犬の夏バテ、症状と対策は?なりやすい犬種は?予防は?

汗をかかないことや全身が毛で覆われていることから、犬は暑さに弱いです。夏には人間同様、犬も夏バテになります。この記事では、犬の夏バテについてまとめました。症状と対策、なりやすい犬種を確認して、予防をしてあげてくださいね。

 

犬の夏バテの症状は?

犬_暑い_夏
犬の夏バテの症状は人間に似ています。ゴハンを見ても喜ばなかったり、ゴハンのにおいをかぐけれど食べなかったり、いつも完食していた量を残したりと食欲不振の症状がみられます。併せて体力の低下もみられ、症状が深刻になると、熱中症のような症状も出てくるので注意が必要です。

 

夏バテしやすい犬種は?

犬_シベリアンハスキー

寒い国が原産国の犬種

日本よりも涼しい気候が原産の犬は夏が苦手です。特にダブルコートと言われる、毛が二層構造になっている犬は寒さには強いですが、暑さにはとても弱いです。コーギー、ゴールデン・レトリーバー、ボーダーコリー、ポメラニアン、シベリアンハスキーなどが代表的な犬種です。原産国が日本である柴犬も、毛が二層構造なので暑さに注意が必要です。

短頭種である犬種

短頭種と言われる鼻がつぶれた犬種は顔の形や鼻の穴が小さいため呼吸がしづらく、体温を下げるのが苦手なので暑さに弱いです。フレンチブルドッグ、ボストンテリア、ボクサー、シーズー、パグ、狆(チン)などが代表的な犬種です。

 

犬の夏バテ、対策は?

犬_水

水分を十分にとらせる

人間同様、水分が大切です。新鮮な水をいつでも飲めるようにしておくのが理想です。暑さによって熱中症や脱水症状を起こす危険性もあるので、水を携帯し、いつでも水分補給ができるようにしてあげてください。飲ませる水にスポーツ飲料を小さじ一杯入れてあげるとミネラル不足解消にもなるのでおすすめですよ。

ゴハンを工夫する

ゴハンを食べないと体力が低下し、夏バテになりやすくなります。いつもあげているゴハンがドライフードで、食べなくなってしまったら、水分が多めのウェットタイプに変えてみてください。お気に入りのドライフードがある場合、上から水分を多く含むウェットタイプのフードをかけるのがおすすめです。おやつとして、水分が多いトマトやキュウリ、スイカを与えるのもおすすめですよ。

散歩を変える

暑い時期、外気や直射日光の他に、犬はアスファルトの照り返しの影響も受けます。普段、日中散歩をしている方は日の照っていない朝方や夕方に散歩をするようにしてあげてください。散歩コースもアスファルトを避け、公園など土のコースに変えることをおすすめします。

 

犬の夏バテ、予防方法は?

犬_泳ぐ
暑すぎる環境や、暑さと涼しさが混在するような環境は犬の体に負担がかかり夏バテになってしまいます。エアコンで涼しくするのは大切ですが、部屋を冷やし過ぎないようにしてください。飼い主が不在のときはエアコンがついていなくて、部屋にいるときはエアコンがついているような環境も犬にはよくありません。クールマットを利用したり、水浴びをさせたり、新鮮な水を飲ませる頻度を増やしたりするなどして、エアコン以外の方法も活用して体温調節をさせてあげてください。夏バテ対策は初夏といわれれう5月頃から準備をはじめてください。

 

犬の夏バテ。世話は普段以上に気をつけて

犬_夏
夏バテの原因となる暑さ対策は犬自ら行うことができません。飼い主が気をつけて世話をしてあげられるかが夏バテ対策のポイントです。飼い犬のためにも夏は普段以上に、犬の世話に気を配ってあげてくださいね。