メインクーンの性格は?体重、大きさなどの特徴、病気や寿命は?

メインクーンは別名「穏やかな巨人」とも呼ばれ、ペットとして飼われる猫の中で最も大きくなる猫種のひとつです。子猫のときは他の子猫と変わらぬ大きさですし、ふさふさの毛がとってもかわいいので、どれだけ大きくなるのか想像できないですよね。

この記事ではメインクーンの性格や体重、大きさ、特徴、病気、寿命についてご紹介します。

 

メインクーンの性格は?

メインクーン 

メインクーンの性格

  • 温和で優しい
  • 飼い主さんに忠実
  • オスは甘えたがり
  • メスは独立心が強い

温和で優しい

メインクーンは温和で優しい性格で人によくなつきます。猫は「飼い主を飼うペット」ともいわれるほど気まぐれな性格の持ち主ですが、メインクーンは特に賢い猫種なので人と「対等」の関係だと考えて飼育するくらいがちょうど良いといわれています。

 

飼い主さんに忠実

学習能力も高く、飼い主に忠実なのでしつけやすい猫種です。環境適応能力や協調性も優れているので小さな子どもや犬とも簡単に仲良くなることができますよ。

 

オスは甘えたがり、メスは独立心が強い

人と過ごすのが好きで、飼い主と共に行動することを好みますので、寂しがり屋の飼い主の方にぴったりの猫種といえますね。オスは甘えん坊で、メスは独立心が旺盛な傾向にあります。

 

メインクーンの大きさや体重は?

shutterstock_382976344
体長100cm
オスの体重6~8kg
メスの体重4~6kg

「穏やかな巨人」という別名のとおり、成猫になると驚くほど大きく育ちます。メインクーンの大きさは体長100cmほどで、オスの体重は6~8kg、メスの体重は4~6kgです。

体型は「ロング&サブスタンシャルタイプ」とよばれ、体つきは骨が太く筋肉質でがっしりとしています。ボディが長く、胸もとがひろく、筋肉や骨格がしっかりしているのが特徴です。目はたまご型、耳の先端は尖っていてタフトがあります。

脚は体型にあわせてやや太めでしっぽの付け根が幅広いのも特徴的です。メインクーンは通常の猫よりも成長がおそく、1歳を超えてもまだまだ大きくなりますよ。中には体重が10kgまで成長するメインクーンもいます。

 

メインクーンの見た目の特徴は?

メインクーン_20160712_4

メインクーンの見た目の特徴

  • 分厚く耐水性がある被毛
  • 首・腹・尾周りの飾り毛
  • ブラック、ホワイト、レッド、ブルー、クリームの毛色

メインクーンは頭の形が幅広で、丸みを帯びたくさび形をしています。冬の寒さが厳しい北アメリカにルーツを持つため、分厚く耐水性のある被毛を持ちます。首周りと腹部には、特に長くてフサフサの被毛が生えています。

しっぽにも長い毛が生えていて、たぬきのような形をしています。長さは猫の中で最長で、40cmを越えるメインクーンもいます。

被毛カラーは「ブラック」「ホワイト」「レッド」「ブルー」「クリーム」で、パターンは「ソリッド」「タビ−」「シルバー&ゴールデン」「スモーク&シェーディッド」「パーティーカラー」「キャリコ&バイカラー」「タビー&ホワイト」が認められています。

眼の色は毛色に準じて「ブルー」「グリーン」「ゴールド」「カッパー」「オッドアイ」が認められていますよ。

 

とにかくでかいメインクーン、ギネス記録は?

メインクーン ギネス 2017 出典:http://www.dailypost.co.uk

最新2017年度のギネス記録「世界最長の猫」

名前ルド君
体長118.33cm

メインクーンは世界一大きな猫です。最新2017年度のギネス世界記録によると、「世界最長の猫」はイギリス在住ケルシー・ギルさんの飼い猫ルド君です。全長は118.33cmもあり、小学校2年生の男の子の身長とほとんど変わりませんよ。

 

世界最大の猫

最新情報ではありませんが、猫の大きさのギネス記録はアメリカに住む「Mymains Stewart Gilligan」という名前のメインクーンです。2010年8月に計測されたときは、体長が123cm体重が15.8kgもありました。

猫とはいえ、大型のメインクーンともなると片手では抱えきれないほどの大きさまで成長するのです。

 

メインクーンの寿命、かかりやすい病気は?

メインクーン3
平均寿命14年前後
病気肥大性心筋症、脊髄生筋萎縮症、多発性のう胞腎

メインクーンの寿命は14年前後です。猫の寿命は大体10~15年ですから、比較的長生きする猫種といえますね。注意したい病気は「肥大性心筋症」「脊髄性筋萎縮症」「多発性のう胞腎」があります。

 

肥大性心筋症

メインクーン アイ

心臓病のひとつで、特に中年以降の年代とオスのメインクーンに発症しやすいといわれています。発症すると心不全や後ろ足の麻痺が起き、最悪の場合は突然死につながることもある恐ろしい病気です。

 

脊髄性筋萎縮症、多発性のう胞腎

メインクーン_20160712_1

遺伝的にかかりやすい病気として「脊髄性筋萎縮症」と「多発性のう胞腎」があります。

「脊髄性筋萎縮症」は脊髄の神経が消失してしまう病気で、生後3~4ヶ月で発症します。発症すると短命になりがちです。現在有効な治療法は見つかっていません。腎臓病のひとつである「多発性のう胞腎」も、残念ながら現状治すことができない病気です。

どちらも遺伝子検査で発見することができるので、気になる方は飼う前の検査でリスクの有無を知ることができます。心構えができていると過ごし方も変わりますよね。

 

メインクーンの値段は?

shutterstock_92570278

メインクーンの値段

  • ブリーダー:8~12万円
  • ペットショップ:10~15万円

メインクーンの値段は純血種の猫の中でも比較的お手頃です。ブリーダーから直接購入でおよそ10万円前後、ペットショップで購入する際は10~15万円ほどです。

由緒正しい血統だったり理想的な姿形とされているブリードタイプだったりすると、20~25万円ほどの価格がつくこともあります。

 

メインクーンの歴史は?

メインクーン

メインクーンはアメリカで最も古い猫種とされています。祖先はアメリカで産まれ、1600年代頃からネズミ捕りをするワーキングキャットとして飼われていたといわれています。

起源はヨーロッパからやってきた長毛の猫と、アメリカにもともといた短毛の猫が交配して産まれたという説があります。1860年頃にはじめてメインクーンとしてキャットショーでお披露目されましたが、当時は今程の人気はありませんでした。

約100年後の1950年代にメインクーン協会が設置され、CFAに猫種として認定されるのは1985年のことです。

 

メインクーンは大食いで運動も必要

メインクーン6

メインクーンは、人間で例えると小学生ほどの大きさになることもある大型の猫種です。運動量が豊富だったり、大食いだったりするので手間や食費が他の猫よりかかると思っていたほうが現実的です。

メインクーンは、ぬいぐるみのようにもふもふできる大きな猫を飼いたい人におすすめですよ。

 

メインクーンは大きさと穏やかな性格が魅力

shutterstock_383060764

安心感を与えてくれる大きさと穏やかな性格が魅力のメインクーン。大きく育つので飼育環境が窮屈にならないよう十分なスペースを用意し、ストレスの少ない環境で飼って、長生きさせてあげてくださいね。性格的にも飼いやすいので、おすすめの猫種です。