ハムスターの平均寿命は?かかりやすい病気と予防方法は?

ハムスターは根強い人気を誇り、飼っている方も多いペットです。パートナーとして選んだハムスターには、できるだけ長く側にいてほしいですよね。

この記事では、ハムスターの寿命や長生きのポイントをまとめました。

 

ハムスターの寿命は?

ハムスター

 

ハムスターの寿命

  • 平均寿命 3年

ハムスターの平均寿命はおよそ3年程といわれています。同じく小動物で人気のあるフェレットと比較すると、フェレットの平均寿命がおよそ6年なので、およそ半分程です。

長寿のギネス記録は、イギリスのタイン・アンド・ウィア在住、カレン・スミートンさんが飼育していたハムスターがもっています。4歳6ヶ月まで生きたとされています。

 

ハムスターのかかりやすい病気は?予防は?

ハムスターのかかりやすい病気

  • 結膜炎
  • 寄生虫感染

予防法

  • 床材交換(週次)
  • 水交換(日次)
  • トイレ交換(隔日)

ハムスターも病気にかかります。人と同じく結膜炎にもなりますし、ハムスター特有のものでは寄生虫への感染があります。

これらはいつでも発症の恐れがあるので、日ごろから予防できているかが重要です。ハムスターに特に多い病気は、皮膚病や外耳炎などの衛生環境が原因のものです。飼育ケージの中を清潔にできていない場合に多く発症してしまうのです。

飼育ケージ内の環境を清潔に保つためには「床材を1週間に1回を目安に定期的に交換する」「毎日水を新しいものに変える」「トイレは2日に一回を目安に掃除する」の3つポイントを守ってくださいね。

 

ハムスターに起きやすい思わぬトラブルとは?

ハムスター

起きやすいトラブル

  • 行方不明
  • 多頭飼いによる共食い

病気に次いで多いトラブルは、ハムスターのケガです。ケージから出して、部屋を散歩させている時に起こるものや、適切な飼育環境を用意できないことに起因するものがあります。ケガの他にも、以下でご紹介している「行方不明」と「共食い」はよくあるトラブルです。

 

物陰やほかの部屋に移動して、行方不明になる

部屋に放した際に、ハムスターが居なくなってしまうことがあります。そんなときは諦めずに探し続けてください。

タンスと壁の間、ソファーやベッドの下、脱衣所の衣服の中に隠れていることもあります。探すのをやめてしまうと、室内を移動した際に誤って踏んでしまう恐れや、犬など他のペットに食べられてしまう恐れがあるからです。

ひとたびケージの外に出したら、ハムスターの行動範囲を制限する工夫をするか、ずっと目を離さないでおくようにしてくださいね。

 

同じケージ内で多頭飼いをすると共食いのリスクあり

ハムスターは縄張り意識が強い生き物です。同一ケージ内で多頭飼いをすると縄張りを犯したハムスターが食べられてしまう恐れがあります。

ほかにも共食いの原因は複数あると考えられており、飼い主の知識があれば防げるので、注意してください。詳しくは関連記事を参考にしてくださいね。

 

ハムスターのストレスは万病の元!

ハムスター_少年

ハムスターもストレスを感じます。大きな物音や、自分のにおいが無い場所、不衛生な環境などがストレスの原因になります。ストレスから発症する病気も多いので、ケガや食事と同じように、ストレスを与えないことにも気を付けてあげてください。

ハムスターは運動が大好きです。1日の走行距離は数十キロにものぼるといわれています。回し車があるからといって狭いケージに入れっぱなしにするのではなく、たまには外に出して遊ばせてあげてくださいね。部屋を探検させるのもストレス解消になりますよ。

手軽に入手でき、可愛らしい見た目と、愛くるしい仕草で私たちを癒してくれるハムスター。日々のケージのお手入れと適度な運動で、長生きさせてあげて下さいね。