ジャーマンショートヘアードポインターの歴史、性格、特徴、しつけ、寿命や病気、飼い方は?

ジャーマンショートへアードポインターは俊敏さと力強さを兼ね備えるドイツ原産のポインター犬種です。

現在でも狩猟犬として世界中で愛されています。この記事では、ジャーマンショートヘアードポインターの歴史、性格、特徴、しつけ、寿命や病気、飼い方についてご紹介します。

 

ジャーマンショートヘアードポインターの性格は?

ジャーショー2

 

性格

  • 献身的で従順
  • 陽気で優しく温厚

飼い主家族に対して献身的で従順、陽気で優しく温厚な性格をしています。

気まぐれにいたずらをしたり神経質になったりする一面はほとんど見られませんがしつけは必要です。子犬の頃から一緒に飼育をしてあげることでより親密な関係になれますよ。

基本的には他の犬とも仲良くなれますが、オス同士だと攻撃的になる一面がありますので、散歩の時などには気をつけてください。縄張り意識と責任感が強く、知らない人や物音に敏感に反応するので番犬に向く犬種です。

 

ジャーマンショートヘアードポインターの体重や被毛の特徴は?

ジャーショー1

特徴

  • 体高 53~66cm
  • 体重 20~32kg
  • 被毛 
  • 被毛カラー レバー、レバー地にホワイトの斑、ダークブラウンローン

ジャーマンショートヘアードポインターは体高53~66cm、体重20~32kg前後の大型犬に分類されます。

均整のとれた上品な外見と、力強さを感じさせるスクエア型の体格をしています。引き締まった筋肉質な体、深い胸、大きな鼻、幅広の垂れ耳、狼爪、足の指の間にある水かきが特徴的です。

実猟タイプとショータイプの二種類います。どちらもスリムで引き締まった体つきで外見はさほど変わりませんが、筋肉の付き方が違います。

被毛は硬く短い毛が密集して生えており、カラーはレバーの単色、レバー地にホワイトの斑、ダークブラウンローンなどがあります。

 

ジャーマンショートヘアードポインターの寿命や病気は?

ジャーマンショートヘアードポインターの平均寿命は12~14年前後です。

健康的な犬種ですが「股関節形成不全」「心臓病」「ヴォン・ヴィレブランド病」「胃捻転」などに注意が必要です。

「心臓病」には治療法がなく進行を遅らせることしかできません。頻繁に咳をすることがあれば疑いがありますので、すぐに病院へ行き診察を受けてください。

「胃捻転」は食事を小分けにして回数を増やしたり、食後の運動を控えさせたりすると予防できます。

 

ジャーマンショートヘアードポインターの飼い方は?

ジャーショー3
飼い主家族のそばで過ごすことを好む犬種なので、なるべく室内で飼ってあげて欲しい犬種です。

ジャーマンショートヘアードポインターの運動は毎日2回1時間以上の散歩に加え、ハイキングやフェッチ遊びなどを交ぜて刺激的な運動をさせてあげます。水で遊ぶことが好きなので暑い季節は安全な場所で泳がせてあげると喜びますよ。寒さに弱い犬種なので体温管理には気をつけてくださいね。

脱走癖があることで知られている犬種でもあります。飼い主とのコミュニケーション不足や退屈が原因なことが多いです。普段から愛情を注いで接してあげる事を忘れずに、もしものために。屋外で飼育する場合は2メートルほどの高さのフェンスを用意すると安心です。

被毛の手入れは週1回程度のブラッシングと、硬く絞ったタオル光沢が出るように拭ってあげれば十分です。お風呂は汚れが目立つときに入れてあげてください。

 

ジャーマンショートヘアードポインターのしつけは?

ジャーショーアイ
頭がよく忍耐強いのでしつけやすい犬種ですが、狩猟本能を押さえるための社会性は必ず身につけさせてください。

子犬の頃からたくさんの人や動物に会う機会を作ってあげることがおすすめです。独立心が強いので飼い主のいうことを聞かなくなってしまう可能性があります。同じく子犬の頃から主従関係を教えてあげることが大切です。

しつけは優しく行い、褒めながら長所を伸ばしてあげてください。愛犬が飽きさせないように、短時間のトレーニングを興味を持たせながら行うことがポイントです。

 

ジャーマンショートヘアードポインターの歴史は?

持久力と粘り強さを持ち、俊足で、回収作業もこなせるような優秀なポインター犬種を目指して、ジャーマンショートヘアードポインターは作られました。

「ジャーマンブロークンヘアードポインター」に「スパニッシュポインター」「イングリッシュポインター」「ダルメシアン」などを交配させて誕生したとされています。

ドッグショーと狩猟の両立で活躍したので、世界的に有名な犬種になりました。ドッグショーのために過度の改良が加えられてしまい、当時と比べて犬質が悪化してしまった過去があります。

実猟タイプの犬の人気は今でも衰えることがなく、愛好家たちの手によって実猟タイプのジャーマンショートヘアードポインターの血をショータイプの犬の血統に加えることで現在に至ります。

 

万能な狩猟能力を持つ理想的な猟犬

ポインター種は数ある犬種の中で、最もタフな犬種の1つとされています。散歩やしつけなど何かと手間のかかる犬種です。検討する際には、飼育環境や飼い主の時間的余裕などを考慮して決めてくださいね。

軽い気持ちで飼うことはできない犬種です。一筋縄ではいかないジャーマンショートヘアードポインターですが、苦労した分だけお互いの信頼関係は深まり、良好な関係性を築くことができますね。