犬の子宮蓄膿症、原因と症状、治療法まとめ。手術費用や術後は?

メス犬がかかりやすい病気の一つである子宮蓄膿症は、避妊手術をしていない中高齢のメス犬によくみられます。細菌感染が原因で、子宮に膿が溜まってしまう病気なのですが、放っておくと死に至ることもある恐ろしい病気です。

 

 

犬の子宮蓄膿症、原因は?

子犬病気3

大腸菌などの細菌が子宮に侵入することで炎症を引き起こし、子宮内に膿が溜まってしまう病気です。免疫力が低下している高齢犬や発情期後の黄体期によくみられます。黄体期には黄体ホルモンという妊娠を持続させるホルモンが出ることから、精子が逃げないよう子宮の入り口である子宮頸管を閉鎖します。そのため、黄体期に細菌が子宮内へ侵入してしまうと子宮の外に出られなくなり、閉じ込められた細菌が異常増殖し、子宮蓄膿症を引き起こします。また、この時期は受精のために精子を受け入れようと免疫機能が低下していることも、子宮蓄膿症を引き起こしやすい原因の一つです。

 

犬の子宮蓄膿症、症状は?

子宮蓄膿症にかかると、元気がなくなる、食欲の低下、発熱、嘔吐、下痢、たくさん水を飲みたくさんおしっこをする、陰部から膿がでるなどの症状がみられます。放っておくと子宮が破裂して腹膜炎を引き起こすだけでなく、細菌から出される毒素によって腎不全や敗血症性ショック、播種性血管内凝固症候群(DIC)などにより命を落とすこともあります。陰部から膿が出ない場合、子宮に膿がたまり、パンパンになりお腹が膨らんでくる「閉鎖性子宮蓄膿症」になる可能性もあります。この場合は病気に気づきにくく、重症化してから見つかることも多くあります。

 

犬の子宮蓄膿症、治療法は手術?

犬病気

子宮蓄膿症であるかどうかは、レントゲン検査とエコー検査で膨張した子宮を確認することで判断します。合わせて血液検査も行い、感染で数値が高くなる白血球数や腎臓の数値などをみて全身の状態を確認します。子宮蓄膿症であった場合、一刻も早く手術で膿の溜まった子宮と卵巣を摘出する必要があります。

術中や術後に合併症を引き起こすこともありますので信頼できる動物病院に相談しましょう。手術をせず、内科療法を行うこともできますが、完全に治療することは難しく再発する危険性が高いため、外科手術が選択されることが多いようです。手術の場合、

 

犬の子宮蓄膿症、手術費用は?

病院によって大きく差はありますが、手術費用は50,000円~100,000円かかり、高い病院だと200,000円を超えることもあります。その他に、麻酔料が別途1万円~2万円かかる場合もありますし、入院費が5,000~10,000円/日ほどかかります。また、検査費用として、血液検査が約10,000円、X線検査が約5,000円、エコー検査が約5,000円など、内容によって、追加でかかってくるため、総額としては100,000円を超えると考えておきましょう。

 

犬の子宮蓄膿症、術後は?危険な症状は?

術後7日~10日ほどは、食欲がない、出血がある、震える、傷口を舐める、散歩を嫌がる、などが見られることもあります。熱がある、全く歩かない、呼吸がはやい、2週間経過しても同じ状態のまま、などの症状があれば、獣医さんに相談しましょう。

 

犬の子宮蓄膿症、予防法は?

避妊手術(卵巣子宮摘出術)を行えば予防することができます。子どもを産ませる可能性がない場合、早めに避妊手術を行いましょう。避妊手術をする場合は、生後3ヶ月〜4ヶ月頃が最適な時期とされています。

 

メス犬を飼う際はまず避妊手術をするかどうかを判断しましょう

shutterstock_175100951

子宮蓄膿症は、10歳までにかかる率が2~3割ほどあり、重症化すると死に至る怖い病気ですが、避妊手術で予防することもできます。メス犬を飼う際はまず、避妊手術をするかどうかの判断をしましょう。また、発症しても、早めに手術や治療をすれば助かるので、少しでもおかしいと思う症状が見られたときはすぐに動物病院を受診してくださいね。