ジャーマンスパニエルの性格、体重や被毛の特徴は?寿命や病気、飼い方、しつけや歴史は?

ジャーマンスパニエルはドイツ原産のスパニエル犬種です。

ウズラやノウサギを追い払う害獣駆除犬として活躍していました。ペットとして飼われていることは少なく、現在はヨーロッパを中心に猟犬として活躍しています。

今回の記事はジャーマンスパニエルの性格、体重や被毛の特徴、寿命や病気、飼い方、しつけや歴史についてご紹介します。

 

ジャーマンスパニエルの性格は?

性格

  • 忠実で従順
  • 内向的で神経質

ジャーマンスパニエルは飼い主に忠実で従順、愛情深い性格です。内向的で神経質な一面もあります。飼い主家族とより多くの時間を過ごしたいと願い、いつも飼い主の足元にいたがる可愛らしい一面を見せてくれます。

強い狩猟本能を持ち合わせていますが、子犬の頃から社会性をしつけることで他の人や犬に対してフレンドリーに接してくれますよ。

子供とも仲良くできますが忍耐強いわけではありません。しつけはしっかりに行なってくださいね。警戒心が強いので番犬にも向いている犬種です。

 

ジャーマンスパニエルの体重や被毛の特徴は?

ジャースパ3

 

特徴

  • 体高 44~54cm
  • 体重 20~28kg
  • 被毛 ダブルコート
  • 被毛カラー ソリッドブラウン、ブラウンローン

ジャーマンスパニエルは体高44~54cm、体重20~28kg前後の中型犬に分類されます。スプリンガースパニエルよりも少し大きく、骨太で筋肉質な体型をしています。大きめの頭部と太いマズル、あらゆる地形でも俊敏に走り回れる短い足、飾り毛のある垂れ耳と垂れ尾と臀部が特徴的です。

被毛はダブルコートです。豊富なアンダーコートと、カールがかった長くて軽い毛が体に張り付くように生えているアウターコートから成り立っています。被毛カラーはソリッドブラウンとブラウンローンなどがあります。

 

ジャーマンスパニエルの寿命や病気は?

ジャーマンスパニエルの平均寿命は12~14年前後です。

寿命は中型犬の標準的な長さといえます。比較的健康な犬種ですが、運動のし過ぎなどによる「関節疾患」や、湿気で地肌が蒸れて起こる「皮膚疾患」、その他「胃捻転」「眼疾患」「耳疾患」などに注意してあげてください。

「椎間板ヘルニア」にもなりやすい犬種です。早期治療をしないと生涯にわたって麻痺が残ることもあります。歩行に異常がみられたらすぐに病院へ行き、診察してもらってください。肥満になると起こりやすい病気なので、あまり甘やかして食べ物を与え過ぎないようにしてくださいね。

「胃捻転」は「食事の回数を増やす」「食前食後の運動を避ける」など、飼い主が気をつけることで発症のリスクを減らせる病気です。「外耳炎」の予防のためにも週1回程度、綿棒とイヤーローションで耳の掃除をしてあげてください。足周りの被毛もフローリングで滑らないように、定期的にトリミングすることも忘れないでくださいね。

 

ジャーマンスパニエルの飼い方は?

ジャースパ2
ジャーマンスパニエルはハンティングドッグで活発な犬なので、膨大な運動量と頭脳刺激を与えることが必要です。

毎日2回1時間以上の散歩に加え、たまにドッグランなど広い場所で思いっきり自に由運動をさせてあげます。安全な海や川で水遊びをさせても喜びますよ。散歩でジョギングを交ぜたり、自転車の並走をさせたりすることも効果的です。

運動によってストレスをしっかりと発散させないと、攻撃的な性格になることもあります。賢い犬種なので、様々なアジリティやトラッキングなどに挑戦させてみることもおすすめですよ。

手入れは、長毛種なのでもつれや絡みを防ぐために毎日ブラッシングをしてください。お風呂は2ヶ月に1回程度で十分です。

 

ジャーマンスパニエルのしつけは?

ジャースパ1
飼い主には従順ですが、独立心が強いので根気強くしつけてください。

子犬の頃から主従関係を教えてあげることがポイントです。飼い主都の主従関係は、散歩の時にリードを操って、飼い主の後ろか足元を歩かせるようにしてしつけることができます。

狩猟本能が強くネコや他の小動物を追いかけてしまうことがあるので、飼い主の「待て」にしっかり反応するように普段からしつけておくことも大切です。

 

ジャーマンスパニエルの歴史は?

ジャーマンスパニエルは1800年代にドイツにあるバイエルン州のシュタウフェンベルクという都市にいた「Lord Augusta」という名の猟犬が起源とされています。

1880年代に優秀な鳥猟犬種を作るために「シュトーバー」という犬種を基に、様々なスパニエル犬種と繁殖させて1903年に現在のジャーマンスパニエルは完成しました。FCI公認犬種にもなりました。

当時はたくさん飼育されていましたが、二度の世界大戦により頭数が激減し希少化してしまいました。1960年代後半から1970年代前半にかけてジャーマンスパニエルはアメリカに輸出されましたが、現在は大半がドイツ国内で飼育されています。

 

心優しい猟犬

ジャーマンスパニエルは外では活発に動き回り、家庭内ではじっと飼い主の傍に居たがる2つの側面を持つ犬種です。

どちらの一面もジャーマンスパニエルならではの魅力があふれていますよ。子供や他の犬とも仲良くなれるので、飼えば最良のパートナーとなってくれるおすすめの犬種です。