土佐犬・四国犬の性格、体重や被毛の特徴は?寿命や病気、飼い方、しつけや歴史は?

四国犬(しこくけん)は四国地方原産の日本犬で、1937年に「土佐犬」の名で国の天然記念物に指定されました。土佐闘犬と混同されることが多く、「四国犬」と改名されました。日本狼と間違えられることもある野生的な気迫と素朴な外見が魅力で、主にイノシシ猟で活躍しています。

今回の記事は土佐犬(四国犬)の歴史、性格、特徴、しつけ、寿命や病気、飼い方についてまとめました。

 

土佐犬・四国犬の性格は?

四国アイ

土佐犬・四国犬の性格

  • 忠実で従順
  • 勇敢かつ冷静

飼い主には忠実で従順な性格をしていますので、家族との順応性は高いです。勇敢ながらも冷静な判断のできる賢い犬なので暴れることもありませんが、去勢をしていないオスは他のペットや他の犬とは折り合わないことが多いようです。鋭い警戒心もあるので番犬向きな犬種といえますね。

 

土佐犬・四国犬の特徴は?

四国2

土佐犬・四国犬の特徴

  • 体高 46~55cm
  • 体重 16~25kg
  • 被毛 ダブルコート
  • 被毛カラー 胡麻、赤、黒褐色

土佐犬・四国犬は体高46~55cm、体重15~30kg前後の中型犬に分類されます。引き締まった筋肉質な体をしており、目尻の上がった目、三角の立ち耳、巻き上がった尾が特徴的です。山地での激しい狩りにも耐えられる体力と持久力を持ち合わせています。

被毛はダブルコートで、柔らかい綿毛が密生するアンダーコートと直毛で短く硬めのアウターコートから成ります。カラーは胡麻、赤、黒褐色の3色が主です。

 

土佐犬・四国犬の寿命や病気は?

shutterstock_281292920
土佐犬・四国犬は平均寿命は10~12年前後です。健康的な犬種として知られていますが、日本犬に多い「アレルギー性皮膚炎」や、土佐犬・四国犬特有の「神経痛」や「老年性痴呆症」にかかりやすいです。「アレルギー性皮膚炎」は慢性化して治りにくい病気なので、軽症のうちに病院で診断してもらうなどのケアが大切です。

元々土佐犬・四国犬は魚を主食にしていたので、ドッグフードだけでは老年期に痴呆症状が出る可能性があります。嗜好品は与えず食事管理をしっかりと行う必要があります。

「神経痛」は子犬の頃に原因不明に発症します。成犬になると自然と治ってしまう場合も多いですが、歩行に異常が見られたら、念のため動物病院で診察してもらうようにしてくださいね。

 

土佐犬・四国犬の飼い方は?

3つ
土佐犬・四国犬の散歩目安

  • 毎日2回 1時間以上

土佐犬・四国犬は現役の猟犬種でもあるのでかなりの運動量が必要です。散歩は毎日2回1時間以上を、自転車を使った並走運動やジョギングなどを交ぜながら行うと良いですね。

狩猟本能が強いので、子犬の頃から完璧にしつけていたとしても、ドッグランなどで遊ばせるのはオススメできません。他の犬を襲ったりケンカしたりすることがあるからです。

普段の被毛の手入れは週2~3回ブラッシングをして、汚れた時にタオルで拭いてあげます。シャンプーは月に1回程度で十分です。ダブルコートなので抜け毛は多いです。換毛期には特に皮膚病対策もかねて、むだ毛を取り除いてあげてくださいね。

 

土佐犬・四国犬のしつけは?

shutterstock_281292914
土佐犬・四国犬は物覚えが良いのでしつけしやすい犬種といえますが、昔から気の強さを引き継いでいるので初心者には難しいかもしれません。

飼い主以外のいうことは聞かないことが多いため、子犬の頃から充分に信頼関係を構築してから主従関係を教えてあげることがポイントです。様々な経験をさせて社会性を身につけさせることも大切ですよ。

見た目の美しさだけでなく優秀な猟犬としての能力も持ち合わせています。飼い主がしっかりとコントロールできないと、咬傷事故を起こすような猛犬になることもあります。実際に起こってしまった事故もあるので信頼関係が築けていても、散歩の際はオフリードにしないようにしてくださいね。

 

土佐犬・四国犬の歴史は?土佐闘犬とは違う?

土佐闘犬

四国犬は、産地別に「本川系」「阿波系」「幡多系」の3つが存在していました。その中でも山間部で僻地であった「本川系」が純粋性を維持、現在に至ります。1937年には、天然記念物の指定をうけていますよ。

出典:JKC「四国犬」

 

土佐犬・四国犬におすすめのドッグフードは?

オリジン

オリジン アダルト

土佐犬・四国犬には、「オリジン」がおすすめです。

オリジンには、タンパク質含有量が「42.2%以上(乾燥重量比)」と豊富に含まれており体の機能を維持する栄養素であるビタミンやミネラルもバランスよく含まれています

人工添加物や穀物も使用されていないので、安心して愛犬に与えることができますね。

 

カナガンドッグフード

カナガンドッグフード

「カナガンドッグフード」は、文句なしの100点満点のドッグフードです。

主原材料に「骨つきチキン生肉」や「乾燥チキン」などの良質なチキンを50%以上使用しています。犬にとって必要な栄養素だけを使用して作られているので、栄養が偏ってしまった愛犬の食事療法としても最適ですよ。

犬にとって不必要な穀物で余計なカサ増しを行っていない「グレインフリー」なので、消化不良や便秘を起こす可能性が低いです。過去に穀物入りのフードで体調を崩したことのある愛犬にも安心して与えることができます。

粒がドーナツ型なので、噛み砕きやすく、喉につまらせる心配もありませんよ。

カナガンドッグフードの詳細はこちらの記事からも確認できます。

 

ブルーウィルダネス

ブルーヴィルダネス

「ブルーウィルダネス」はアメリカのブルーバッファロー社が製造する、栄養価・成分バランス・品質ともに最高クラスのおすすめできるドッグフードです

原材料に「チキンミール」「ニシンミール」とったミール素材が使用されていますが、フード自体の値段が安すぎないため、低品質の原材料を使用しているという可能性は低いですよ。さらにブルーウィルダネスは穀物と合成添加物を全く使用していない「グレインフリー」かつ「無添加」の商品です。

ブルーウィルダネスの詳細はこちらの記事からも確認できます。

土佐犬・四国犬におすすめな最高級ドッグフードはこちらの記事からも確認できます。

 

古来からの強い気質を持つ日本犬

shutterstock_317997080
土佐犬・四国犬はペットショップに並ぶことがほとんどありませんので、純血種の土佐犬・四国犬を入手するには全国にある保存会の支部に連絡するところからはじめてください。値段の相場は10~15万円前後です。日本犬の性質をきちんと理解して信頼関係が結べれば最高のパートナーになってくれますよ。

可愛がるためのペットとして飼育するには向きませんが、凛としたバランスの良い美しい姿と強い気性には、心強いパートナーとして魅了されること間違いなしですよ。

大型犬人気ランキングとおすすめ35犬種についてはこちら