猫のジャパニーズボブテイル、性格や特徴、体重や色、しつけや餌は?

ジャパニーズボブテイルは日本原産のイエネコで、しっぽの短い猫種です。招き猫のモデルになった猫とも言われています。この記事では、ジャパニーズボブテイルの歴史や性格、特徴や被毛の色、しつけや餌についてまとめました。

 

ジャパニーズボブテイルの歴史は?

ジャパニーズボブテイル_1
ジャパニーズボブテイルの歴史は古く、6世紀頃までに中国から日本にきたとされており、陶器や皿、浮世絵や絵画などの美術品に姿が描かれています。17世紀頃には「三毛猫」と呼ばれる白・赤・黒の組み合わせの個体の絵がよく描かれていました。

本格的に繁殖が始まったのは1960年代のアメリカ合衆国でのことでした。「アビシニアン」のブリーダーである「エリザベス・フローレット」が純血のジャパニーズボブテイルを3匹輸入して交配を行います。産まれた猫たちは「アメリカン・ライン」と呼ばれ、アメリカでのスタンダードが作られました。

その後アメリカでは1976年に公認を受けましたが、イギリスではまだ個体数の関係で公認を受けられていません。

 

ジャパニーズボブテイルの性格は?

ジャパニーズボブテイルは穏やかで人懐っこい性格をしています。人見知りをせず、新しい環境への適応能力も高いので、飼いやすい猫種ですよ。

運動能力が高いので活発で遊ぶことが大好きです。子どもとボール遊びをしたり、中には水遊びを好むジャパニーズボブテイルもいます。

ジャパニーズボブテイルの特徴は?体重や色は?

ジャパニーズボブテイル_3
ジャパニーズボブテイルの特徴はしっぽの短さです。長さは5〜7cmほどで、座っている時は丸く巻き込まれているので、まるで生えていないようにみえます。形は一匹ずつ異なります。

マンクスという犬種としっぽの特徴が似ていますが、マンクスとは違い「劣性遺伝」によるものであることが分かっています。ジャパニーズボブテイル同士の交配でなければ、しっぽの短い個体は誕生しません。

体は中型でフォーリンタイプ、成猫の体重は3〜4.5kgほどになります。スレンダーな体格でほどよく筋肉もついています。前脚より後ろ脚が長く、頭はゆるやかな丸みを帯びた逆三角形をしています。

被毛は、短毛種と長毛種がいます。長毛種は突然変異的に発生したと考えられています。カラーは、ブラック、ホワイト、レッド、ブルー、クリームなど多くが認められています。パターンも種類が多く、ソリッド、タビ−、キャリコ&バイカラー、パーティーカラーなどが存在します。眼の色は毛色に準じて、ブルー系やグリーン系、イエローからカッパー、オッドアイなど種類が豊富です。

ジャパニーズボブテイルはしつけやすい?

ジャパニーズボブテイルは穏やかな性格で、飼い主に従順なのでしつけやすいといえます。環境の変化にも耐性があり、引越し後でも飼い主がいれば暴れまわることもありません。

 

ジャパニーズボブテイルの餌は?

ジャパニーズボブテイル_2
ジャパニーズボブテイルの餌は特別なものを用意する必要はありませんが、量には注意が必要です。遊び好きですが運動量が多いわけではないので、よく飼い主が餌を与えすぎてしまうことがあります。細身の体を保つためにも、量には気を配ってあげてください。

食べ過ぎた時には一緒に遊んであげることでカロリーを消費させてバランスを取るといいですよ。

日本原産だが、日本には少ない猫種

ジャパニーズボブテイルは日本よりも海外の方が人気があります。海外でははっきりとした柄が好まれて、「三毛猫」は特に人気が高いです。

しかし日本国内ではまだまだジャパニーズボブテイルの数は少なく、ブリーダーやキャッテリーの数も限られています。日本原産の愛猫をお探しの方、飼いやすくて珍しいしっぽが特徴のジャパニーズボブテイルを選んでみませんか。