スパニッシュマスティフの性格、体重や被毛の特徴は?寿命や病気、飼い方、しつけや歴史は?

スパニッシュマスティフはスペイン原産の家畜護衛犬で、最も体が大きな犬種です。スペインでは国犬に指定されていて高い人気を誇っていますが、スペイン国外では飼育頭数の少ないレアな大型犬種です。この記事ではスパニッシュマスティフの歴史、性格、特徴、しつけ、寿命や病気、飼い方についてご紹介します。

 

スパニッシュマスティフの性格は?

スパマスアイ

性格

  • 温厚で勇敢

スパニッシュマスティフは温厚で優しく、飼い主家族に甘えるのが大好きな性格です。家族の危機に勇敢に立ち向かう一面も持ち合わせています。子犬の頃からしつけをしっかり行えば、小さい子供や他の小動物とも十分仲良くなってくれますよ。

飼い主を守りたいという気持ちから、見知らぬ人や動物に対しては警戒心を露わにしたり吠えたりします。吠え声は太くて低く、よく響きわたるのでマンションなど集合住宅での飼育には不向きといえます。

 

スパニッシュマスティフの特徴は?

スパマティ3

特徴

  • 体高 72~78cm
  • 体重 90~100kg
  • 被毛 スムースな手触り
  • 被毛カラー ホワイト、ブラック、ベージュ他多様

スパニッシュマスティフは体高72~78cm、体重がオスで90~100kg、メスで52~77kg前後の超大型犬です。どっしりとした筋肉質な体型をしており、なかには120kgに達するオスの個体もいます。筋肉質で引き締まった骨格と知性を感じさせる表情には迫力があります。

「デューラップ」と呼ばれる首元のたゆみと、よく響くしわがれた低い吠え声が特徴的です。密集した被毛はスムースな手触りで、長さはミディアムです。被毛カラーは多様な色が容認されています。

成長過程にも特徴があり、子犬期の成長が早く生後6~8ヶ月で体重が45kgほどに達しますが、成犬としての体格が完成するまでには4~5年かかります。

 

スパニッシュマスティフの寿命や病気は?

スパニッシュマスティフ

平均寿命は10~11年前後です。まれに14年程度生きる個体もいるので大型犬としては長寿の犬種です。大型犬種によくみられる「股関節形成不全」や成長期によくみられる「汎骨炎」「心臓疾患」「眼瞼内反」などの病気、ケガに注意が必要です。

股関節形成不全」はほとんどが親からの遺伝性疾患ですが、肥満や成長期の激しい運動でも発症のリスクがあります。運動と食事のバランスを気にかけ、時期に見合った運動量を調節してあげてください。

「胃捻転」にもなりやすいです。食後の運動を避ける、一度に沢山食べさせないという対処法があります。どの疾患も飼い主が気をつけることで発症のリスクを減らせますので、普段から愛犬の体には気を使ってあげてくださいね。

 

スパニッシュマスティフの飼い方は?

スパマティ2
スパニッシュマスティフは飼い主家族の近くにいることに喜びを感じるので、屋内飼育がおすすめです。

運動は毎日2回、1時間程度の散歩に加え、十分な広さを確保した場所で自由運動をさせてあげます。フリスビー遊びやフェッチ遊び、ジョギング、バイクに並走して走らせるなどの激しい運動を組み込むのがおすすめですよ。生後6~10ヶ月の間に過剰な運動をさせると骨や筋肉に影響が出て股関節形成不全になりやすいので注意してくださいね。

高温多湿な日本はマスティフ系が苦手な気候です。「熱中症」にも注意して、夏場の散歩はなるべく日陰を歩き、室温もクーラーなどで調節してあげてください。

被毛の手入れは週に1~2回のブラッシングで十分ですが、換毛期は抜け毛が増えるので丁寧にブラッシングをして皮膚病をケアします。1週間に2~3回歯磨きをしてあげたり、爪を定期的に切ってあげたりすると歯周病対策になりますよ。

 

スパニッシュマスティフのしつけは?

スパマス1
スパニッシュマスティフは自主性と独立心が強く、頑固でマイペースな一面があります。

しつけは断固とした態度をとれる、経験者向きの犬種です。自己判断能力に優れている賢い犬種なので、主従関係を教えることが特に大切です。飼い主をリーダーとして信頼させてあげてくださいね。

子犬期からいろいろな人、環境、犬と接する機会を作り、社会性を身につけさせると吠え癖の対策になります。しつけは「ポジティブレインフォースメント」(好ましい行動を褒め、繰り返させる訓練法) や報酬ベースのトレーニング法がおすすめです。

 

スパニッシュマスティフの歴史は?

Postcard of a sad dog with copyspace at the left

紀元前二千年頃、フェニキア商人がインド方面かシリアからイベリア半島に連れてきた、モロッサーという古代犬が祖先と考えられています。スペインのエストレマデューラとカスティージャ・ラ・マンチャという地方を故郷とし、エストレマデューラまたはラ・マンチャという別称で呼ばれています。大きな体格を活かして、広い農場などでオオカミや泥棒から牧畜を守る護衛犬として働いていました。現在ではコンパニオンドッグとして飼育されることが多くなりましたが、牧畜犬やワイン農園や屋敷の番犬として活躍している犬もいます。

出典:JKC「スパニッシュ・マスティフ」、藤田りか子 著/リネー・ヴィレス 編集協力「最新 世界の犬種大図鑑」

 

 

スパニッシュマスティフにおすすめのドッグフードは?

カナガンドッグフード

カナガンドッグフード

「カナガンドッグフード」は、文句なしの100点満点のドッグフードです。

主原材料に「骨つきチキン生肉」や「乾燥チキン」などの良質なチキンを50%以上使用しています。犬にとって必要な栄養素だけを使用して作られているので、栄養が偏ってしまった愛犬の食事療法としても最適ですよ。

犬にとって不必要な穀物で余計なカサ増しを行っていない「グレインフリー」なので、消化不良や便秘を起こす可能性が低いです。過去に穀物入りのフードで体調を崩したことのある愛犬にも安心して与えることができます。

粒がドーナツ型なので、噛み砕きやすく、喉につまらせる心配もありませんよ。

カナガンドッグフードの詳細はこちらの記事からも確認できます。

 

フィッシュ4ドッグ(スーペリア)

フィッシュ4ドッグスーペリア

「フィッシュ4ドッグ(スーペリア)」は全ライフステージの愛犬に積極的におすすめしたいドッグフードです

主原料に使われているサーモンは、良質な動物性タンパク質を多く含んでいます。低脂肪で消化に良いのでダイエット中の肥満犬にも向きますよ。ダイエットが必要な愛犬におすすめのグレインフリードッグフードはこちらです。

さらに、フィッシュ4ドッグ(スーペリア)は合成添加物を全く使用していない「無添加」のドッグフードです。無添加についてはこちらの記事から詳しい説明を確認いただけます。

フィッシュ4ドッグ(スーペリア)以外のサーモンを使用したドッグフードはこちらの記事から確認できます。

フィッシュ4ドッグ」と異なる点は、タンパク質含有率がより上がって、炭水化物率が少なくなったことです。より効率的にタンパク質を補給できる仕上がりになったといえます。値段は少し高めですが、プレミアムドッグフードの一般的な相場です。

スパニッシュマスティフにおすすめな最高級ドッグフードはこちらの記事からも確認できます。

 

心優しい大型犬

Spanish mastiff face in a snow day, female dog. Detail of the face

スパニッシュマスティフは体重が100kgを超えることもある超大型犬ですが、とても温厚な性格の持ち主です。しかし大きな体ゆえに動物病院やトリミングサロンで断られることがあるなど、他の犬種よりも飼育難易度が高いです。事前にお住まいの地域の情報を集め、住まい環境や経済力を考慮したうえで検討してくださいね。

しつけさえうまく出来れば、飼い主家族にとって頼もしい伴侶になってくれますよ。