アメリカンワイヤーヘアの性格、体重や色の特徴は?価格や歴史は?

アメリカンワイヤーヘアは「アメリカンショートヘアー」の突然変異により産まれた猫種です。縮れ毛で覆われた独特のワイヤーヘアから、希少な猫類のひとつです。

この記事ではアメリカンワイヤーヘアの歴史、性格や特徴、色や体重、価格などについて紹介します。

 

アメリカンワイヤーヘアの性格は?

アメリカンショートヘア

アメリカンワイアーヘアの性格

  • 人懐っこい、順応性が高い
  • 猫らしい自立心とワガママさ
  • 警戒心が強い

アメリカンワイヤーヘアは、人懐っこくて順応性の高い猫種です。活発で、飼い主と遊ぶのが好きなため、遊んであげたり抱っこしてあげたりすると喜びますよ。

猫らしい自立心とワガママさも持ちあわせているので、かまい過ぎには注意が必要ですね。

警戒心が強く、他の動物や飼い主以外の人間をみると怯える一面があります。多頭飼いには不向きかもしれませんね。

 

アメリカンワイヤーヘアの特徴は?色は?

アメリカンワイヤーヘア_1

ボディ

  • セミコピータイプ

体重

  • 3~6kg

アメリカンワイヤーヘア特徴は、固く縮れたワイヤーヘアです。耳の内側の毛まで縮れています。ブラシのようにゴワゴワしていますが、手触りには弾力があります。

認められている被毛カラーは「ブラック」「ホワイト」「レッド」「ブルー」「クリーム」などで、

パターンは「ソリッド」「タビ−」「シルバー&ゴールデン」「スモークアンドシェーデッド」「パーティーカラー」「キャリコ&バイカラー」「タビ−&ホワイト」など多彩です。

目の色は毛色に準じて「ブルー」「グリーン」「ヘーゼル」「ゴールド」「オッドアイ」などがいます。

その他特徴はアメリカンショートヘアとよく似ています。ボディは中型のセミコピータイプで筋肉質です。頭部は丸く、頬骨は高く、顎はしっかりしています。

耳は少し離れており、先端は丸みを帯びています。脚とシッポの長さは、ボディに対してバランスの取れた長さです。

アメリカンワイヤーヘアの成猫の体重は雄が3〜6kgほど、雌は3〜5kgほどです。アメリカンショートヘアとほぼ同じです。

 

アメリカンワイヤーヘアの飼い方は?

アメリカンショートヘア
アメリカンワイヤーヘアは「皮膚病」に注意してください。皮膚が少々脂っぽい傾向があり、縮れ毛のため抜け毛が自毛に絡まります。皮膚も敏感なので皮膚病を起こしてしまうのです。

定期的なブラッシングで抜け毛をケアしてあげて、手で被毛を触って脂っぽい場合は、シャンプーをしてあげてください。

シャンプーは嫌がる子も多いので、子猫のうちから慣らしておくとスムーズですよ。

 

アメリカンワイヤーヘアの価格は?

shutterstock_343384199

アメリカンワイアーヘアの価格

  • 15~30万円

購入先

  • 海外のブリーダー

アメリカンワイヤーヘアの値段は15〜30万が相場です。日本でペットショップやブリーダーをみかけることはほとんどなく、海外のブリーダーからの購入が主な販路です。

相場に15万円の開きがあるのは、輸入先によって価格が変動することも関係しています。

 

アメリカンワイヤーヘアの寿命は?長生きする?

猫と夕日

寿命

  • 12~15年

注意する病気

  • 皮膚病

アメリカンショートヘアの血を引いているアメリカンワイヤーヘアは、丈夫で長生きする猫種です。寿命は12〜15年といわれています。病気は前述した「皮膚病」に気をつけてください。

 

アメリカンワイヤーヘアの歴史は?

歴史_1
アメリカンワイヤーヘアは、1966年にアメリカのニューヨーク州北部の農場で生まれました。

両親はアメリカンショートヘアで、何匹か産まれた子猫のうちの一匹が、突然変異によりレッド&ホワイトの被毛が縮れ、ひげが巻いていたのがはじまりです。

「アダム」と名付けられたその猫は、地元のブリーダーに引き取られて交配が行われました。

その後アメリカンワイヤーヘアの縮れ毛は優性遺伝によるものであることがわかり、本格的にブリーダーによる繁殖がされます。1967年に公認を得ました。

今存在するアメリカンワイヤーヘアはすべてアダムの血を引いています。

 

日本では珍しい、アメリカンショートヘアーの兄弟分

アメリカンショートヘア_

日本ではほとんど飼われていないアメリカンワイアーヘアは、事実として購入に手間がかかります。

愛くるしい性格をしていますので、家族として迎えて困ることはほとんどありません。

アメリカンショートヘアーに似ていながら少し違う見た目は、他のペット猫とは一味違う雰囲気を味わえます。