物公園」(埼玉県)

アルパカ_2
施設名東武動物公園
住所埼玉県南埼玉郡宮代町須賀110
営業時間9:30~17:30(日によって異なるため要確認)
休館日6月月曜日、12~2月の月・火曜日、大晦日、元旦
利用料金(ワンデーパス)大人4800円、こども3700円

東武動物公園は、動物園と遊園地が融合した総合レジャー施設です。1日中楽しめるほど施設が充実していますよ。130種もの動物がいて、園内でイベントも盛んに開催されています。

 

サービス内容

アルパカは動物園内の「アルパカファーム」にいて、日曜・祝日には13時から「ふれあい動物パレード」が開催されます。園内を様々な動物たちが行進します。

東武動物公園では、2016年1月4日にアルパカの赤ちゃんが生まれたばかりです。「ぱかまる」と名付けられ、ふれあい動物パレードに参加するために現在練習中のようです。

公式サイトへ

 

営業時間に気をつけて訪れよう

アルパカ

もともと日本にアルパカは生息しておらず、四季の変化に弱い動物です。そのため冬の寒さが厳しい冬季は営業を休んでいたり、営業時間を短縮したりとアルパカに会わせて休館日を設ける施設が多いです。

事前に訪れる日の営業時間を確認しておいてくださいね。可愛いアルパカとふれあって、存分に癒やされてくださいね。