トイプードルの子犬が飼いたい!性格は?健康で飼いやすい子犬の選び方

かわいくてフレンドリーな性格なトイプードルは飼いやすく、人気のある犬種のひとつです。今回の記事では、健康で飼いやすいトイプードルの子犬を選ぶためのチェックポイントをご紹介します。

健康なトイプードルの子犬、どう見極める?

トイプードル
トイプードルの子犬はどの子も愛くるしいので、インスピレーションで選ぶ飼い主の方も多いようです。長く付き合う家族を迎えることになるので、健康状態が良い子犬を選ぶことが大切になります。トイプードルの子犬を選ぶとき、まずトイプードルの目を見てみてください。目に輝きがあるか、動くものを目で追っているかをチェックします。きれいなアーモンド形の目はトイプードルの理想形といわれていますよ。次に耳や口、体から悪臭がしないか、汚れていないかを確認してみてください。本来トイプードルは臭いの少ない犬種なので、体臭がする場合は何らかの菌が付いている可能性があります。最後に抱っこして重さを確かめます。見た目より軽い場合は、骨格や筋肉に問題があるケースもあるからです。触ってみて細すぎたり太りすぎたりしていないか、あわせて確かめてみてくださいね。

 

トイプードルの子犬、性格はどうチェックする?

トイプードル_あくび
トイプードルと家族として長く付き合っていくには、元気いっぱいで、人との触れ合いが好きな子犬を選ぶのをおすすめします。抱っこしたり触ったりしたとき、嫌がって逃げようとしないかを確認してみてください。遠くから手を叩いたり声をかけたりしたとき、反応するかも重要なポイントです。最初は緊張していて反応が悪くても、しばらくそばにいて慣れてくると反応してくれることもあるので、時間をかけて性格を見極めてくださいね。子犬の性格を見る上で、トイプードル同士がじゃれている様子や兄弟犬と遊んでいる様子を見学させてもらえるとより安心です。ブリーダーから迎える際には、積極的にお願いしてみることをおすすめします。

 

トイプードルの子犬の選び方、親や兄弟の情報も聞いておこう

トイプードル_兄弟
トイプードルの子犬を選ぶときは、親犬や兄弟犬の情報を聞いたり、実際に見学したりすることをおすすめします。親犬や兄弟犬がどれくらいの大きさに育ったのか、病気はなかったか、どんな性格なのかを知ることができれば、将来の姿が予想しやすくなるからです。「小さいトイプードルが欲しかったのに、大きくなってしまって困った」という声を聞くこともあります。親や兄弟の情報を聞いておくと、予測と違った育ち方をするリスクを最小限に抑えることができますよ。

 

健康で、迎える家族の雰囲気と合う性格か

トイプードル (2)
トイプードルを飼うとき、健康な子犬を探す手間は惜しまないでください。飼った後の育てやすさや病院にかかる回数、寿命などあらゆる面において健康であることは大きなポイントです。性格は飼い主さんの性格、家族の雰囲気と合うかを重視してください。長い期間、愛情をもってお世話ができるトイプードルと出会い、愛犬との生活を楽しんでくださいね。