シマリスをペットとして飼いたい!価格の目安は?購入時、飼育時の注意点は?

つぶらな目とフサフサの尻尾が特徴のシマリス。とても愛らしい姿に魅了され、ペットとして飼いたいと思う方もいるのではないでしょうか。しかし、飼っている方が少ないため、いざ飼うと決めてもさまざまな不安が出てきますよね。

この記事では、シマリスの価格や購入時と飼育時の注意点をまとめました。

 

 

シマリスの価格は?

シマリス (2)

シマリスの価格相場は5,000〜10,000円程度です。小型の動物は、犬や猫の純血種に比べて手頃な価格で入手できますよ。小型の人気ペットであるハムスターやモルモットは2,000~3,000円前後、ミニウサギは4,000円~6,000円前後が相場です。全身が白いホワイトシマリスは例外で、希少性が高いため4〜6万円が価格の目安になります。

シマリスは大人のリスよりも、生後間もない子リスの方が割高の価格となりますが、ペットとして迎え入れるには生後2〜3か月の子リスの方がおすすめですよ。

 

シマリスを購入するときの注意点は?

シマリス

シマリスを購入する際は、シマリス専門のブリーダーか、ペットショップで買うのがおすすめです。子リスを直接見て、触って確認できるからです。

健康な個体を見極めるポイントは「毛並が良く、つやつやしているか」「しっかりエサを食べているか」「痩せすぎていないか」「目や肛門付近に汚れが無いか」の4つです。通販でも購入できますが、子リスを直接見ることはできません。また、配送中は気温の調整ができないので、到着したころには弱っていることもあります。通販は極力しないほうが良いですね。

 

シマリスを飼育するときの注意点は?

シマリス (3)

シマリスをペットとして飼育するときの注意するポイントをまとめました。犬や猫に比べてペットとして飼われていることは少ないため、わからないことも多くありますよね。

 

シマリスは大人の方が飼いやすい?子供のほうが良い?

シマリスは成長してからしつけをするのが難しく、人にもなつきにくい動物です。子リスの方が割高ですが、大人のリスに比べてしつけがしやすく、飼い主になつく可能性が高いです。子リスの方がおすすめですよ。

 

子リスは体温調節が苦手

子リスは体温調節がうまく出来ないので、飼育環境の温度を適切に管理してあげる必要があります。リスにとって過ごしやすい気温は25℃前後です。最初のうちはケージではなく、熱が逃げにくいプラケースに巣材を敷き詰めて、ペットヒーターで保温するのが良いですよ。
子リスが出回り始めるのは春先です。夜間は10℃を下回ることもある時期なので、特に注意して飼育する必要があります。生後半年を過ぎたあたりで体温調節もできるようになってくるので、ケージ飼育に切り替えてくださいね。

 

シマリスは一人暮らしでも飼いやすいペット

ペットとして飼っている方が少ないシマリスですが、以外にも飼育本は豊富に販売されています。鳴き声もなく、省スペースで飼育できるシマリスは、ワンルームの一人暮らしでも飼いやすいペットですよ。興味のある方は、ぜひペットショップに足を運んでみてくださいね。