猫に牛乳・ミルクはあげていい?下痢になる?与えるコツや注意点まとめ

テレビや漫画で「猫が美味しそうに牛乳を飲んでいる」姿を見たことがある方も多いと思いますが、猫に牛乳を与えてはいけません。体調を悪くしたり、病気になってしまったりすることがあります。なぜ猫に牛乳を与えてはいけないか、牛乳を与えてもいい場合、与えるうえでのポイントなどを詳しく見ていきましょう。

 

猫に牛乳・ミルクを与えてはいけない理由は?

猫_シャンプー_濡れる

猫に牛乳を与えると、下痢をおこすことがあります。牛乳の成分である乳糖を分解するラクターゼが体内で不足していて、完全に牛乳を分解できないことが原因となります。下痢をすると、脱水症状を併発させることも多く、症状が重くなると命に関わることもあります。特に子猫が牛乳を飲むと下痢になりやすく、深刻な状態にもなりやすいので注意が必要です。また、牛乳は高カロリーなので飲ませ続けると肥満の原因にもなります。下痢や肥満の可能性を考えると、牛乳は控えるのがおすすめです。

 

猫に牛乳を飲ませるには牛乳を薄めるか猫専用ミルク

猫_餌_おあずけ

牛乳自体は猫の好物です。どうしても与えたいという方は、水で薄めてから与えてあげましょう。また、与えるときは猫のお腹が丈夫で健康な状態のときにしてくださいね。普段から猫の様子や便の状態を観察して、与えるようにしましょう。

他にも、牛乳と同じもので猫専用ミルクもあります。子猫の飼育に使われるミルクなので安全・安心です。猫の飼育に必ず牛乳が必要ではないので、与えるなら猫専用ミルクの方がおすすめです。

 

牛乳与える場合の注意点は?ホットミルクは禁止!

猫_怒る_ストレス

牛乳を与えるとき、下痢の病み上がりや、病気をしているときはあげないようにしてくださいね。さらに悪化させてしまいます。また、飲み水のようにたくさん与えると肥満の原因になります。猫が数分で飲みきれる程度の少量にしておきましょう。温めた牛乳を与えると、猫の胃の中で冷めて膜をはってしまい、消化不良を引き起こしてしまうので、ホットミルクはやめましょう。ただ、冷たすぎても下痢をおこすので、与えるときは常温で与えるのがポイントです。

 

牛乳を与えるときは猫の体調を考えて

猫_ミルク

猫も人間と同じで個体差があります。中には牛乳で全く下痢をおこさない猫もいます。また、牛乳を飲み続けたことで牛乳に慣れて下痢をおこさなくなる猫もいます。牛乳は猫の好物でもあるので、完全に良くないものとはいえませんが、与えるときには猫の体調に十分気を配る必要があります。猫用ミルクで代用した方が安全なので、牛乳好きな猫を飼っている方で試したことがない飼い主さんはぜひ一度試してみてください。