人気な短足猫!マンチカンの性格や特徴は?かかりやすい病気は?

短い手足がキュートなマンチカンは、他の猫にない魅力にあふれていますね。人気の猫ランキングでもつねに上位に入っていますよ。

この記事では、マンチカンの性格や特徴、かかりやすい病気やお手入れ方法、歴史についてまとめました。

マンチカンの性格は?

shutterstock_319216814

マンチカンは好奇心旺盛な性格です。社交性もあるので、他の猫と多頭飼育が可能ですよ。

甘えん坊で人間に慣れやすく、賢いのでしつけもしやすいですね。オスのほうが甘えん坊な子が多いですよ。明るい性格のマンチカンですが、大きな声や物音には敏感で、怖がってしまいます。

 

マンチカンの特徴は?

shutterstock_91707344

猫界のダックスフントと呼ばれるほどの「胴長短足」は、マンチカン最大の特徴です。その他の特徴も説明しますね。

マンチカンの平均体重

オスの体重は約4kgで、メスの体は約3kgです。

 

マンチカンの平均寿命

平均寿命は11~13年ほどで、他の猫種と比べてやや短めです。なかには15年以上も長生きする子もいますよ。

 

生活環境

手足は短くても活発に動きますよ。運動は必要なので、低めのキャットタワーやおもちゃを用意してあげてくださいね。

 

身体的特徴

立ち姿を見ると、手足の短さが目立つマンチカンですが、手足の短さは突然変異のもので、障害などではありません。マンチカンにとって不便なことではありませんよ。

 

マンチカンは運動神経抜群!

後足が短いのでジャンプ力には限りがありますが、意外にもマンチカンはジャンプが得意です。好奇心旺盛な性格と相まって、部屋の中を元気に走り回りますよ。

 

マンチカンの4つのタイプ

マンチカン ネコ

マンチカンにはスタンダードを含めて4つのタイプが存在します。

純血種

突然変異で発見された純血種は、短い手足と、体長よりやや短めのシッポが特徴です。小型のセミコビーですね。さまざまな猫と交配されてきた歴史があるため、外見や毛色も多種多様ですよ。

 

メヌエット

ミヌエットとも呼ばれるメヌエットは、マンチカンに「ヒマラヤン」「ペルシャ猫」「エキゾチックショートヘア」などをかけあわせて作られました。警戒心が薄く、甘えん坊で人なつこい性格ですね。ゴージャスな被毛が魅力的ですよ。

 

キンカロー

キンカローは、マンチカンに「アメリカンカール」をかけあわせて作られました。名前の由来は、キンキー(縮れた)とローレッグス(短足)という単語からですよ。カールした耳が愛らしいですね。性格は陽気で遊び好きですよ。

 

スクークム

スクークムは、マンチカンに「ラパーム」をかけあわせて作られました。ラパームから受け継いだカーリーヘアーが特徴ですね。ヒゲやまゆ毛もカールしてますよ。愛情深く、社交的な性格です。

 

マンチカンの種類

マンチカン
マンチカンは作られる過程の中でさまざまな種類の猫と交配してきました。手足が短いこと以外は、バリエーションが豊富といえますね。

足の長さ

足の長い順に、スタンダード・スーパーショート・ラグハガーの3タイプがあります。

 

被毛の長さ

短毛種と長毛種です。

 

毛色(カラー)

全ての毛色が認められます。

 

瞳の色

被毛の色に準じます。

 

マンチカンに長足や中足もいて短足も合わせて3タイプ

shutterstock_352176329

マンチカンの足の長さは3タイプありますが、足の長さで運動能力が劣ることはありませんよ。

スタンダード(短足)

スタンダードは3タイプの中で一番長い足で、成猫で10㎝ほどの長さになります。

 

スーパーショート(中足)

スーパーショートはスタンダードとラグハガーの中間の足の長さになりますよ。

 

ラグハガー(足長)

ラグハガーは3タイプの中で最も短い足になりますよ。敷物(ラグ)にお腹がつくほど(ハグするほど)の足の短さですね。

 

被毛の特徴

マンチカン
マンチカンには長毛種と短毛種の2タイプがあります。長毛種の被毛は密度が高く、シルクのような艶がありますね。短毛種の被毛も密度が高く、短毛種にしてはやや長めとなっています。

マンチカンはオーバーコートとアンダーコートで覆われた、ダブルコートです。

 

カラーも豊富

マンチカン

マンチカンのカラーは、レッド系・クリーム系・キャリコ・シルバー・カメオ・ブラック・トーティー・ダイリュート キャリコ・ホワイト・ブルー・ブラインマッカレルタビーなどさまざまです。

レッド系は明るい茶色で、キャリコは三毛、シルバーは明るい灰色ですね。ダイリュートやタビーなどは複雑なパターンを表していますよ。

 

なんでこんなに種類が多いのか?

マンチカン

マンチカンは1983年にアメリカで発見されて以降、手足を短くすることを目的に、さまざまな猫種と交配されて作られました。手足の短さ以外には、かけあわせた猫種の特徴が出てきますよ。

「ジェネッタ」という種類のマンチカンは、ベンガルとかけあわせたので、ベンガルの模様を持つ手足の短い猫になっていますね。

 

マンチカンがかかりやすい病気は?

Cute little red kitten sleeps on fur white blanket

マンチカンはさまざまな猫種とかけあわせているので、遺伝的にかかりやすい病気はありませんよ。ただ、手足の短い体の構造上、肥満になるとヘルニアにかかりやすいですね。肥満は糖尿病の原因にもなるので注意が必要です。マンチカンがかかりやすい病気の詳細はこちらです。

 

マンチカンのお手入れは?

shutterstock_458935141

長毛種は1日2回・短毛種は1日1回、ブラッシングとコーミングを行います。目の粗いブラシでブラッシングをして皮膚に刺激を与えて血行を良くします。

次に、くし(コーム)を使って被毛を整えます。被毛の手入れをしないと、猫自身が毛づくろいをして大量の毛を飲みこんでしまい、胃の中で大量にからまり「毛球症」になってしまいますよ。

 

マンチカンの起源、歴史は?

shutterstock_503116633 (2)

マンチカンの歴史は1983年にアメリカで発見された足の短い猫がルーツとされます。それ以前にも足の短い猫の報告はありましたが、なかなか種として定着しませんでしたよ。

アメリカで発見された猫から産まれた子猫をかけあわせて、育種(新しい猫種を作ること)が始まりました。1991年にキャットショーで初めてお披露目されると、多くの人から注目を集めましたよ。

人気のマンチカン!!

shutterstock_116218768

マンチカンが猫の人気ランキングで上位に位置する理由は、手足の短いキュートな外見でありながら、純血種にありがちな遺伝的な欠陥がなく、性格も明るいため、初心者でも飼いやすいからです。

被毛の色や模様のバリエーションも豊富で魅力的です。猫種としてはまだ歴史が浅いので、これから先どのように定着するのか、変化するのかが楽しみでもありますね。