猫のオリエンタル、性格や特徴は?毛や目の色は?サイアミーズとの違いは?

多様な色の毛を持つオリエンタルは、1950年代にイギリスで誕生した新しい種類の猫です。その名の通り、エキゾチックな風貌を持ち、まるでモデルのような体型をしています。この記事では、オリエンタルの歴史や性格、特徴やサイアミーズとの違い、飼い方について紹介します。

 

猫のオリエンタル、歴史は?

オリエンタル_1
オリエンタルの祖先であるシャムは、1800年代後半にイギリスにやってきました。

イギリスに来た当時は、ポインテッドカラーに限らずソリッドやバイカラーなど様々な毛色やパターンが存在していました。1920年代に入り、サイアミーズ・キャット・クラブがシャムの認定を「ポイントカラーで青い瞳を持つ猫」に限定したことをきっかけに、それ以外の猫の数が減りはじめたのです。

第二次世界大戦終了後に激減してしまったシャムの数を増やすために、ブリーダーが異種交配を進めました。交配の過程で、ソリッドタイプのオリエンタルが生まれ、続いて純白や様々なカラーのオリエンタルが登場したのです。

正式に「オリエンタル」という品種として認定を受けたのは、1977年のことです。

 

猫のオリエンタル、性格は?

オリエンタル3

シャムの血を引いているオリエンタルは、性格や気質もシャムに似ています。甘えん坊で人によく懐き、飼い主の気をひこうと自分の存在をかわいらしくアピールします。注目されないと、すねてしまうこともあります。穏やかで愛情深く、賢さも持ち合わせ、活発で外交的な性格をしています。

 

猫のオリエンタル、特徴は?

オリエンタル_2

オリエンタルは、性格のみならず、外見も祖先であるシャムの特徴を数多く受け継いでいます。

長くスレンダーな体をしていて、体重は3〜4kg程度、中型の猫種です。細身ながら筋肉は発達しており、とても引き締まっています。手足は長く、先が尖った大きな耳に、直線的で顎がとてもシャープなくさび形の頭をしています。細くて長いシッポは、先端に向けて細くなっています。

 

猫のオリエンタル、サイアミーズとの違いは?毛や目の色は?

オリエンタルとシャム(サイアミーズ)との違いは、毛色のバリエーションです。

国により多少異なりますが、シャムとして認められている主なポイントカラーは4種類です。オリエンタルはすべての色とパターンが認められています。

ソリッド、スモーク&シェーデッド、タビー、パーティーカラー、ポインテッドなどその掛け合わせは300種以上になるといわれています。

また、短毛種と長毛種の双方が存在し、「オリエンタルショートヘア」「オリエンタルロングヘア」と呼ばれています。短毛はサテンのような光沢を持ち、長毛はシルクのような手触りを持っています。

長毛種は、アメリカで誕生しました。目の色は、基本的にはグリーンですが、毛色により異なり、他にブルーや左右の目の色が異なるオッドアイも認められています。

 

猫のオリエンタル、飼い方は?

shutterstock_360206456

オリエンタルは活動量が多いため、室内で飼う際にはしっかり運動ができる環境を整えてあげるのがポイントです。どのような場所でも出入りすることができてしまうため、イタズラを防ぐためにも、危険なものは避けておく必要があります。オリエンタルは賢いので、猫の中でもしつけはしやすい猫種です。

甘えん坊で寂しがりやなので、留守番の時間が長い場合は、多種も含め、多当飼いを検討してあげてもよいかもしれません。

 

ブリーダーやキャッテリーを探す

オリエンタル4
オリエンタルに興味を持ち、飼ってみたいと思ったら、具体的にどのように探せば良いのでしょうか。

まずはネットで検索をしてみてください。日本でも数は多くありませんが、オリエンタルを専門に繁殖しているブリーダーやキャッテリーを見つけることができます。オリエンタルを長年飼育しているブリーダーやキャッテリーならば、飼った後にも色々と相談に乗ってくれ安心です。時間はかかりますが、相性が良いブリーダーや猫に会えると良いですね。