猫のバリニーズ、性格や特徴は?寿命、飼い方、色、餌や歴史は?

バリニーズは、動作がしなやかで優美な猫種です。バリの伝統的舞踊を踊るダンサーが名前の由来です。名前からインドネシアやバリ島に産まれの猫種と勘違いされることも多いですが、原産地はアメリカです。この記事では、バリニーズの性格や特徴、誕生の歴史や寿命、飼い方や色、餌について紹介します。

 

猫のバリニーズ、性格は?

バリニーズ_1

 

性格

  • 甘えん坊で少々ワガママ
  • 愛情深い

バリニーズの性格は、甘えん坊で少々ワガママながら愛情深く、人見知りをしません。知的で、とても活発なため、遊ぶことが大好きです。よく鳴きますが、鳴き声もさほど大きくありません。

少々神経質な一面も持ちあわせており、初めて会う人には警戒心を持つため、慣れるまでは近寄ってこないこともあります。容姿はシャムに似ていますが、性格はシャムよりも全体的に穏やかだといわれています。

 

猫のバリニーズ、特徴は?

特徴

  • 体重 3~4kg
  • 被毛 シルクのように柔らかな手触り

バリニーズは「長毛のシャム」と呼ばれるほど、シャムによく似ています。体重は3〜4kgほどで中型です。筒型で筋肉質な銅に、細長い手足を持っています。顔は中くらいの大きさで、くさび形をしています。大きくて尖った耳に、アーモンド形の青い目、鼻筋の通った端正な顔立ちをしています。

シャムと異なり、特徴的なのは「長い毛」です。バリニーズの被毛は長く、シルクのように柔らかな手触りをしています。体に密着して生えているため、見た目は短く見えます。シッポも羽飾りのようにフサフサの長い毛で覆われています。モフモフでかわいいですよ。

 

猫のバリニーズ、寿命や飼い方は?

shutterstock_355171928 (1)
バリニーズの平均寿命は、10〜13年といわれています。猫の平均寿命は15年ですので、少し短めですね。

シャムと同じく、加齢に伴い発症する遺伝性の疾患を多く持っています。もちろん個体差がありますので「健康診断をしっかり受けること」「ブラッシングの際に普段と変わりが無いか気をつけて見ること」などで、異変を早い段階で見つけてあげることが大切です。

活発な性格なため、毎日少しの時間でも一緒に遊んであげる時間を作ってあげてください。その際、ブラッシングやコーミングをしながら、コミュニケーションを取るのがオススメです。高いところへ登るのが好きなので、日中お留守番の時間が長い場合は、キャットタワーを設置してあげると喜びますよ。

賢く手先が器用なので、戸や鍵を開けてしまうことが多々あります。壊れ物を閉まっている戸棚にはロックをかけるなど、家の中で安全に過ごせるよう環境を整えてあげてくださいね。

 

猫のバリニーズ、色や餌は?

shutterstock_211795084 (1)
バリニーズの被毛パターンは、耳、口周り、尻尾、四肢に色がついているポインテッドのみです。色がついている部分は、ブラックやチョコレート、ブルーやライラックなどのカラーが認められています。

細身の体をキープするために、餌のあげ過ぎには注意してください。ロングヘアーの艶を保つためにも、栄養のバランスに気をつけて食べさせてあげてください。おすすめは原材料の一番最初に「チキン」や「サーモン」など、タンパク質が表記されているキャットフードを選ぶことです。「穀物」など炭水化物がかかれているキャットフードはオススメできません。

猫のバリニーズ、歴史は?

バリニーズが誕生した由来は諸説ありますが、ここでは2つの説を紹介します。

1つ目は自然発生的な変異によって、長毛のシャムが誕生したという説です。昔から、短毛種の中に突然長毛種が生まれる現象がときどき見られます。

2つ目はシャム猫の数が激減した第二次世界大戦後に、ブリーダーたちが異種交配を進めたことで、長毛の遺伝子が受け継がれたという説です。昔からその存在はあったものの、長毛のシャムは出来損ないといわれ、日の目を見ることがありませんでした。

1940年代後半、アメリカでバリニーズの魅力に魅せられたブリーダーにより熱心に数が増やされ、種として確立されたのです。1928年に初めて登録された、比較的新しい猫種です。

 

日本では希少な猫

バリニーズは、日本では希少な猫のため、国内でブリーダーを探すのは難しいかもしれません。見つからない場合は、海外のブリーダーを探してみてください。直接コンタクトをしたほうが費用は抑えられますが、不安な場合は仲介業者を通す方法もあります。インターネットで情報収集をしてみてくださいね。