ヨーロピアンバーミーズの性格、体重や被毛色の特徴?飼い方、価格や歴史は?

ヨーロピアンバーミーズはイギリスでバーミーズが進化した、オリジナルの猫種です。アメリカンバーミーズとは異なる特徴を持ちます。一度絶滅の過去を持つたヨーロピアンバーミーズ、どのように復活したのでしょうか。この記事ではヨーロピアンバーミーズの性格、体重や被毛食の特徴、価格や歴史などについて紹介します。

 

ヨーロピアンバーミーズの性格は?

shutterstock_285507617

ヨーロピアンバーミーズの性格

  • 穏やかで人懐っこい

ヨーロピアンバーミーズは穏やかで人懐っこい性格をしています。甘えん坊なので飼い主に寄り添って行動してくれますよ。成猫になっても子猫のように活発に動き回りますよ。

他の動物たちとも打ち解けやすいですし、鳴き声が小さいのでペットに適した性格といえます。

 

ヨーロピアンバーミーズの体重や被毛色の特徴?

shutterstock_137097875

 

特徴

  • すらりとした外見ながら筋肉質

成猫の体重

  • 3~5kg

被毛カラー

  • ブラウン、レッド、クリームなど11種類

ヨーロピアンバーミーズは中型のコビータイプで、体重は成猫で3〜5kgほどになります。外見はすらりとしていますが筋肉質です。抱きあげると意外と重たいですよ。

くさび形で丸みを帯びた頭や細くすらりとした脚が特徴的です。

被毛はアンダーコートがなく短いです。光沢があり、体にぴったりくっつくように密生して生えています。アーモンド形の大きな目は、目尻が少しつり上がっています。
色は「イエロー」「ゴールド」「アンバー」の3種です。

被毛カラーのバリエーションは豊富です。アメリカンバーミーズの被毛カラーは4種類、パターンは「シェーディング」しか認められていませんが、ヨーロピアンバーミーズの被毛は「ブラウン」「チョコレート」「レッド」「ブルー」「ライラック」「クリーム」など11種類、パターンは「ソリッド」「パーティーカラー」の2種類が認められています。アメリカンバーミーズの持たない「レッド」の遺伝子を持つことが、ヨーロピアンバーミーズの被毛カラーのバリエーションに影響しています。

 

ヨーロピアンバーミーズの飼い方は?

shutterstock_218677447

ヨーロピアンバーミーズはきれい好きで、マメに毛づくろいをします。そのため抜け毛が少ないのでブラッシングは週2,3回で十分です。体調が悪いと毛並みに影響して、つやが無くなったり毛並みが乱れたりします。手入れに手間がかからない猫種ですが、ちょっとした体調の変化を見逃さないためにも、日々触れあってあげてくださいね。

 

ヨーロピアンバーミーズの価格は?

shutterstock_285506231

ヨーロピアンバーミーズの価格

  • 20万円

ヨーロピアンバーミーズの購入価格の相場は20万円前後です。ペットショップに並んでいる猫種ではありませんので、ブリーダーやキャッテリーからの購入が一般的です。購入ルートを探すのに少し苦労するかもしれませんね。

 

ヨーロピアンバーミーズの歴史は?

shutterstock_210153580
バーミーズの原種はミャンマーを中心とした東南アジアに生息していました。アユタヤ王朝時代に、タイの高僧が書いた詩に登場したことで存在が確認されています。

バーミーズは19世紀末に初めてイギリスにやってきました。当時のイギリスでは猫を飼うことの人気が増し、盛んに繁殖が行われました。しかしバーミーズはシャムと認識されてしまい、バーミーズとシャムが掛け合わされたことで純血のバーミーズがいなくなってしまいます。20世紀を迎える頃の出来事でした。

1949年、再度イギリスにバーミーズがやってきます。シャムのブリーダーだった「リリアン・フランス」がアメリカからペアを連れてきて繁殖させました。ヨーロピアンバーミーズはアメリカンバーミーズとは異なる容姿を持ちます。1952年に猫血統登録団体(GCCF)から公認を受けて現在に至ります。

 

日本ではレアな猫種

shutterstock_309376649

日本国内ではアメリカンバーミーズの方が人気があり、ヨーロピアンバーミーズをみかけることはほとんどありません。ペットショップはもちろん日本語のサイトでも十分に情報が得られない現状です。

飼い主に甘えてくれる可愛らしい性格のヨーロピアンバーミーズ、具体的に購入を検討したい方は海外のサイトを活用されることをおすすめします。是非あなたにぴったりの子をみつけてあげてくださいね。