人気な短足猫!マンチカンの性格や特徴は?かかりやすい病気は?

猫界のダックスフンドともいわれ、短い足でちょこちょこと歩く姿が愛らしいマンチカン。今回はマンチカンの魅力や性格、特徴、かかりやすい病気についてまとめました。

 

マンチカンの性格は?

shutterstock_173546786

 

マンチカンの性格

  • 社交的
  • 好奇心旺盛

マンチカンはとても優しい性格の猫で、初めて猫を飼う人にとっても扱いやすい猫種です。好奇心旺盛で、家じゅう歩き回ります。飼い主に対してよく慣れて甘えてきますので、猫と遊ぶのが好きな人にはたまらない猫種といえますね。

マンチカンという猫種の起源は諸説がありますが、その本格的な繁殖が始まったのは、1983年にアメリカのルイジアナ州で突然変異の短足猫が発見されてからのことです。後ろ足の短さから跳躍力が限られるものの、好奇心旺盛で、普通の猫のように跳躍も木登りもします。足の短さにもかかわらず、その活発な動きのギャップに可愛さを覚える飼い主の方も多いでしょう。

活発で動き回る姿が可愛い一方、お留守番の間にいたずらをしてしまうことがあるかもしれません。甘えん坊な性格の一方で、少々臆病な一面もあるため、いたずらをしてしまった時のしつけは強すぎることのないように注意が必要です。恐怖心を抱かせないように穏やかなしつけを心がけてくださいね。

マンチカンは社交性が高く甘え上手で、人懐っこい性格の持ち主であることから、初めて猫を飼うという人にも扱いやすい猫種であるといわれています。足が短い割に長いその尻尾をふりながら飼い主に近寄って甘えてくる動作はかわいらしく、その愛くるしさに癒されてしまいますよ。

 

マンチカンの特徴は?

shutterstock_150890783

「胴長短足」が特徴です。歩くときはちょこまかとして見ていて可愛らしい歩き方をします。足の長さは、背中から床までが15cm程です。短足でありながらジャンプは得意なので、キャットタワーでもよく遊びます。くるみ型の瞳は少し上がり気味の目尻で、色が鮮やかで深みがあります。マンチカンには長毛種もおり、マンチカン・ロングヘアーと呼ばれていますよ。

 

マンチカンがかかりやすい病気は?

マンチカン1
マンチカンは、肥満になるとヘルニアを起こす可能性は他の描種より高いです。 体のつくりが犬のダックスフントと近く、構造上背骨に負担がかかりやすいのが理由です。日ごろから健康的な食生活と適度な運動ができるよう、飼い主が注意してくださいね。遺伝的にはかかりやすい病気はありません。

 

マンチカンのお手入れは?

shutterstock_146382047

短毛種のマンチカンは、毛のお手入れをしなくても自分でグルーミングができるので問題ありません。ただ、スキンシップのためにも週に何度かはブラッシングをすることをおすすめします。

長毛種のマンチカンは毛がもつれやすいので、毎日のブラッシングとコーミングが必要です。特に3月、11月に始まる換毛期には念入りにブラッシングしてあげてくださいね。

 

マンチカンの起源、歴史は?

マンチカン2

マンチカンの正確な起源は明確になっていません。1980年代にアメリカで突然変異によって生まれたとされていますが、1944年にイギリスの獣医によって発見されたとの記録も残っています。本格的な繁殖が始まったのは1983年以降です。その後1995年になってようやく新描種として認定されました。

マンチカンの一番の魅力は胴長短足の見た目ですが、様々な色、長さの被毛を持つ個体が販売されています。飼い主さんの好みの素敵なマンチカンと出会えると良いですね。